フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

日記 Feed

2008年2月26日 (火)

内田先生のブログ

Mu4us0sj
雑誌「Meets」に連載されていたときからずっと

ファンだった内田樹先生のブログは、

はじめて言うけど、

わが人生の羅針盤的存在である。



昨年末から今年にかけて

「右も左も真っ暗闇よ」のズンドコな日々を送っていたときも、内田先生のブログによって、

ものすごく救われた。



(いや、そのような癒し系のブログではないのですけれど、

読むと明日からまた働こかという気になるンですわ)





実際にお目にかかったのは、2度ほどあるけれど、

すべてパブリックの場で、

ほんの少しご挨拶をさせていただいただけだ。



確かアロハを着ておられた。



わたしにとっては、

あらゆる情報やあらゆる本やあらゆるオピニオンがある中で、この方の言うことは信頼できる・・・

そう思える先生であり、作家だ。



元ミーツ編集長の江さん

あおやまさんからお聞きする

内田先生のエピソードもますます、

わたしを内田ファンに駆り立てる。





そんな先生の今日のブログも、また素晴らしかった。



先生はしばしバリ島に行っておられたようなのだけど、

これほどまでに

バリの魅力を伝えた文章に、

いままで出合ったことがない。



人間にとって、リゾートとはこういうことだったのか。



はじめて本気でバリに行きたくなりました。



それにしても、

バリ島のホテルの

ベッドサイドのあかりの中で

プレイヤード版のカミュを読む内田先生、

かっこよすぎます!









2008年1月25日 (金)

夢を追いかけるなら

Rxiswmbo


本日もマイナス5度。

雪はいまだ溶けずのイノ村であります。



あまりにも寒いので、ハワイの写真なんかUPしておる、

わたくし。



明日もさらに寒くなるという予想。

誰か助けて〜。



話はがらっと変わりますが、

昨晩深夜にカトゥーンの番組を見ていたら、

アリシア・キーズが登場。



中丸のビートにあわせて、

いっきなりアカペラで歌いだした瞬間、

おいら、ドテっ腹をバズーカ砲で打ち抜かれたように

ボーゼンとしてしまいました・・・。



ほぼ悶死状態。



す、す、すごすぎるぜ、アリシア!

ソウル度300%。

強烈な声量。

そして、何よりめっちゃくちゃあったかいのよ、

彼女の歌声は。



こうなったら、ライブに行くしかないわね。



いまの時代に生まれてさー、アリシアの歌、

生で聴かないなら、生きてる価値ないやん・・・



とさえ思える、ひっさびさにシビれまくり、

電流、骨の髄までビリッビリにくる感動でありました。



ほんの短い一節しか歌わなかったけど、

彼女の声を聴いて、しばらくソファから

立ち上がれなかったもんね〜。



これと同じ感じ、どこかで・・・・と思い出したら、

ロンドンで見たミュージカル

「サンセットブールバード」

でノーマを演じた、ベティ・バークレーが

With one look を聴いたときだわー。



あのときもアデルフィー劇場のイスから

立ち上がれなかったもんね〜。



金縛り状態で。







で、今朝も感動的な歌声聴きました。

小倉さんの「とくだね」で。



渡辺美里が歌った「My Revolution」



♪夢を追いかけるなら、

たやすく泣いちゃだめさ<




くーっ。ここで涙よ。

佐々木さんも泣いていました。



美里さんのこの曲って、こんなにいい歌だったっけ?

とようやく、この歌詞が身に染みる年頃となりましたcoldsweats02



素晴らしい歌手の素晴らしい歌声って、

やっぱ泣けますね〜

2008年1月23日 (水)

アスペンかジャクソンホールか?

Bfiltq0v
一昨日より降りはじめた雪がいまだとけず、

まるで

コロラドのアスペンか、

ワイオミングのジャクソンホールのスキー場さながらに

なっておる山の我が家。



・・・・ってどこがそんなカッコええとこやねんshock



そういや、アスペンではスキーシーズンともなると、

ロシアンセーブルを着たマダムが、

飼い犬のプードルに、ハリーのダイヤのネックレスをつけて、雪の中お散歩を楽しんだりしてるらしい。





そのアスペンよりさらにスノッブなのがジャクソンホールなんだってー。



ってどっちも行ったことないけどさshock





そういえば、昨日は朝、ゴミ出しをするため、

玄関ドアを開けると、あきません。



ひええええ。雪が積もってよ〜。



おいら、朝からさっむいのに、

雪かきをし、スコットランドで買った長靴を履き、

ゴミだしをしたわけでありますが、

ここに引っ越す数年前まで、

誰が、雪かきなどすると想像しただろうか・・・・。



ほんと、村上春樹の言う「文化的雪かき」どころか、

「超肉体的雪かき」なんでありますcoldsweats02





いやあ、人間雪の中にいると、

哲学的になりますね(どこがあああ)





ちなみに貼告はじめました!

読んでおくれやすやーsmile







2008年1月21日 (月)

風水の力

Ypx6hqzr
ひええええ。

本日、山の我が家、マイナス5度。雪やこんこん状態っす。



キッチンの窓から見える木も、

今年になってセールで買ったモミの木も雪化粧であります。



いやあ、そういえば、風水的に、庭にもみの木とか植えていいのか、調べるのわすれてた〜coldsweats02



芦屋のインデアンカレーについて、素晴らしいコメントをくださった、

あおやまさん

最近風水にちょっとだけ凝っていらっしゃるようで、

思わず、おいらも、いままで買い続けてきた風水や家相や方位学などの本を引っ張り出してます。





そういえば、こよなくインデアンカレーを偏愛される

とある大企業の最年少美人管理職さんも、超現実主義なビジネス最前線で戦っておられますが、左手には幸運を呼び込むパワーストーンや伊勢神宮さんのありがたい5色玉などをつけておられます(おいらも同じもの買いましたとも)



やっぱり、金運が良くなるとか、恋愛運がうなぎのぼり〜とか、人間関係も仕事運もバッチリなんて言われると、

信じてしまいたいのが人間というもの。





とはいえ、占いや、家相や、風水って、気になりだすと、

もう止らないやばいとこまで行ってしまう危険性もあり、

おいらも一時かなりヤバヤバなときがありました。



ま、今年の運勢や吉方などが書かれた本も一応各種揃えておりますがcoldsweats02



風水系の本ではこういうものも買いました。



「望みを叶える風水生活」(グラフ社)

「怖いほど未来が見える!いいことが起こる!風水占い」(三笠書房)

「ユミリーの風水 幸せの法則」(双葉者)

「そうじ力であなたが輝く」(総合法令)



などなどまだまだ書ききれない風水本多数。



方位学にもちょこっと懲りましたよ。



方位版とか使ってめっちゃ面倒くさいですねん。

で、そんな中いちばんカジュアルに読めたのが、

「旅して開運!パワーチャージ風水」(成美書房)





吉方向に旅していい運気をいっぱいもらってこようって本ですが、旅行に行くときの言い訳にもなっていい感じ。

国内旅行だと城崎とかの温泉がいちばんパワーあるらしいです。急げ。





でも方位学はこだわりはじめるとかなりヤバいっす。



というのも知り合いの方で、

東京に出張に行くのに、その日の方位が悪いってことで、

ソウル経由で行かれたなんてこともありcoldsweats02

こりゃ、おいらもロンドン行くのにカナダに寄ってから、とか台湾寄ってから、ドバイ経由で(えっ)となると大変ですから。



しかし!この手の本の中でいままで読んでいちばん参考になったのは



ガラクタ捨てれば未来はひらける」っていう凄まじいタイトルの本であります。









7eks9f4d





























この本についてはずっと前、このブログにも書いておりますが、ようは、幸運を呼び込むための捨てて、清める、技術。 スペース・クリアリングについての本です。



必要のないものを処分すれば、そこに滞っていた

エネルギーが流れ出して、

幸運の流れがやってくるのだそう。





著者のカレン・キングストンは英国人。

1990年よりバリ島に移住して、風水と

スペース・クリアリングを研究している

建物のエネルギー浄化の先駆者です。



スペースクリアリングとは空間を清めること。

手っ取り早く言えば、大掃除をすることです。





そして事務所にしても、家にしても、

そこに人がいるってことは、

その人のいろんな精神的ゴミを

撒き散らしているのだと。



「わたしたちのほとんどは、おそらく

精神世界でいうところのゴミ捨て場のような

場所に住んでるに違いない」と

言ったジャーナリストもいたそう。



確かにそこに入っただけで、

何かブキミなものを感じたり、

逆にもうすごーくいい気を察知して、

いつまでもそこにいたい!と思ったりすることもある。





「聖なる空間を作ることは、

理想的な家や職場環境を作るだけではなく、

宇宙のエネルギーを感じながら、日々暮らすことなのです」

と著者は言います。



おいらのエネルギー、

ただいま著しく滞っておる様子coldsweats02



いかん!

明日は雪の中、大掃除だああああshock





2008年1月11日 (金)

人生がわかるのは逆境のときよ・・・

年末からの崖っぷち人生、引き続いておりますshock



いやそれにしても、

おいら、いまに限ったことではなく、

これまでもあれこれ不平不満を言ってきましたが、

(ロンドンの駅員さんにキレたりとかねcoldsweats02



バカだった。

誠に世間知らずだった。

何もわかっちゃいなかった。



これまでの人生がいかにバラ色であったかを。

いかに幸福に満ち満ちておったかということをsad



ほんと人生って修行の場。

カルマを返済する場なのでしょうかshock

しかし、おいらのカルマって何やろなー。



シャンペンも飲みすぎてないしなー。

キャビアだってそれほど食べてないしなー。

ふぐにいたっては、この冬2度しか食べてませんしなー。



いや、そんなことじゃなくってangry



いまなら、あのパリの女王、シャネルの言葉が

身にしみます(大きくでたな)



Pdztcgre 1950年代、10年あまりのブランクからパリに戻ったシャネルはすでに70歳。

パリはすっかり彼女を忘れ、ディオールなど女らしいニュールックが幅をきかせ、シャネルのストイックなファッションはすっかり古びていた。



それでもめげずにコレクションを開き、

メディアからケチョンケチョンにけなされながらも、

動じることなく、

不死鳥のようなカムバックを遂げた、シャネル。

このとき70歳と少し。



ひょええええ。

すっげーおばさまです。





そして彼女は「シャネル 人生を語る」(中公文庫 ポール・モラン著山田登世子訳)

の中でこう、語っております。



サルトルが、われわれは人間的条件に閉じ込められた囚人であるなんて言い聞かせてもそんなの無駄よー中略

わたしは、最近さかんに言われだして、幸福と名づけられる

あの日常的な毒薬など必要とせずに幸福であろうと決意したのよ。






人生がわかるのは逆境の時よ。

世界とは闘争と混乱にほかならない。





ひーっ。

カッコよすぎます、シャネル。







2008年1月 9日 (水)

憧れのホテルは・・・・

Yg5oibe9


1月5日のNIKKEIプラス1を見ていたら、

専門家によるあこがれの高級ホテルランキングってのが掲載されておりました。





その調査方法はというと、

ホテルやリゾートに詳しい専門家がまずおすすめの候補をあげ、そこから上位33施設について改めて、部屋、サービス、ビューなど5項目で採点し、順位を決定したとのこと。





あら?

おいらのところへは問い合わせありませんでしたね〜coldsweats02





ま、それはさておき、

見事1位になったのはバークハイアット東京。



あれ?創業1994年、ちょっと古い感じですが、都心にあって、部屋も広く、サービスもこなれているっていうのが主な理由。



2位は我らが大阪のリーッツカールトンホテルであります。



そして、なんと3位が名古屋マリオットアソシアホテル。



以下順位



4位 上高地帝国ホテル

5位 マンダリンオリエンタル東京

6位 ザ・リッツ・カールトン東京

7位 ザ・ブセナテラス(沖縄)

8位 フォーシーズンズホテル椿山山荘東京

9位 コンラッド東京

10位 二期倶楽部





いやあ、これは賛否両論だろうなーと思いますが、

読者が選んだ泊まりたいホテルはちょっと様相が違いました。



1位 ザ・リッツカールトン系。

2位 ザ・ペニンシュラ

3位 帝国ホテル

4位 ザ・ウィンザー洞爺リゾート&スパ(北海道)

5位 マンダリンオリエンタル東京

6位 フォーシーズンズ系

7位 パークハイアット東京

7位 上記と同点でコンラッド東京

9位 ウエスティン系

10位 ザ・ブセナテラス



(有効回答は1298)



去年、夏に出来たばかりのリッツもペニンシュラもおいら、

まだ泊まっておりませんが、

友人知人にその評価を聞くところによりますと、

「ハード面はまあまあだけど、サービスがまだまだ」

「ペニンシュラもリッツもちょいと高すぎるんじゃないですかい?」



とまあ、こんな感じですが、ひーっと驚く素晴らしいサービスもあるようです。



それはある知り合いのリッツフリークのおばさまが昨年リッツの東京にお泊りになったときのことです。



東京駅からタクシーに乗り、リッツ前の車寄せに止まり、

ドアが開いた瞬間ベルマンが、

「○○さま、ようこそリッツカールトン東京へ」

と言ったのだとか。



「荷物のタグもないし、とにかくタクシーのドアが開いた瞬間ですよ。いったいどうして名前がわかったのかしら?」

とあまりのミステリーにホテルのGM(支配人)さんに問い合わせたらしいです。



そうすると、GMさん

「企業秘密です」

とにっこりと笑われたとか。





ひええええ、恐るべし、リッツのクレド〜





そうそう。上の写真は2006年ロケでつかった

ミラノコモ湖のヴィラデステのスイートでございます。

麗しいですね〜lovely



ちなみにおいらが東京でいちばん好きなホテルは

フォーシーズンズホテル丸の内です。

 

2008年1月 5日 (土)

風と共に去りぬを観て・・・

Fscteuvf
一応おいらも本日より、形だけ(えっ)

仕事はじめなのであります。





なのに、昨晩はBSで「風と共に去りぬ」を久々に鑑賞。

そのまんま、ユーミンがゲスト出演してるライブに突入(ゆずや寺岡呼人とか桜井さんとかが出てました。

あっ、ユーミンのダンナも)

これまた1年ぶりぐらいに「Distney」を聴いて、

半泣きよ〜



どうしてなのー?今日に限って、

安いサンダルを履いてた〜。






あああ、遠いとこまできてしまったーcoldsweats02



コレが終わると、ゴスペラーズのライブに移行したんで、

なんとなく観てたら、ひえええ午前3時でありました。



仕事もせず、年賀状も書かず、

ほんま何してるねん?オレ・・・shock





情けなすぎます。



しかし、

風と共に去りぬって映画は、ほんとに観れば観るほど、

味わいのある、含蓄に富んだ映画よね〜。



アシュレーやレットやスカーレット、

メラニーが言うセリフは

全部書き写したいほどの名文句。



中でも最強のセリフはやっぱし、

スカーレットが言うあの言葉でしょう。



アシュレーを愛していたとばかり思ってたスカーレットが

ようやくレットを愛してると気づいたときには、

時すでに遅し。

レットは彼女の元から去って行ってしまう。



泣き崩れるスカーレット。

しかし、その涙も乾かぬ間に、

彼女はあの、高慢ちきで、でも限りなく

魅力的で挑戦的な眉毛をさらにググーっと引き上げて、

こう言うのであります。



彼を取り戻す方法は、明日考えよう



なんと素晴らしいセリフでありましょうか?!

(ちなみに英語ではIt's not today と言ってます)



今日できることは今日しろ!とはまさに正反対。

(いつもこの言葉の呪縛から逃げられなかったのよ、

守ったことは一度もないけどcoldsweats02



というわけで、

わたくしの座右の銘はこれまでの



 行き当たりばったり



改め、



   明日考えよう



に変更決定!!







みなさん、映画っていいですね〜shock

2008年1月 3日 (木)

ボストンやアムスから〜

Q68zpbig みなさん、元旦はいかがお過ごしでしたか?

おいらは御節とふぐとシャンパンとワインで、

食べ、飲み、そして年賀状書き(今頃かい?)

また食べ&飲み、お雑煮、時々TV,

また年賀状という1月1日でございました。







いやあ、それにしても、自分は大晦日に年賀状書いて、

何やってんだーって話ですが、

1月1日の朝に受け取る年賀状は、

とってもすがすがしい気分で、

やっぱし、もう最高にうれしいものですね〜。





そして、元旦にきちんと届く年賀状を書ける人を

心底尊敬する次第なのであります!





写真はボストンの友人、S子さんから。

昨年はレッドソックス優勝したからね〜。



毎年飼い犬のベン吉とミアにその年にちなんだコスチュームを着せて、激写。

(普段はもちろんペットに毛皮の服やダイヤのアクセサリーをつけるような人じゃありませんです、念のためcoldsweats02







ベルファストの友人からもこんなグリーティングカードが。彼女パットとはマイケルのUKツアーでダブリンで知り合い、コンサートのあと、パブで飲んで以来の追っかけともだちです。



おいらと同じ年なのに、3人のグランマになったなんて、

どうよどうよ?!









Aml_gv2n_s



























年賀状だけのおつきあいって人もいるのが面白いよね〜。

家族の写真の年賀状ってどうも・・・とおっしゃる人もいますが、おいらは毎年思いっきり楽しませてもらってます。



(ま、自分の年賀状は20枚のオレの集合体という、世にも恐ろしいものになっておりますのでcoldsweats02



10年ほど前に一度会ったきりで、でもなんとなくシンパシーを感じて、ずっと年賀状だけのやり取りをしているヨコハマ在住のプランナーAさんからは

結婚式→ベビー誕生の写真アレコレをへて、今年は

「ついに靴のサイズが娘と同じに」なんていう成長ぶりを

見せていただき、感慨無量。



米国赴任の新聞記者の友人からは

「松坂選手にインタビューしたよ。面白い男でした」

なんて近況や、



オランダのコーディネーターさん、

LA在住の映画監督さん(昨年6月に結婚してもう離婚するっすーというメッセージ付き。さすがハリウッドね)



ロケでお世話になったNY在住のコーディネーターさんや

元モデルのHさんと男前の写真家のダーリン、

そのべっぴんな娘と末恐ろしいほどのイケメンの息子と

絵に描いたようなお洒落でシアワセな家族の一枚や、



はたまた、和歌山の田辺在住の親友Mちゃんからは

「クエ早く食べにおいでよ〜」

なんていう欲望そそるメッセージまで。





一枚一枚眺めながら、

また会いたいやんかーと思いながら、

みんな元気でとりあえず良かった!!

と思える年賀状、

この日本の風習、誠に素晴らしいであります。



というわけで、

おいら来年はぜったい元旦に届くよう、

死ぬ気で年賀状づくりに精を出すことを、

ここに宣言する次第なんであります!

(S印刷さん、ほんまにほんまよっ今年こそ)



というわけで

元旦に年賀状いただいたみなさまに

最敬礼!!

2008年1月 1日 (火)

2008年になりました!

Cctksy1c
新しい年になりました!



紅白をちらりと見ながら、

なんでこんな人が出てるのん?とか、

鶴べはちょっと語りすぎ〜とか、



美空ひばりと小椋桂さんの愛燦々のデュエットを見ながら、

なぜか、

ナットキング・コールと娘のナタリー・コールの

デュエットを思い出したりしつつ、

コブクロの蕾をしみじみと聴いたりしておりました。



で、相変わらず、

ジャニーズ見ながらカウントダウン〜という

誠にかわりばえのしない年越しの風景でございます。





うーん。

今年の目標・・・・・・?



それは、まずは○○打倒!!



そして、心身ともに健やかで、

いい旅を3度ぐらいしたいような。



今年はフィレンツェに新しいフォーシーズンができるので、

ぜひとも取材にいきたいところ。



プライベートではカリフォルニアのナパと

で、やっぱしハワイでしょうか?



そんなこんなで、



どうぞ今年もよろしくお願いいたしますっ!!





PS



年賀状が著しく遅れる模様であります(誠に申し訳ありません!!)

そんなわけで、一足早く、

ここ、クリックしてみてえええheart

2007年12月29日 (土)

2007年総決算

Xgnyyag4


2007年もいろいろありました。



みなさまはいかがでしたか?



おいらは大殺界突入2年目にしては、

まあ、こんなもんかなーという一年でございました。



大殺界ってこと、昨日知りましたーほええcoldsweats02



いいことも半分。

悪いことも半分。



年末には母が玄関でこけて、

あわや、骨折か!というような

一大事もありましたが、

なんとか生きております。



それでも、

愛すべき人々に囲まれ、

美味しいものを食べ、

時には黄金色のシャンパンも傾け、

おいらの2007年も、

ま、それほどすてたもんじゃないな〜



と年も押し迫ったこのときに、

なんとなく感慨無量でございます。



今年お世話になった方々、

今年一緒に美味しいもの食べてくれた人、

迷惑かけたあの人も

面倒かけまくったあの人も、



ほんとに本当にありがとうございました!





そして何より、こんなおいらの

行き当たりばったりなブログに

おつきあいくださったみなさまに

精一杯の愛をこめて。



今年もお世話になりました!



どうぞ来年もよろしくお願い申し上げまする〜shine

最近の写真