フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 髪の毛が逆立つ撮影秘話 | メイン | そのとき歴史は動いた »

2008年8月17日 (日)

Back stage in Belfast /1

興味ない人、ごめんやす~。

UK追っかけ日記またまた行くよ~。

9月21日 ベルファスト

「ダブリンまで」 

ベルファストのセントラルステーションの窓口で、
そう言うと

「~の事故で(よく聞きとれん。アイルランド訛りはよ~)12時半のはキャンセル。ここからBusで○○○駅まで行って、そこから列車でダブリンまで行ってくれ~」

と言うではないっすか?



もう、頼んどくわ。


一人で悪態つきながら、待合室の方に行くと、ファンクラブ会長コンビのジル&モーリーン、スーたちご一行様もすでに座ってました。

「しんどいよね~」

彼女たちもそりゃもう、疲れてそう。でもまだましよ。英国からの旅だもん。こっちはジャパンからですねん。



今度こそ、階段じゃなく、エレベーターかエスカレータでバスの乗り場までいけるかと思ったけど、そんな文明の機会はこの街にはありません。


バスの出発場所まで、またもや恐怖の階段が。



もうほんまに両手にキャリーバッグさげて、思いっきりよろつきながら、バス乗り場にだとりついたときには、もはやヘロヘロ。

たった4回のコンサートでもこれだもんね。

カコク!!!


そうよ。

ベルファストとダブリンで行われるMのコンサート、4回だけ見るためだけに今回もやってきたのよ。

ベルファストを12時40分に出発したバスは、

Nortonという駅につき、いまはそこからようやくダブリン行きの列車の中。



窓から、緑の大草原にポツポツと赤い屋根の家が建ち、牧場では羊や牛が寝そべってるのが見えます。

わたしが大好きなアイルランドの原風景。

それにしても!

わたし、ここで何してるん?

なんだかとてつもなく虚しい気分。

もっとしなくてはならんこと、いっぱいあるでしょう?

以下続く~

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/15462066

Back stage in Belfast /1を参照しているブログ:

コメント

ribbonマダム このスター歌手のお話は何回読んでも

ファンである心が読み取れてじ~~んと来ます!

昨年とは又違った視点で一気に気分はアイルランド!

続編も楽しみです!lovely

☆ジウさまっ

いやああ、ほんとに
この気持ちって、
追っかけを経験した人じゃなきゃ、
わかってもらえないですもんね。


ジウさまにそう言っていただき
勇気でました。

また書きますっ(えっ)

えと、ジウさんのブログ拝見して、
わたしが以前プレゼントしたアクアパルマ、
喜んでいただけて良かったです。

なんとか手に入ると思いますので、
良かったらまたメールしてみてくださいね~。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真