フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« ホノルル美術館 | メイン | 続・お買い物人生@ハワイ »

2006年10月16日 (月)

恍惚のヘッドスパ

夏の疲れと

海外の紫外線で、

おいらの髪の毛は悲惨なことになっておりました。



そうしたら・・・

昨日の朝、女部長

よりこんなメールのお誘いが!



「神戸元町のゴージャスなヘアサロンで、

一緒にヘアスパをしませんか?」



というわけで、おいら一目散で

元町直行よっ。





JR元町駅に程近いビルの3階。

エレベーターを降りて、ドアが開くと、

ひええええ、

NYのお洒落なホテルのような

レセプションが出現。



広々としたサロンのエントランスには

スワロスキーと

バカラのブラックゼニスを彷彿とさせる

ラグジュアリーなシャンゼリアが飾られているではありませんか?



ここ、asia

は青山にも支店がある、

とってもお洒落なヘアサロン。





前日、オーナーのひとりでもある

スタイリスト芳本浩次さんにカットをしてもらったという

女部長、

なんと、10歳以上若くなってるううう。





とりあえず

ヘアスパ専用の部屋へと移動。



ここが、またライティングも麗しく、

スタイリッシュな空間です。



ヘッドスパは頭皮の汚れを取り除くとともに

育毛効果もあり、

さらに、リンパの流れを刺激するので、

小顔にもなれるという一石4鳥のトリートンメントなのだ。





新陳代謝を促すために

トリートメントの前に温かいハーブティをいただきます。



女部長と2人並んで、頭皮クリーニング&マッサージ、

さらに別室に移動して、

シャンプーを受け始めたおいら、

桃源郷の領域に到達するまで

ほとんど時間はかからなかった・・・。



ヘアのお手入れだけでなく、

凝り固まった肩や首筋までもゆっくりとていねいにマッサージしてくれて、

女部長もおいらももはや恍惚の人・・・。



トリートンメントが終了したあと、

ブロウしてもらったおいらの

髪はもうううううっ、つやっつやのサラッサラ。





やっぱり髪こそは女の命よっ。





どんなにお洒落な格好をしていようと、

高いブランドのバッグ持っていようと、

マノロやジミー・チューのヒール履いていようと、

髪の毛が疲れていると、もう、それだけで台無し。



髪の毛の疲れって、ほんと哀れな生活観をかもし出すんです・・。

ハワイから帰国したあとのオレの髪も

生活観がにじみ出たモノガナシイことになっておりました。



それがいまではどうだ?!

ピカピカのつやつやよっ。

自分で自分の髪の毛を触ってうっとりよっ。



丁寧にお手入れされた髪の毛こそ、

女の幸せの証。



女部長、ありがとうねheart







トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/12988844

恍惚のヘッドスパを参照しているブログ:

コメント

 shineマダムいいなあ!shine麗しい美女お2人が更に「お美しく」変身されたんですね。本当に美しい方は、顔は勿論、髪、ネイル、足、ひじひざ、など全身お手入れが行き届いてますものね。その点「主婦」はどこか抜けています。あ〜〜このお話を読んでわが身が恥ずかしくなります。shock 反省!coldsweats02

マダムお久しぶりです。小生、なんと5ヶ月ぶりに髪を切りました。長く伸びた後ろ髪をバッサリとまではいきませんでしたが、軽くなりました。伸ばしていると結構髪の毛って痛むもんなんッスね。そのヘッドスパでサラサラになったら、オレもボルゾイ犬に間違われたかも知れません。

まっくすぅぅぅ!冷たいやないですか?久しぶりやないですか?先日も女部長とまっくすは最近どないしてるんやろーとうわさ話していたとこよ!しかし、5ヶ月ぶりに髪を切ったって、もしやもしや、また失恋でも・・・(または余計でしたか)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真