フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 垂涎のやきいも | メイン | ミラノに到着! »

2006年12月11日 (月)

THE PHANTOM OF THE OPERA

Gkvpixki
とうとう買っちゃいました。

DVD「オペラ座の怪人」コレクターズ・エディション初回生産版。

お値段、9975円也。

悩みました。

すでにDVDは持ってるし

初回版と言っても発売されたのは2005年10月だし。



さらに、JR芦屋のレコードショップには、このコレクターズ・エディションはもう半年前ぐらいから飾られていて、誰も買ってる形跡なし。

おいら、そのショップによるたび、本品をいつも手にとっては、「買うか、買うまいか、それが問題だ」とハムレットのように悩み、

結局、買わないって日々が続きましたが、

昨日JR芦屋駅界隈を歩いているとなんだかとってもクリスマスの華やかなムード。



うーん。今年のクリスマスもこれといった楽しみもないなーと深くうなだれていた、そのとき、おいらの目にとまったのが、そのレコードショップよ。ついふらふら〜とDVDコーナーに誘われ、手に取った瞬間、思ったね。



そうや、これ、わたしからわたしへのクリスマスプレゼントにしよーっと



だからレジで「これクリスマスプレゼントなのでギフトラッピングお願いします」とあつかましく言いました。

で、家に帰ってさっそく中を開けると、

きゃああああああああー

なんて、なんて、なんて豪華なの!

本編ディスクの他に、メイキング、スタッフ来日キャンペーンの模様etc.









Qaopasq5_sビロードのようなブックカバーに入った豪華版よ










Apmqkmlh_sそれぞれのディスクにもマニアにはたまんない麗しい写真&ポストカードもついてます
















さらにもう一枚、特典ディスクとしてついていたのが、

アンドリュー・ロイド・ウェーバー製作のミュージカル

「オペラ座の怪人」のドキュメンタリー。

ロイド・ウエーバー本人はもちろん、プロデューサーのマッキントッシュ、演出のハル・プリンスなど製作スタッフの秘蔵インタビューもてんこ盛りです。



そしてなんと!ロイド・ウエーバーが演劇関係者だけを招待して行うという噂の、英国郊外の自らの別荘シドモンドンの小さな劇場で(こういうのを持っているってところもすごい)行われた「オペラ座の怪人」のトライアウト(試作上演)のビデオまで収録されておりました。

もちろん、ヒロインのクリスティーン役はサラ・ブライトマン。



そのドキュメンタリーの中にはタイムズの演劇評論家のインタビューもあり、これまで知らなかったあらゆる裏話が満載で、ファンにとってはたまらないドキュメンタリーに仕上がってます。



「ロイド・ウエーバーにとってこの作品が特別なのは、

才能はあるけれど、醜く情熱を持て余しているファントムにウエーバーが自らを投影させ、当時の元妻サラ・ブライトマンへの満たされない愛を音楽にしている点です。ウエーバー自身も『もしもサラの僕への愛が十分あったなら、書けなかった作品だと思う』と言っているように、満たされない愛、決して自分の手に入らない愛を、その痛みや苦しみを描いているところが我々の心を打つんです」



この映画「オペラ座の怪人」が2004年公開になったとき、おいら、ぜったい見るもんか!と思ってたんです。

ミュージカル版をブロードウェイやウエストエンドの劇場でそれこそ100万回観ていたので、その感動が映画を観ることによって失望に変わる!となぜか堅く信じていたのでした。



それが、いまではミュージカルより映画版のほうにより魅かれます。

若く美しいディーバ、クリスティーンを巡る三角関係といってしまえば陳腐ですが、1800年代のパリのオペラ座を舞台に、華麗なセット、豪華な衣装、そして何より、うっとりと心を溶かさないではいられない、ウエーバーの甘く悲しい音楽。

ああ、これほど酔わせてくれる映画って久しぶり。

まさにゴシック・ロマンの最高峰。



あああ、9975円は痛かったけど、

その値打ちはありました!





トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/12988908

THE PHANTOM OF THE OPERAを参照しているブログ:

コメント

近々、ご自宅にお邪魔させていただけませんでしょうか(土下座)。新年会なんて感じで、それ、ちょっと見せていただけたらいいなー。いいなー。いいなー。いいなー。うぅ、羨ましすぎるですっ。

きゃあああ。以心伝心。青山さんに、メールしようと思っててん。これ買ったとき、ぜったい青山さんを我が家にご招待して、「オペラ座DVD祭り」を開催しようと思ってましたよっ。もうううううううーっ最高最高。メイキング&ドキュメンタリー観たら、興奮しすぐて昨日からフラフラ〜。しっかし聞くところによると大正のしょぼい、ビデオ屋さんでコレクターズエディションがなんと3900円で売られていたというではないですかああああああangryangry泣きそうになりました。でもいいねん。ほんまに最高。ゴシック・ロマンよ永遠に!せやけど、ひとつだけびっくりしたのは、ファントム役のジェラルドバトラーのことよ。あの人は仮面かぶってなんぼやねcoldsweats02

お買いになってしまいましたか!!!いつかは買われると思っておりました故に驚きませんがご自分にプレゼントされたとは・・・。こんなことなら女部長とプレゼント交換すればよかったですね!マダムには「オペラ座の怪人」を!女部長には「ロックミュージカルBLEACH」のDVDを!なんという趣味の格差この雲泥の差は縮めようもありませんっcoldsweats02それにしても女部長、今週、ドレスコード「フォーマル」のパーティに誘われるも、来て行く服がないという寂しさshock以前マダムにお会いしたあの宝石店のパーティの華やかさはやっぱり女部長には無理ですわ!いっそファントムの衣装でも着て行くか?マスカレ〜♪♪華麗だ!!ミラノ気をつけて行ってらっしゃいませ。帰って来たら例の会bottle

ほんとに、このコレクターズエディションは土曜日から何度もリピートしっぱなしで、もう、メロメロであります。明日からの出張の用意もほとんどしてないけど、またこれからファントム関係書類に目を通し(どんなんや)DVDをちらりと観る予定。このような忙しさにあって、何度も女部長ブログ紙上にて、「電車で眠るVOL2」がUPされていやしまいか・・とチェックしてもおりましたあああshockでは帰国した暁には、例のアレとアレ、ぜひともよろしくお願いしますっ!「ロックミュージカルBREACH」観たいっ。ちなみに女部長とのクリスマスプレゼント交換、何か別の物品でやりましょうかいね?女部長→オレ  薩摩黒豚500グラムオレ→女部長  バルサミコドレッシングcoldsweats02coldsweats02coldsweats02えーっ、値段の差がありすぎるねんshock

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真