フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

ミュージカル Feed

2008年3月23日 (日)

劇団四季のオペラ座の怪人

3a8y3fwr


過日、劇団四季の「オペラ座の怪人」を観て参りました!



このミュージカルについてはいまさら内容など詳しく語る必要もないほど、みなさん、ご存知ですよね?



ファントム愛に激しく生きるおいら、

ブロードウェイ、ウエストエンドでは10万回。



ヨーロッパのかの地でもポスターを発見すれば、

即チケットブースに直行という入れ込みよう。



特にオランダのデン・ハーグで観た舞台は秀逸でありました。



このように、ファントム熱に侵され続けてきたわたくしでありますが、実は日本語のセリフによる四季版を観たのは生まれてはじめてっ。



いやああ、びっくりしました。

凄いわー。

四季のファントム!!



いえ、実はわたくし

ゴシックロマンの最高峰とも言うべき、

あのせつなくも絢爛豪華な非現実的ワールドに浸りきるには、日本語はじゃまーと思っていた愚か者だったのよっ。



まず、大阪四季劇場のハコ事態がとにかく素晴らしい。

夢をとことん見させてくれるラグジュアリーな空間。



どこかブロードウエイの劇場に似ているような、

日本じゃないようなセンスの良さもしのばれます。



これまでNY,ロンドンはもちろんのこと、

パリ、アムステルダム、ダブリン、ベルファスト、ミラノ、

ロス、ボストン、ハワイ・・などなどあらゆる有名劇場のシートで夢を見させてもらってきましたが、

大阪四季劇場の美しさは世界でも屈指では・・と思われます。



劇場の中のホワイエの優美な階段は

舞台2幕目で登場するオペラ座の階段をイメージして

作られたそうです。



みなさん、次回行くときじっくりチェックしてくださいね。

でもって、マスカレード踊ってくださいっ(ひーっ)



しっかし、これまで500万回以上観てきたファントムの舞台ですが、今回四季の舞台ではじめて気がついたことが

いくつかありました。



まず、四季版のシャンデリアはものすごーく豪華で高級ってことであります。

DVD版のスワロスキー製に似ていました。

バカラのゼニスより素敵っ!!



本場ロンドンのシャンデリアは公演回数も多いせいか、

どうもうらぶれて、ほこりかぶっているように見えました。



さらに、改めて衣装の美しさとセットの迫力にも陶然!

クリスティーヌのお姫様的な衣装ももちろんですが、

仮面舞踏会で踊る役者さんたちの衣装や

ダンサーたちの夢のような衣装にも心奪われました。



ああ、そしてなんと言っても

ロイドウエッバーのあの切なく麗しい曲の数々はどうよ?!



ファントムがはじめてクリスティーヌを地下室に連れて行く場面で、もう、すでにトーストの上のバターのように

とけましたからね。



おいらが観たとき、ファントムをされてたのは、

高井浩さんという方。

この方のボイス、素晴らしいです。

海外のファントムたちにも決して引けを取らない、

力強く、でも悲しいファントムを見事に演じ切っておられました。



クリスティーヌとラウルが愛を確かめ合うあの

名曲「All I Ask Of You」

に関してはもはや平常心では聴けません。

というのも、

マイケルの十八番なので、

彼のコンサートでも600万回は聴いてるのよね〜。

そういえば、マイケルもロンドン版でラウルを演じ、

サラやマイケル・クロフォードらと共演しております。



よってあのイントロが流れただけで、

もはや卒倒もんっ。



それゆえ、日本語の歌詞でこれを聴くのは、

心配だったんです。

いままでの大切な思い出が消えてしまうのではないかと・・。



いやああ、余計な心配でした。

四季のクリスティーヌもラウルもそれは素晴らしく、

観客をうっとりとゴシックロマンほとばしる

タカラヅカチックな世界へと

誘ってくれましたとも。



それにしても、ファントムのなんと悲しい人生・・。



ご存知のように、ロイド・ウエッバーは元妻である

サラ・ブライトマンのために、

この曲を捧げた〜と言うことですが、

オペラ座の怪人DVDコレクター版に入ってる

メイキングを観ますと、

NYタイムスの演劇評論家がこんなことを言っておられました。





「ロイド・ウエーバーにとってこの作品が特別なのは、

才能はあるけれど、醜く情熱を持て余しているファントムにウエーバーが自らを投影させ、当時の元妻サラ・ブライトマンへの満たされない愛を音楽にしている点です。ウエーバー自身も『もしもサラの僕への愛が十分あったなら、書けなかった作品だと思う』と言っているように、決して自分の手に入らない、満たされない愛、その痛みや苦しみを描いているところが我々の心を打つんです」






まあ、おいらがつべこべ言う必要はありません。

とにかくいまからすぐにチケット予約して、

観にいってちょーだい。



理屈なんて抜き。

とりあえず、観るしかないミュージカルです。





なんと8月31日(おいらの誕生日よっ)まで延長決定よ!!





劇団四季オペラ座の怪人オフィシャルサイト



四季版プロモーションビデオ





海外版HP



ついでに、過去のおいらのファントム記事



オペラ座の怪人DVDにハマる





やばっ。ファントム熱再発熱







待望のコレクターズエディションゲット


最近の写真