フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« ジェイコム君PART� | メイン | 夢のお買い物大作戦! »

2007年10月18日 (木)

働きマン



本日TVで「働きマン」ちょっとだけ見てました。



きっとTVより原作のほうがおもしろいんだろうけどね。

原作読んでません。



でも菅野美穂扮する、女性編集者が、

プロ野球選手の囲み取材で、ベテラン番記者にいじわるされながら、体当たりするシーンを見て、おいらも、かつて新人ライターだった頃を思い出して、なつかしかったわー。







おいらがペイペイのライターだった頃、大阪新聞という今はなきサンケイグループ系の新聞で



松澤壱子のスポーツウォッチング」っつー、チャラケたコラムを連載しておりました。



どれくらい前かというと、江川投手がまだ巨人で現役だった頃(ひえええええー3000万年前か)。



で、江川選手や桑田選手のインタビューやキャンプ取材なども一応こなしておりました。



しかしプロ野球ってのはそれぞれ番記者さんたちが幅を利かせる独特の世界。



男ばっかりの現場で、彼らが、かなりチャラけてたおいらを見る目は

ねーちゃんに野球の何がわかるねん」といういじわるかつ蔑みの視線。



いまよりもっとこの世界、封建的でした。



もちろん、そんな中でも、非常に優しく何かと面倒を見てくれた記者さんたちもいて、おいらが取材できず、泣きそうになってると、スター選手のコメントなどを教えてくれましたっけ。





そういえば、当時巨人にいた江川投手も桑田投手も、

ねーちゃんライターが取材にきたからといって、

決して無視することなく、二人とも、それぞれ竹園旅館にある喫茶店でちゃんと時間をとって、おいらのインタビューに答えてくれました。



質問の内容、野球にはほとんど関係ない、プライベートなものでしたけどねshock





プロ野球だけじゃなく、ラグビーやアメフト、国際陸上などスポーツ全般の取材もしましたが、当時はまだまだ取材者は男性主流。



そんなとき、大阪国際陸上の囲み取材で、突如現れた某スポーツ新聞所属の女性記者。このとき男ばかりの取材陣の中で女性はおいらと彼女のたったふたりだけ。



この彼女は衝撃的でした。

それまでの女性運動記者のイメージを180度覆すカッコよさ。



パリジェンヌみたいに髪の毛をひっつめにし、トレンチにブーツという、スポーツ取材にしてはやけにファッショナブルすぎる格好が、男ばかりの記者の間でむちゃくちゃに違和感がありました。



いつもは「派手やなー」といわれるおいらの格好など、彼女の前ではただのハエ。華麗な彼女とジミなおれ。





さらに、男ばかりの円陣をかきわけ、外国人選手の前に堂々と出て行き、ネイティブな英語で取材攻撃をかける姿もカッチョ良すぎる〜。





ほんまに仕事が出来て、美人でクールな女でした。



いったい誰やねん?とヘボライターのおいらはずっと思ってたのですが、

先日、某スポーツマガジンで彼女を発見。

もちろんいまでは新聞社をやめて自らの事務所を設立していたみたいで、その活躍は、業界で知らぬ人はいないほど抜きん出ているそうです。





いやあ、世に出てくる人って、無名時代からすでに強烈なオーラを放ってるんですね〜。



こういう人がおいらの周囲には多くて、

みんなどんどん出世してらっしゃいます。



くーっ。

世に埋もれているのは、おいらだけかshock





コメント

マダム!マダムが世に埋もれていらっしゃるなら私などこの世に存在すらありましぇ〜〜ん!!shineマダムも含めてマダムの周りには素敵な方々ばかり!!ジェイコムの話は大笑いさせて頂きました!!ちょっと美味しい食事が出来て、お洒落な服を買えて、海外旅行に行けて、それ以上は望みません!!shockマダム、ウイーンフィルかベルリンフィルを買い物リストにupを頼みます!smileheartお洒落な夢話もいいなあ!!shine

さすが!ジウさまですね。お買い物リストに、ウィーン・ヒルか、ベルリンフィルが来るとはカッコ良すぎます。でも、そんな夢がかなえば、我が家でベルリンフィルやウィーンフィル、聞き放題です。って・・・あんなたくさんの団員入る部屋がありませんっ!そうだ。女部長がヴェルサイユを所有しているので、あちらで演奏会していただきましょうかねshock

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真