フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月23日 (金)

ロスでディカプリオに遭遇



昨日、伊丹→成田経由にてロスに到着しました!



ロスの空港に着き、機内を出ようとしたら、

おいらのすぐ後ろに

元テニスプレイヤーの伊達公子さんを発見!



ひえええ、9時間もの間、おいらのすぐ後ろのシートにいらっしゃったのに、まったく知りませんでしたー。



確か公子さんはF1レーサーの方と結婚して、現在モナコに暮らしておられるはず。

たったひとりでLAに何の用事があったのでしょうか?

(余計なお世話ですが)



ちなみに、公子さんは寝起きそのまんまのかなりのすっぴんなお顔で、服装とかもぜんぜん気にされてない様子でした。



が!この人が、世界の桧舞台で何度も死闘を繰り広げたあのテニスプレイヤーか?!と思うと、なんだか後光が差しているように思えました。トロリーバッグは新品のヴィトンでした。



ロスの到着後、すぐにモデルオーディション。

10人ほどのモデルたちから5人に絞って、表紙になるダイヤン・フォステンバーグのドレスを試着してもらったところ・・



な、な、なんとバストがきつすぎて、着用できないいモデルがいるではありませんか!

ひええええ。有り得ない。こんなことはいままでではじめてであります。



まさに「シンデレラのガラスの靴」のごとく、選ばれるモデルはこのドレスを美しく着こなせることが第一条件。



運良く、ちゃんと着れるモデル2名がディレクター&カメラマンの気に入ったモデルで、ほっと胸をなでおろしたオレです。



さて、本日の朝、ホテルでコーディネーターさんと打ち合わせをかねて朝食を食べていたら、どこかで見かけた人物が通り過ぎました。

サングラスをかけていたけれど、ディカプリオではないっすか!



なんか、ちょっと肥えておっちゃん風に見えました。



2月25日を前に、ロスはまさにオスカー一色です。





いつもなら、うれしいオレではありますが、明日撮影本番を迎えて、いまいちミーハーに徹する事もできず、若干ナーバスになっております。



というのも、明日のコールタイム(集合時間)は朝5時でありますよっ!



起きれるのだろうかっ?



時差があるから大丈夫ね、きっと。

2007年2月18日 (日)

日本三景・天橋立へ

K1fngae6
来週から行く、LAロケの準備でへろへろのおいらでありますが、その合間に先日、気分転換にもってこいの極上宿の取材へ行って参りました。



場所は日本三景のひとつ。京都府宮津の天橋立よっ!

子供の頃に訪れて以来、何年ぶりでしょうか?



ちなみに天橋立とは、約7,000本もの松林が続く長さ3.3kmの砂州とその景色を見るための傘松公園の総称。この砂州は宮津湾を二分していて、内海を阿蘇海(あそかい)というらしいっす。







到着した日は絶好の日本バレ。やっぱり天橋立を見なければ、話になんないっ!というわけで、リフトで天橋立ビューランドに登りました。

(ちなみに翌日また登ろうと思ったら、定休日だったわ)





写真はその高台から天橋立を眺める絶好のポイントとオレです。



しっかし!天橋立ってやっぱり凄いわ。

美しいわ。気品があるわ。



で、取材した極上宿は、この天橋立のすぐ前、文殊堂岬にひっそりと佇む

文殊荘 松露亭





いやああ、この宿はおいらが久々に感動した本物の日本の宿でありました。



ってことで、「文殊荘 松露亭」の魅力については後日、詳しくレポいたします!







2007年2月 9日 (金)

ちょっとうれしいギフト

Mhoe0lsm




タダで頂くもの、ノベルティものは

大好きなわたくし。



特にレザーものはなんだか得した気分になりますね。



そういや、先日もジャガーのフェアで

真っ白のレザーのパスポート入れを

手に入れたオレであったsmile



で、この前某エアラインの某カードに加入いたしました。



その理由は、マイルをさらに効果的に貯めることと

加入時にスーツケースにつけるための、

ネームタグやパスポートケースがもらえるという

せこい理由からでありますshock



でも、どうせ送られてくるのは、

チャチな合皮のしょぼいデザインのもの・・・

と大して期待もしなかったのですが、

ピンポーン!と届いた箱は何やらやたらとゴージャス。



中を開けると!

きゃっ、おいらの名前がタグとパスポートについてるではありませんか?



なかなか高級感溢れる金属版のネーム入りです。



ネーム入りをいただくのは、

なんだか特別感があって、うれしいですねlovely





再来週からのLA出張にさっそく持っていこうっと。





とはいえ、きっとしばらく使わないままにして、

気がついたときには、

いったいどこにあるやら、

家捜ししても見つからない状況になっていることは

予想済み・・・coldsweats02





2007年2月 6日 (火)

オスカーでロスのホテル高騰

J8p9k4j6






昨年のミラノロケではユーロの一人暴走で為替により往生しましたが、今年のロケ地はアメリカよっ!

相手はドルよ。



いや、それにしても円安の流れも止まりませんね。大方の経済人の見方も、「G7後も円安は続く」であるので、アメリカロケでも油断はできませぬ。



で、第一回目のアメリカロケはロスに決定したわけでありますが、これが、ちょうど撮影日前後とオスカー(アカデミー賞ね)の時期が重なり、ロス中心街のホテルがどえらいことになっております。



1月中ごろにビバリーヒルズの某ホテルに直接予約の電話をしたところ、「フォーハンドレッド・・」と聞こえたのでまあ、このあたりなら1泊それぐらいはするかなー、と思い、念のために再度聞き直したら、あなた!

フォーサウザンの間違いだったのよっ!!



ぎょえええええーっ1泊4000ドルってなんやねん?スイートしかないってことですかい?

で思わずおいら、聞きました。



「ホワーイ?」

「ビコーズオブ、オスカー」



そうだったかっ!うかつだった。

2月25日は映画の祭典アカデミー賞なのよ。

よって23→25日はロスのホテルほぼ全滅。



ほんと、ユーロに泣かされ、ほっとしたのもつかの間、

つぎはオスカーに泣かされ・・・。





こうなったら、

もうオスカーに出席するしかないっすねcoldsweats02

2007年2月 1日 (木)

プロフェッショナルの道具箱

_gaatpdg


写真のブラシ一式は先日のミラノロケで

お世話になったメイクアップアーティスト、

アリアンナのお仕事道具です。



アリアンナはヨーロッパで屈指のメイクアップアーティストで、ミラノコレクションではアルマーニ、エトロなどを担当。パリコレではエルメス、シャネル、バレンシアガなどを手がける超ベテラン。



仕事への情熱、プロフェッショナルとしての意識も超一流。カメラマンたちが「彼女とぜひ仕事したい!」と望む、数少ないアーティストのひとりです。



いつも誰よりも早く現場にかけつけ、

普段はお茶目でジョークを飛ばして場を和ませるけど、

ひとたび、本番に入ると、

近寄りがたいオーラを身にまとい、

話しかけるのも怖いほど。

その姿はほれぼれするほどかっこいい。



そしてまた美人ときてる。



コレクションではシャネルの仕事も多いので、

彼女が着ていた洋服を「それ、素敵。シャネル?」

と聞くと、

「うふふ。ZARAよ。22ユーロ」

なんて、答えてくれる。

チープシックだけれど超個性的でお洒落。



そして、撮影中、わたしがちょっと疲れてぼーっとしていると「オゲンキデスカ?」

溌剌とした声で、唯一知っている日本語で慰めてくれたりします。





そのアリアンナが

「これがないと何もはじまらない!命以上に大切なもの!」

というのがこの仕事道具たち。



大きさや長さ、固さなどが微妙に異なる、

大小さまざまなブラシを見せてもらっていると、

彼女のこれまの仕事の集積を見るよう。



モデルの顔にさっとひと刷毛。するとパーッとモデルの顔が輝きだす。まさに魔法のブラシ技。



そして、使い終わるごとに、

一本一本慈しむように年期の入ったブラシ入れに仕舞う。



そんな風に大切に使うことで物にも命が吹き込まれていくのでしょうね。



他人の手にはぜったい触れさせない、これこそが、

彼女の「聖域」。







今日もアリアンナはミラノで、あるいはパリで、

この武器を片手にファッション界という戦場で

戦っているはず。

アフリカからのメール

ちわーっす。



みなさん、大変ご無沙汰しておりました・・・。

お元気でしたか?



おいら、もう次回撮影の準備で、ほぼ瀕死状態になっておったのであります。カメラマン選定からロケ場所からコーディネーター選びから、もう、決めるべきこと、交渉すべきことの連続で、次回ロケ地である、LAやNYと電話連絡し合っていると、時差もあり、あっという間に午前3時・・・。



そんな日々を過ごしていて、まさに発狂寸前で、なかなか日記を書く余裕さえなかった情けないわたくしですが、今朝、ヨハネスブルクに駐在する新聞記者の友人K君から気分転換にもってこいのなつかしいメールをもらいました。





何でも、おいらのブログで松葉ガニ日記を読んで、もう100年前のある出来事を思い出したらしい。



それはかつてわたしがあるホテルのパーティーで、極上フォアグラを求めて、何度も列に並んだというまたもや恥ずかしい話であります。



>「フォアグラ、フォアグラ」とうわごとの様につぶやきながらパーティー会場を徘徊したというマダムの話を思い出し、書斎で一人、吹き出した〜。





とそのメールには書かれておりました。

こんな話、本人さえも忘れておった。そういや、あの当時、おいら、マダムフォアグラと呼ばれるぐらい、フォアグラが好きだったっけ。



でも、ある年のお正月に、一度京都の明治屋で冷凍のフォアグラを買い、照り焼きにして熱いご飯の上に乗せて、「フォアグラ丼」にして食べたら、胃がやたらともたれて、気持ち悪くなり、それ以来フォアグラへの熱い思いはかなり失せております。



それにしても現在、このK君、プール付きの600坪の邸宅に住んでいるとのこと。そのプールで遊ぶ奥さまと子供たちの写真も添付してくれたけど、まさにビバリーヒルズの豪邸そのもの。これが日本円にして月25万円だそうよ。どうよどうよ?!うらやましい限りであります。もちろん使用人も何人かいるはず。



南アフリカはワインもかなり美味しいらしいから、

一度ほんまに遊びに行かなあかんな〜

最近の写真