フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« デザイナーズホテル | メイン | 一億5千万円の恋 »

2007年4月 6日 (金)

愛の劇場『砂時計』

Jr4ho7ec 最近楽しみにしているのが、

TBS「愛の劇場 砂時計







昼ドラにハマるなんて、

「華の嵐」以来ではないかっ。



「砂時計」は芦原妃名子氏の傑作漫画が原作。

この漫画はいままで知りませんでした。



最初何気なく見ていて、いやあ、中学生役の男子が可愛いなーと思っているうちに、ぜったい普通の昼ドラとは何か違う!とひらめいた。



それもそのはず、チーフプロデューサーはTBSのドラマヒットメーカー貴島誠一郎氏、主題曲は柴崎コウが歌ってるんですから。





貴島さんといえば、「ずっとあなたが好きだった」「愛していると言ってくれ」「夜王」などで数々の人気ドラマを生み出してきた敏腕プロデューサーだもんねー。さすがだわ。

女子のツボを心得てるわ。





なにせ青春ドラマにはめっぽう弱いおいら。



島根と東京で遠距離恋愛をする主人公、杏ちゃんと大吾の幼く瑞々しいラブストーリー。

毎回、青春恋愛ドラマの王道的エピソード&グっとくる名ゼリフ満載で、今日もちょっと泣きましたから。





まっすぐに人を好きになれたあの頃。

あの、泣きたいぐらいなつかしい時代が甦ってくるという愛のドラマなのよ〜。












トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/12988970

愛の劇場『砂時計』を参照しているブログ:

コメント

見れるときは…必ず見てます。ひぃー(笑)。男子はあれなんですけど、私は中学生の杏ちゃんが可愛いくてなんとなく見ちゃってます。子どもの時も可愛かったけど。おばあちゃんもいいですよねー。って、誰やねんワシ。あ、最近猫ブログはじめました。http://yummyao.exblog.jp/いちおう(いや、どうかな)ストーリー展開なので最初から読んでもらえると面白いと思います。もちろん、砂時計のようなピュアでも胸きゅんでもないんですか…(笑)。そろそろ、怪人&砂時計で語らないとあきませんね(笑)。あ、芋たこなんきんも、語りたいです(爆笑)。

べっぴんの青山さんっ!もう、みや子最高!一気に最初から読破しました。天下無敵の美貌の持ち主みや子はまるで青山さんのようにべっぴんでケンカっぱやく(えっ)夢見るようなゴールドアイ。ブログタイトルにもヤラれました。怪人&砂時計会談より、みや子とその周辺の人々にまつわるお話、すぐにでもしたく!あとでメールしますんで、よろしくです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真