フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月22日 (月)

やっぱり松葉ガニ

By1bgijr








Lhlyi4bu_s































Sdh8fkyh_s



































昨年の末に、

かにと温泉の旅に行ってきました。



行き先は城崎温泉「西村屋本館」。



今シーズンの松葉ガニはかなりうまいと評判だったので、

期待の大きさもいつも以上。



城崎といえば、外湯が有名ですが、

おいらは西村屋本館の露天風呂に入り、

あとは、ひたすらカニ夕食への期待を膨らませておりました。



夕刻6時前。待ちに待ったかに様の登場です。

まずはアサヒビールで乾杯。ビールのラベルも「城崎温泉」となっております。



松葉がにと一口にいってもロシア産もあれば、いろいろ。西村屋さんのカニは地元の津居山か柴山で上がった活けものしか出されません。



まずはお刺身をいただきます。

ぷりんぷりんのツルンツルンです。この上品なほのかな甘みは松葉がに特有のもの。



上海蟹もめちゃ好きだけど、

渡り蟹もとにかく好きだけど、

これを食べると、

やっぱり松葉よね〜と思えてくる美味しさです。



そうこうしているうちに、

西村屋さんオリジナルの蟹の甲羅酒が出てきて、これを一口いただければ、もううう天国だわ。



炭で丁寧に焼いた蟹の甲羅を、ジュっと熱燗に入れた蟹の甲羅酒はふぐのヒレ酒のカニ甲羅版。



香ばしくて、少し甘くて、いくらでも飲めてしまう。



そんな合間にもカニのお刺身がのったにぎり寿司なども出てきますが、おいらが待ち望んでいるのはゆでがによ。



西村屋さんのゆでがには他のところでいただくゆでがにとはちょーっと違う極上ゆでがにであります。



このゆでがに、ものすごーく大きい年もあります。巨大松葉ね。でもこの日の運ばれたゆでがにはまあまあの大きさ(ちょっぴりショック)



しかし!足を一口食べれば、ひえええええええー

なんて甘いの、なんて美味しいのっ?!

もう筆舌には尽くしがたい。

なんともいえない蟹の旨みがびっしりとつまってて、一生食べ続けていたい味だ。



そういいながら、無言で足を食べ続け、胴体を食べ続け、

そして最後はおいらがこの世で最も愛するミソの桃源郷へ。



先日見たTVで、かに漁に行く猟師さんたちが、

良いかにの見分け方というのを話しておられました。



ミソに白い米粒みたいなのが入ってるのが良いかに

とのこと。その白いものの正体は白子だそうです。



この日のみそには入ってました。びっしりと白子が・・。



で、このつぎはおいらが最も好きな(ってそれが多すぎるな)焼きがにであります。目の前で炭でさっとあぶってくれた焼きが二・・・それは、たぶん、松葉がにの美味しさを最高に引き出す料理法ではあるまいか。

つめのところもうまいね〜。



もはや恍惚なる状態でこの時点で、カニ腹12分目



ああ、これからまだ、かにすき、ぞうすいまで食べなければならんのだよ。





・・・といいつつ、この夜は極上の松葉ガニを飽きるほど食べながら、最高に幸せでありました。



そうして、カニと格闘していると、昨年あったつらかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと、いやなことはぜーんぶ吹っ飛びました。



カニ効果絶大ですね。









2007年1月17日 (水)

静かなる時間

6f_b8zy5




今朝起きると、何かが違う。



そうなんです。

風邪の悪魔どもが、体中からすべて通り過ぎたのを

実感いたしました。



新年早々、風邪を引いてから、えらく長引いたもんな。

ほんと夜中に咳で眠れない日もありました。

こんなことははじめてだった。



このまんま、もう昔のように元気になることは

ないのかもしれん・・・・

とまで思いつめ、かなり弱気になったこともあったオレ。





いやああ、しかり今日からスッキリよ。

仕事も佳境に入ってきたし、良かった良かった。





それにしても昨年はかなり大雪が降り、オレが住む山も大変なことになっておりましたが、あのときは風邪ひとつ引くこともなかったのに、

なんで暖冬の今年に引いたのですかいね。



そんな暖冬でも冬の楽しみはやっぱりストーブよ。

今日も、薪を燃やして、

もちろんさつまいもを入れて、焼き芋も作りました。



こちらのリビングにはまだ家具も十分に揃っていませんが、

ここで火を見ながら、

読書をするのが楽しみ〜。



とはいえ、仕事もあり、なかなかのんびり出来ないのが現状ですが、たとえ10分でも20分でも、

ストーブの火を見ていると、不思議と心が静けさに

満たされます。



冬は寒くて、ほんとに嫌いだけれど、

このストーブのお陰で、

ちょっとは好きになりそうだ、冬。



焼き芋も食べれるしねlovely







2007年1月13日 (土)

究極の簡単滋養スープ

風邪は案の定、長引いております。



で、風邪にはチキンスープがいちばん!っていうので、ちょっくら作ってみました。



先日TVで見た奥園嘉子さんによるらくちん簡単レシピです。



これがほんとに嘘のように簡単。でも死ぬほど、美味しかったので、ぜひともみなさんにご紹介いたします。

材料も分量も良い加減、自分流でOKです。



●材料:エキスがいっぱい出そうな手羽もとなど5〜6本。だいこん。長ネギ。しょうが。

●下ごしらえ:手羽もとは塩でもみこんでビニールに入れて約30分おいておく。



�土鍋(これが肝心)に水をはり、出しこぶを1×5センチぐらいに細く切り刻む(こうすると出しこぶを取り除く必要がなく、スープを飲むときに一緒に食べれる)



�煮立ったら、手羽もとを入れて、適当なざく切りにした長ねぎ、大根、輪切りのしょうがを加える。



�5分煮れば、火をとめる。



�そのままふたをして、約30分待つ。

(ここで塩、醤油で味を調えても可)





たった5分しか煮てないのに、大丈夫?と思うけれど、土鍋の特製で火を切った後も熱がじんわりとまわって、30分してふたをあけると、すべて煮たってとっても良い感じ。



さっそくのんでみました。



うっまーっ。

うますぎる。

うますぎるねん。



鶏のコラーゲンがたっぷりと出て、だいこんも長ネギもとろり、ふんわり、最高の出来上がり。



のむごとに、滋養が体の隅々にまでいきわたってるのを感じます。

5分もすれば、体中がとってもあったまって、もう死ぬほど幸せ。



おいら、実はスープが昔っから大好き。

で、最近のブームは辰巳芳子先生による

「いのちのスープ」だったのでありますが、先生のはかなり下ごしらえや作るときの精神性なども問われるため

(それだけにすごいものができますが)

作るにはかなりのリキとパワー、時間が必要なんです。





その点、奥園嘉子さんのレシピは出来るだけ手間を省いて、本格派料理を・・・というコンセプトなので、ずぼらなおいらにももってこい。



このスープの薬味にはねぎの小口切りでもOKですが、出来ればニラ醤油づけをあしらえば、さらにグレードアップいたします。



このニラ醤油づけも奥園レシピによるものですが、ニラ一束をざく切りにして、醤油を適当に入れる。そこへ七味唐辛子を小さじ半分ほど入れて、2〜3日冷蔵庫で置くだけで出来上がり。



スープにニラ醤油づけをたらすと、これまた味が格別に深みを持って、「ほんまにこれ、自分で作ったスープ?」と思えてくるほどのコクある味わい。





こういう簡単で、美味しい料理がいちばんよねー。

しかも材料費、今日のスープで、500円もしてないよ。



みなさんもぜひ、一度作ってみてくださいね〜。





そして、本日の再発見は、土鍋の威力ってすごいなーということ。光熱費も助かるし、えらいぞ土鍋。





・・・と今日は「素敵な奥さん」風でまとめてみました。

プッチに首ったけ

Ck5uenib
前回のミラノ出張で、おいら、何を間違ったか、

エミリオ・プッチのワンピースなんてものを

買ってしまったのです!



昔から、あの、南の島でキューバリブラでも飲みながら着たい、カラフルな独特のプッチ柄は嫌いじゃなかった。





しかし、ファッションに関してはコンサヴァ。

ときどき豹及びアニマル系、マタギファッションが好きだったおいらにとって、プッチ的がらもんのファッションは最も縁のない世界。





プッチは、スレンダーで美人な若い子の洋服!と決めてしまっておりました。



だが!ミラノに行って驚きました。

プッチはマダムの領域だったのよ。

とにかく今回のミラノでも毛皮の下はド派手なプッチのワンピってマダムがわんさか。



そんなわけもあって、日ごろは足を踏み入れることもない、

モンテナポレオーネのプッチ店に

ふらふら〜とまるで徘徊老人のように吸い寄せられたのがそもそものはじまり〜。



とはいえ、店内を見回しても、例のインパクト大の、どちらかといえば、悪趣味ともいえるプリントの服オンパレードで、やっぱタイプじゃないわーと帰りかけたそのとき、

この秋冬のプリントTを着たキュートな女の子に

「試着してみたら?」と言われて、思わずフィッティングルームに入った。



わたしが着たのは2007年春のピンクとブルーのいわゆる典型的なプッチ柄のワンピース。

こんなの着てるのを友達に見つかったら、

恥。死んでも似合わなねーと思いつつ、

鏡を見ると、ええええええーっ、これが、これがですよ、

みなさん。

おどろくべきことに、ひええええ、

なんだかおいらじゃないみたいに、細く見えるじゃありませんかっ?



なわけで、片っぱしからプッチワンピを試着。

そんなおいらの横で、これまたミラノマダムも負けじと何枚ものワンピをさんざん試着されてました。



で、ミラノに来た記念よね〜とまたもや自分に言い訳して、

ワンピース一枚購入。

信じられないことに、定価よっ。

洋服を定価で買うことなんて3000年ぶりか。



でも、日本に帰国して、おいらは激しく後悔した。

こんなペランペランの、縫製とかいい加減の、ワンピースよくもこんな値段で買ったもんだわ・・と。



これまで数々のお買い物の失敗を重ねに重ねてきたおいらではありますが、

ここまでひどい失敗はなかったよな。

これぞ我らが生涯、最低最悪のミステーク・・・

こんなしょぼいワンピース買うなら、

ポメラートのヌードのリング買えばよかった(ほぼ同額)

と嘆きに嘆いてたんであります。



それがああああ!

本日、ちょっと着てみるかっ?!とクロゼットの隅に押し込んでいた問題のブツを取り出して着て見ると。

なんだか妙に女っぽいではあーりませんか?!

それまでジーンズを履いていた、おいらとはまるで別人。

そのとき、ちょうど、「ピンポーン」とチャイムがなった。



おっ、毎月のミウラの軟水用の塩を運んできてくれるお兄さんではありませんか?!



いつものユ○クロのセーターにパンツといういでたちとは

違いに違うプッチのワンピで出たおいらを見て、一瞬、

ギョっとなったそのお兄さん。



しかし

「きょ、きょ、今日はぜんぜん雰囲気違いますね〜」

と言いながら、帰っていきました。





いやああ、宅配のお兄さんにそう言ってもらって喜ぶおいらもおいらだが、

いままでジーンズ一辺倒だったわたくし、

ちょっと心入れ替えようと決意いたしました。



というわけで、本日が

「ワンピース記念日」となったわけでcoldsweats02



やっぱり年をいくごとに体型が崩れていきますよね。

なにせ、最近のおいら、至上最高の体重記録してますから。

もうひどいもんやんねん。

そりゃ、見られたもんやあれへんねん。



でもプッチのワンピースって、

実はそんな崩れ気味の体型もカバーし、

女性らしいボディに見せてくれるよう、

考え抜かれたプリントとデザインで作られていたのよ。

まさに

おばはんの味方だったのよ〜。



さすがミラノマダムは鋭いわ。



いやああ、ほんと

今頃になってプッチに首ったけ〜heart





2007年1月11日 (木)

モデルオーディション

8piqdx68


前回のミラノロケでは25人ほどのモデルのオーディションしました。この中から選ばれるのはもちろん一人だけ。

6つぐらいのエージェンシーから送り込まれてきたモデルたちは国籍も年齢もさまざま。

今回多かったのは、チェコやスロバキヤ、ブラジル、ロシア・・といったところ。アメリカは全滅。本国イタリア出身も数えるほどです。



すっぴんの子もいれば、フルメイクにドレスアップした子、ものすごーく露出度の高い服にマイクロミニというセクシー路線でやってくる子・・とほんとそれぞれ。



しかし、いまだにわたしはどのモデルが優れたモデルなのか?ほんま、わからんのです。



「あ、この子ノーブルで、エレガントでぜったい今回の洋服に合いそう」と思っても、カメラマンやディレクターが気に入るモデルはわたしがノーマークだった子。





でも彼らが選んだモデルは、現場でヘアメイクをして、洋服を身に着ければ、あっという間に素晴らしいモデルに変身。

さらに驚くべきは、写真になったとき、彼女たちの魅力は炸裂します。とてもオーディションのときにはそこまで変身するとは思わなかったわー。

カメラマンもディレクターもさすがよね〜。



それにしても、彼女たちモデルの私服はかなりダサイです。

VOGUEやELLEなどの特集で

「コレクション会場で見かけたモデルたちのお手本にしたい私服スナップ」

みたいに、カッコいいモデルは数えるほど。



よくもこんな安物くさいセーター(ぜったいポリエステル)を着てきたな・・と、

この合皮のスカート、何年前よ・・・とか、冬だというのに、薄っぺらのペンペラペンのTシャツにボロダウンジャケットとか、とにかく服装のセンスゼロの子たちが多いんです。



おいらなら・・・と考える。

あんな美貌と小さな顔と長い手足を持ってしたら、

世界中に自分に似合わない服なんて、ねーんじゃねーの?!って次から次へとブランドの服を買い捲るだろう。



なにせ、おいらはPRADAやジル・サンダーが大好きなのに、試着するとまるで水道工事のおばはんか、

給食のおばはんみたいになるんだよー。



なのになのに、

モデルたちよ、もったいないじゃないのよ〜

その肉体、美貌を生かさないなんて〜。



・・・・しかし良く考えたら、彼女たちってあまりに容姿に恵まれているから、着飾る必要ないんだよね。

そのまんま、でオッケー。

ポリエステルのださいセーターでもねずみ色のダウン着てても、美しいものは美しい。輝きはかえってますばかり。



くそーっ。

2007年1月 9日 (火)

ビター&スイートな人生

お正月早々風邪を引く人ってなんだかまぬけよねーと

思ってたら、自分がそうなってしまいました。



しばらく自宅で養生していたら、なんとなくマシにはなりましたが、完璧ではありません。ちょっと弱気です。



そんな風邪の中でも原稿を書く必要もあり、日曜日にはこれまで溜めていた仕事をしました。くーっ。朝6時までかかってしまったわ。でもこればかりは誰にも頼ることもできないので、とにかくやるしかない。生きるってことはなかなか厳しいものでありますね。



しかし、不思議と食欲だけはありました。豚汁を飲み、暖炉で焼いた焼き芋&金時にんじん&男爵。カキフライにトンカツにエビフライに・・・ってこれぜーんぶ作って食べたってどない?・・・



カキフライはこれまで以上にうまく行きましたね。口に入れるとカリっとこれまた素晴らしいフライが最上に揚がったときの軽やかな音なんかしてさ。そのあと、ミルキーなカキジュースがしゅるしゅるしゅる〜っと広がって、陶酔!

(カキはノロの要因にされてるけど、あまり関係ないそうよ)



エビフライには自家製タルタルソースをつけていただきますっ!

うっめー。

わたしは子供の頃から大のエビフライ好き。子供ながらに洋食屋さんでエビフライとポタージュスープ、タンシチューなんぞをいただくときには、世の中には美味しいものがあるなーといっつも感動しておりました。



そういや、いまは亡き父が、お正月おせちにあきた頃、良く作ってくれたのが、トロ丼であります。

普段、台所なんかにぜったい立たない父でしたが、トロ丼のときだけは別。黒門市場とかで買ったこだわりのトロを贅沢にのせたあつあつトロ丼はもう陶然とする美味しさでありました。



トロが鯨の尾の身になることもあったが、これも美味しかったねー。



父はほんとに食べることが好きだった人なので、いまも時々美味しいものを食べると「これ、パパに食べさせてあげたい」とか思います。

亡くなる前、ほとんど固形物は食べれず、点滴に頼っていた父が、「美味しいてっちりが食べたい」と言った時に、

「パパ、いまそんなこと言ってる場合ちゃうよ。第一フグの身なんて今のパパの喉には通らないよ」と戒め

食べさせてあげなかったことを一生後悔すると思います。



そのせいか、ご飯を食べているときに限って、

一年に一回ぐらい、父を思ってちょっとだけ泣くおいらは、

リリー・フランキーの「東京タワー」のマー君とオカンと同じぐらい濃い関係だったのかなーと思ったり・・・



風邪で弱気になったせいか、日ごろは思い出さない父のことなんかも思い出したここ数日でした。



今日からは本当の意味で仕事はじめです。

もう甘えてなんかいられないよっ。



さあ、仕事、仕事だああああ!







PS

昨日は見る気なんかぜんぜんなかったのにTVで「東京タワー」をやっていて、倍賞美津子のオカンぶりがあまりにもせつなくて、悲しくて、大泣きしてしまいました。

息子役のもこみちも、いままでぜんぜん好きじゃなかったけど、かなり良かったねー。しかし、あの北京原人ノヨウナボサボサ頭のヅラはなんとかならんのだろうか。

2007年1月 3日 (水)

ミラノ、COVAでの妄想

Outyrbik












S6q1e2to































































ミラノの老舗カフェ「COVA」の支店が、

この3月、名古屋トヨタミッドランドにオープンするそうです。

さすがはいま爆竹の勢いの名古屋よね〜。



COVAは現在、香港と東京の有楽町にありますが、次に日本でオープンするならたぶん、神戸あたりかなぁと思っておりましたが、名古屋だったか?!



名古屋トヨタミッドランドはまだ行ったことがないので、ぜひ今度名古屋を訪れたときにはチェックしなきゃ。





COVAは何度かこのブログにてご紹介しておりますが、

ミラノのスカラ座近くに1800年代にオープンした伝説のカフェ(現在はモンテナポレオーネに移転)。

わたしはこれまでのミラノ出張でいつも、

このCOVAでカプチーノやスイーツを食べるのを

至上の喜びとしておりましたけん(大袈裟やな) ちなみに わたしはここのヘーゼルナッツを練りこんだミルクチョコレート(写真)とマロングラッセが大好き。



マロングラッセは秋から冬にかけてのシーズンしか置いていませんが、先日訪れたときは、ちょうどクリスマス前の時期でもあり、みなさん、プレゼント用にびっくりするほどたくさんのマロングラッセボックスを買っておられました。



しかしマロングラッセ一個のお値段約300円ですから!お高いわね〜。





店内はそれほど凝っているわけではありません。

しかし、お客たちがとにかく誰よりも個性的。

強烈な毛皮を着たデビ夫人ばりのイタリアンマダムやNYからやってきた観光客。



ちょい悪おやじ風のイタリアンと若く魅力的なミラネーゼの理由ありカップル・・・。



先日はおいらのすぐ前のテーブルに、ものすごーく魅力的な40代半ばの品のあるイタリアンマダムがひとり座られました。カプチーノとプチツイーツ(これがとってもかわいくて美味!)を12個セットにして銀のお盆にのせたものを注文(一度これとオーダーしたいが、いつも一人なので食べきれない)



しばらくひとりでそのマダムは小説を読んでおられました。・・・とそこへやってきたのが彼女より確実に20歳は若いだろう、イタリアンのイケメン。



一応向かいあって座るテーブルだったが、マダムが「こっちこっち、私の隣に来て」とゼスチャーで彼をおびきよせ、ふたりは隣り同士に座る。



この様子から見て息子ではないっ。ということは若い愛人か?マダムはとにかくそのイケメンをこの上なく愛しそうに見つめている。イケメンはちょっとシカめっつら。



たぶん、こんな会話が二人の間でなされているはず。





「今日は君にどうしても言いたいことがある」

「あら?何?珍しいわね。なんだか怖い顔しちゃって」

「ダンナを別れてほしいんだ・・・」

「まぁ、あなたらしくないわ。そんなヤボなことを言い出すなんて」

「だったら、いいよ。もう俺たちは終わりだ」





・・・なんてね。安物のラブアフェア小説だって書けそうよ。COVAでピープルウォッチングしていると、

ほんとどこまでも妄想が暴走いたしますcoldsweats02

























G5nigyte_sミラノ店ではエスプレッソをオーダーするとこのチョコが一個ついてきます。















2007年1月 2日 (火)

新年あけましておめでとうございます!

Gufo1rrk




新しい年になりました!

みなさん、お正月はいかがお過ごしでしたか?



おいらは殊勝にも実家に帰り、母とおせちとおぞう煮を食べましたが、母がお餅をのどにつめて、しばし食事中断。



まあ、大事には至りませんでしたが、

ほんとお正月早々、お願いします!



素敵な年賀状もいっぱいいただきました。



ゴージャスなところではかつて習っていた絵の先生からいただいたもの。彼女は関西一優雅な独身女性の異名を持つ、

60歳過ぎのマダム。



あけましておめでとうございます。

久しぶりにクルージングに出ます。45日間。暖たか〜い、小さな島々を巡って、オーストラリアやあこがれのニュージーランド、それにニューカレドニアやグァムetc1・・・

また春になって、桜の便りがきこえる頃、お目にかかりましょう。お元気でね。






ドキっとしたところでは長年の友人からのこのひとこと。



「ちょっとやせてください!」



心ひかれたのはパリのジェントルマンから来たグリーティングカード。



「またパリへ〜」





南アフリカにいる年下の男友達からのメッセージは



「お近くに来られた際はぜひお立ち寄りください!」





いやぁ、そう言われましても、南アフリカはかなり遠いんじゃねーの?!



そんなわけで、みなさま今年も何卒よろしくお願いいたします!



PS

わたくし年末に首と肩を痛めましたゆえ、

今頃年賀状を書いております。

関係者のみなさまには大変ご迷惑おかけいたしますcoldsweats02

最近の写真