フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 金運が良くなりますか? | メイン | ハワイの掟 »

2007年10月30日 (火)

シャネルの貧乏主義

Gwiue8cn




本日は、日立のCMでおなじみの

この木、何の木、気になる木〜

でおなじみのツリーがある、

モアナルア・ガーデンにて、1時間ほど読書。



タイトルは「シャネル 人生を語る」

(ポール・モラン 山田登世子訳 中央文庫)であります。

関空の丸善で買いました。

ハレクラニのプールサイドで読もうと思ったけど、

今日の気分は森の中。



いやあ、この本、むっちゃくちゃおもしろいです。



シャネルと親しかったポール・モランという作家による

唯一の回想録の新訳。



モランが語るシャネルはたとえばこんな感じ。



苦悩し、ひとに意地悪をしたがり、罰したいと思い、

誇り高く、厳しく、皮肉屋で、憤怒に燃え、熱いか冷たいかはっきりさせないと絶対に気がすまない。この容赦ない「つれなき美女」は百万長者のための質素な装いをつくりだし、(それでいて晩餐会には金の食器を使わせて)、ひどく金のかかるシンプルさ、ぱっと見てすぐにはわからない贅沢さを発明していく。





シャネルの怒りに満ちた貧乏主義は貴金属をもてあそび、それをただの石に変えてしまった。





19世紀のスタイルを抹殺する皆殺しの天使ー






いやあ、ほんとシャネルこそ、素晴らしきファッションのミューズ。

最近シャネルのバッグも服もちっとも欲しくなくなったけど、

この本を読んでいたら、

ワイキキのCHANELブティックで、ツイードのスーツでも

買いたくなってきました!



・・・・とはいえ、そんなお金もないので、

写真のパールをミキモトの30分の1ぐらいで

買っときましたshock

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/12989034

シャネルの貧乏主義を参照しているブログ:

コメント

 ココ・シャネルはず〜〜っとリッツ住まいだったそうですが、しかし凄い人生!heartshineコルセットから女性を解放して尚且つ男性用だったツイードで女性のスーツを作り、誰も考えもしないファッションで世界を席巻!アクセもしかり!本物オンリーだった時代に、堂々とまがい品を一級のアクセサリーにしてしまうなんて!貧乏だったから発想出来た?この真珠もマダムが身にまとえばきっとミキモトパールよりも本物然として輝くでしょう!今回は買い物上手なヴァカンスですね!この本、読みたいです!今「テムズのあぶく」を読んでいますがいよいよクライマックス!!自宅で読む方がいいですね!きっと滂沱の如く涙涙でしょうから!!sweat01heart

ハワイ満喫されているようで羨ましいですheartココ・シャネルって一癖ありそうだなぁ・・・って思っておりましたが、一癖どころではなかったようですね〜lovelyでもシャネルが居なかったら昨今のファッションもまた違ったものになってたのかも・・・っと思うと感慨深いですclub一目ではわからない贅沢志向かぁ・・・・ 一昔前の不良様がお召しになっていた裏地が派っ手tuliptulipな学ランもシャネル主義って事でしょうかcoldsweats02

ツレないお人。電話するからといいながら、してくれなかったでしょ。あっ、でも、こういうの慣れてるから(慣れたない〜)。実は今、マダムの3年位前のブログ、カフェ男考察読んで、これってトレンディ?と感心してた化石女です。そういえば、ちょうど、その頃、こっちの友人とAセクシャル男について話してて、世界はひとつなんだなぁ〜と妙に関してたのよ。私もシャネルの本、読みたいなぁと思いつつ、読んだことないけど面白そう。今度、本屋さんに行ってみよぉっと。スネークスキンのマノロのブーツ買いながら、どこへ行ったか忘れちゃうのもやっぱりシャネル主義の流れかいなぁ。

さすが、ジウさま。シャネルのことよくご存知ですね。もしかして、この本も旧訳でお読みになってるかもしれません。でも、山田登世子さんという方の訳がほんっとにいいので、これ、お貸しいたします。テムズのあぶくもお貸しすればよかったですね。ごめんなさい。後半はわたしもズルズルでした。また高岡について、ジウさんのご意見ぜひぜひ伺いたいです。

お久しぶりです!お元気ですか?NYもいいけど、やっぱりハワイは別格ですね〜。もう思いっきりリラックスしてきました。手足、真っ黒でオラウータンのようです(笑)。シャネルのこの本はかなりおすすめです。とにかく訳がイカしてます。アンチエイジにあけくれるパリのマダムについて(そんな人たちこそ、シャネルの上客なんですけど)「彼女たちにはエゴイストという名の皺が刻まれている」とか。シニカルな表現が新鮮でいいですよ〜。

いやああ、ほんまにごめんやでー。というのも、最終日、やっと落ちついて電話しようと思ったら、NYは明け方の4時・・・・。さすがにこんな時間にかけたら、ぶっ飛ばされると思って、できずじまいでした。許してくれえええ。日本からかけます。今度こそ絶対やし。カフェ男はいまだに多数存在してると思います(笑)しかし、シャネル本はぜったい読む価値ありやし。この人ほど男運がいい人もいないので、勉強させてもらおうぜ、お互い・・・。それにしても、マノロのブーツどこいったんやろーshock

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真