フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 砂時計最終週 | メイン | 佐野和真、だったのだ! »

2007年5月28日 (月)

佐野和真と砂時計

Supk4rcv


最近のわたくしの日々は、

TBS愛劇の連続ドラマ「砂時計」と中高時代の大悟を演じた佐野和真君一色に染まっております(もう、わかってるっちゅうねん)





あーん。

砂時計も残すところ、あと4回になってしまいましたああ。

悲しいです。

大変つらいであります。



毎日砂時計のHPをチェックするのを楽しみにしているオレですが、BBSにはほんとにたくさんのファンの人たちの

書き込みがあって、

これが、また泣かされるのよ〜。



その年齢層も幅広く下は11歳から50代まで(もっと年長さんもいるかもしれません)。



「砂時計がほんとに大好きです」「あと少しで終わると思うと寂しくて仕方ありません」



というような砂時計へ熱い想いを語る書き込みが多い中で、

ひときわ異彩を放っていたのが、



大好きです砂時計。一回でいいから砂時計に出てみたいです





というのを見つけました!!

いやあ、いいわいいわ。

こういう人大好き。

おいらも、ほんと一回砂時計に出演してみたいcoldsweats02







物語で重要なモチーフとなる、杏からもらって大悟がずっと肌身離さずつけていたネックレスがあるんだけど、

その「大悟のネックレス

も商品化されました。

欲しいっheart





で、このネックレスをカーゴパンツ&アバクロのTシャツを着たときにつけたいのよ。エルメスのペンダントと一緒につけると似合うと思うのよっcoldsweats02



中高生時代を演じた佐野和真君がドラマの中で着ていた私服姿もたいていカーゴパンツにアバクロのロンTなどでした。



そういえば、砂時計HPのBBSで以前みつけた

「大悟はいつも妙にお洒落な服を着ていますが、島根(物語の舞台)のどこで買っているのでしょうか?」という書き込みも素晴らしかったです。



おいらは、しかし、

佐野和真君の学生服萌えだったんですけどね。





さて、本日の砂時計も、泣きました。

すべてに希望をなくして、心労から道端で倒れてしまった杏。

それをなぜか偶然見つけた藤君って(12歳からずっと杏を思い続けている)どうよどうよ。

(そのあまりに出来すぎぃな展開。強引な筋の運びはこの際おいとこう)



そして入院した杏を心配して、

島根からやってきたおばあちゃん。

「何やっとるん・・・なにやっとるん」

と泣きながら杏を抱きしめるシーンで涙直角に溢れました。



「大切なものは、いつもなくしてから気づくの」

という杏におばあちゃんの名言が炸裂します。



本当に大切なものなら、

神様だって、そう簡単に取り上げたりせんけん




「誰が何をしようと、強い絆はきれんもの」





今日も泣きに泣かされた砂時計。



おいらは、このあと、

決算のため、税理士さんと打ち合わせという厳しい局面を迎えておりましたが、

たった一瞬でも、砂時計の愛の世界にどっぷりとつかれて、

シアワセだったわぁ。

















トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/12989008

佐野和真と砂時計を参照しているブログ:

コメント

観てない、観てないー!!昨日、観てないんです。外に出てて、月曜日やし、どうせたいした進展ないやろって、ビデオも取らずに、たかをくくりすぎて絡まってしもた(泣)。そ、そげなことが…。実は、たった今(昼の12時半)、結末聞こうと(え?)思わず松澤さんに電話したとです。あ、これはヒロシか。そうしたら圏外みたいで、やっぱり、そげなことするなってことですかね。木曜日は、絶対に聞いてしまうと思いますが。HPにも、大至急飛んでしもた(笑)。あたしは、もう、早くこの恋から解放されたい。というのが、二人の恋に疲れた上直な気持ちです(笑)。

映画『赤い文化住宅の初子』のことを書いている松田洋子さんのブログをときどき見るのですが、今日読んでいたら…「はっ!!」と気が付いて、気が付くのが遅すぎるにもほどがあるのですが、彼が出演してます。ほんまに、あたしには引っかからないことこの上ないのでスルーしてました。良かったらのぞいてみてくださいね。これ、観に行きたいので、もしご都合あえばご一緒にいかがですか?て、もういらいんか…(笑)。http://www.hatsuko-movie.com/cast.html

きゃあああ。べっぴんのあおやまさーん。ごめんねー。電話してくれたのに圏外だったかや?ちょうど阪急バスに揺られて、山間の道走っていたころだがや。昨日の展開は正直いって、おばあちゃんのセリフだけが光ってたかんじでしょうか。あと藤君がとうとう杏に「もう誰にも遠慮しない」と14年間の秘めたる思いをぶつけます。赤い文化住宅・・・もちろん観たい観たいと希求しておりましたが、(夜中に和真関連サイトを探して見つけました)あれって、もしかして、東京のなんとかって映画館でしかやっていないのではないだろうか・・。もちろん、こっちでやってたら一緒に行こうねheartとにかく木曜お会いしたときに砂時計トーク炸裂させたいです。おいらの周りで砂時計の話ができるの、あおやまさんだけやねんっ。今日は仕事で出かけていたので、いまから本日分録画みますです・・・。ああ、どうなってることか。

あの島根弁かなり無理があったように思えます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真