フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

バリの旅 Feed

2008年8月19日 (火)

バリの屋台でシルブプレ

Dsc06800 バリ島でステイしたホテルの中でも

ひと際ビューティフルだったFSジンバラン

そして、写真はFSの麗しいオンザビーチのレストラン「PJ’s」



しかし、ここは素通りして(えっ)

砂浜を歩いて、やってきたのは、バリ通の人なら

ご存知のシーフード屋台「イカン・バカール」(凄い名前や)

10数軒が連なる屋台の中でFSの方に聞いておいらたちが

選んだの、Manega Cafe.

サンセットタイムになるとくるくる。地元の人も観光客も。

テーブルはもちろん海のすぐ前。

ここで最高の席よ。プラチナシートよっ。なめたらあかんよ。


Dsc06810















店の奥にはその日獲れたてのエビやカニやロブスターが

てんこ盛りあり、シンプルに炭火で焼いたというスタイルがメイン。

でも、はじめてだしなー。

何を注文しようかと迷っていたら、テーブルに所狭しと

ぎょうさんのお皿を並べているレディースたちを発見!

知らない土地で、知らないものを食べるときは、

直接「何が美味しいかしらん?」とお客さんに聞くのがいっちばん。

そういえば、香港の怪しげな路地裏の屋台でもメニューの漢字読めなくてもOK.そこで食べてる人に「コレは何でありますかな?」と聞いて、注文しますねん。

でいつものように、

「ここはじめでありますが、何がおすすめですかいね?」

と聞くと、

「そりゃ、全部直接食べてみなきゃっ。ほらっ、ここの料理ひとつずつつまんでみてみ?」

ひええええーっ。めっちゃ親切なマダムたち。感激です。


Dsc06804















が、しかし、10皿以上ありそうなここでひとつずついただいてたら、わたし、お腹いっぱいになります。

でも「ほらほらっ。コレも食べ。アレも食べ」

とすすめてくださるので、ハマグリとイカの串刺しを

厚かましくもいただきました(ひーっ)

うっまー。

そんなわけで、おいらがオーダーしたのは、こちらです。

ご飯やお野菜も一緒についてきます。

しかし唐辛子で和えたゆがいた菜っ葉は、おいら辛くて食べれなんだー。

特性ソースはスパイシーでちょい辛いめでしたが、なかなか。

タコスソースみたいなのもありました。

6890 

Dsc06888

飲み物はビンタンビアーよね。

それとココナッツジュース(これいまいちかっ)

Dsc06875

ウエイターさんたちも元気です。

Dsc06813


ここ気に入って、2日も続けて行ってしまいました。

が!おいらたちと同じように、

2日続けてきているロシア人カップルを発見!

なんと彼らもオンザビーチのテーブル狙いなので、

(そうよ。プラチナテーブルは争奪戦。特にサンセットタイムは)

というわけで、バリ島でも、

屋台のプラチナシートを巡って、

ジャパンVSロシアの世紀の戦いが繰り広げられたのであったー。

最近の写真