フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« こんな本買いました | メイン | LAの駅で旅情にふけるの巻 »

2007年8月 3日 (金)

リッチ・ウーマン

Wv8d6dmt


お金にはとことん縁のない人生でした




そういや、「銭の花」(通称バブルよ)の時代、NTTの株を買ったとたんあっといまに半値まで下落。●●証券で買った株の寄せ集めも信じられない急降下。

ずーっと10数年ぐらい塩漬けにしていた株の中には気がついたら、消えていた会社もありました。新潟鉄工という名前です。なんでこんなの買ったんだろうね。



とにかく数字、会計、経済に関しては、サル以下です。貸し方とか借り方とか、いまだにわかりません。わが会社は一応株式会社ですが、税理士さんとの会話はほぼ日本人対メキシコ人か!というぐらい、かみ合ってません。早い話、ちんぷんかんぷんなわけで。







でも

リッチ・ウーマン(筑摩書房)を読みはじめてちょっと安心しました。ウォールストリートジャーナルが中国語の新聞としか思えないような女性が優秀な女たちの中にもいっぱいいることがわかって。





著者はキム・キヨサキ。



「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキのパートナーです。



世界的ベストセラーであるこの金持ち父さんシリーズは一冊も読んでいません。興味がまったくなかったから。





しかし、リッチ・ウーマンはなぜか

副題にある

「人からああしろ、こうしろといわれるのは大嫌い!という女性のための投資入門」の言葉にちょっとだけひかれて買ってみました。





アメリカにはこんな統計があるそうです。



●50歳以上の女性のうち47%は独身

●結婚したカップルの50%は離婚する

●離婚した最初の年、女性の生活水準は平均して73%低くなる

●高齢者で生活に困っている人の4人に3人は女性で、その80%は夫が亡くなる前は生活に困っていなかった

●女性10人のうち7人はいつか貧困を経験する






ぎょええええええーっ。



お金が幸福を握るすべての神ではありませんが、

少なくともお金があることで選択肢は広がります。



たとえば、海外に行くなら、

エアはファーストクラスか、ビジネスか、はたまたエコノミーか。



和食を食べるなら、京都の「ささ木」かそのへんのビルの地下の食堂か。





いつも高級ばかりを求めるのは下品だし、知性が感じられないけど、選択肢がエコノミーか、ビルの地下の食堂しかなかったら、つらい。



何か選択しなければいけないとき、

選ぶものがたったひとつしかないのと、

複数あるのでは気持ちの豊かさが違うもんね〜。



著者のキムは、そういう選択肢を少しでも広げるために、お金のために働くことはそろそろやめようと言っています。

(選択肢が広がることで、迷うこともあるけどさ)



お金があって働くのと、お金がなくて働くのとでは大違いなんだと(このへんいまいちわかりませんが)



働かなくても、毎月あなたのポケットに必要な生活費以上のお金が入ってくるような投資をすることが幸せへの第一歩なんだよーと。



たとえば、本を書いてそれがベストセラーになり、印税生活っていうのはその典型ですね。キムは不動産で投資に成功したそうです。



というわけで、わたしもちょっくら、投資はじめてみますかね。



しかし、問題は、先立つものがないってことであります。



立地を生かしてイノシシかアライグマ農場でもはじめてみるかcoldsweats02

コメント

マダム、お金の話になると貧乏の方でしたらいくらでも、数千ページ書けます!!(えっ?)smileこの本getして気分だけでもリッチになれるでしょうか?しかし34度は暑いです!

イノシシより、やっぱり日本に居るときに話したイケメン関係でしょ。NYに作ったら流行ると思うよぉ。なにせ、ターゲットが倍だから。どう、いっちょ、やりますか? まあ、今のところは、イケメンじゃなくてツケメンで我慢しておきます(ふっる〜)

まいど!NYも暑いですか?こちらはお盆ムード一色でみなさんのんびりしています。が!おいらは新たな局面を向かえ、テンパっております。その話はまた(オトコ関係でないことだけはわかるよね)いやあ、イケメン事業の方が、ほんまにミリオネラーになる確率高いよね。真剣にプロジェクト立ち上げるかっlovelyそのときはわたしお金勘定ぜんぜん無理やしあっちゃん、CEOでよろしくお願いいたします!

加減乗除やったら任せておいて(加減乗除に限る)。しかし、それでCEOと呼べるんやろか。昨日、道歩いてたら、工事中の2階建てビルのおっさん(っていうても体の感じからだと若かったと思うけど)から「Hi! カワイイ」って声がかかった。マダムが来たときのために愛想良く「thank you」って言っておいたし。押さえるところは押さえてるから期待してNY来てよ!

あっちゃん。凄い!何や、この中国語みたいな言葉は。聞いたことも見たこともない。ひええええええ。あっちゃん、凄いわ。尊敬するわ。イケメンにそんな声かけられるなんて、最高!わたしなんて、中学生以来、オトコに街で声かけられたことは皆無っす。NY事業、マジで考えたいね。ああ、いつNY行こうかな。いつものロケはNYじゃなくなってん。とりあえず財政難なんで、マイル使っていけるときやないと無理やなー。秋のセントラルパークを歩きたいsmile(っていっつも思うのに、ロケ以外では車で横切るだけ)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真