フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日 (日)

ミラノお買い物速報

コモ湖でのロケも無事終了。



ミラノは本日もお買い物日和であります。



コモ湖のヴィラデステで

欲望炸裂するプラダやグッチやバレンシアガの

華麗なるバッグ軍団を発見。



素材はとにかく今まで見たこともないような

クロコ一色。

とにかく、クロコ。



よって、バッグの平均価格は80万円が

フツーであります。



バレンシアガのクロコってのにも

はじめて遭遇いたしました。



麗しい店員さんは

「このバレンシアガ、セールで、

半額よ」



とすすめてくれるも、40万円ですからっ。



無理!



圧倒的に、

決定的に

無理ですわ。



ちなみにおいらの今回のミラノでのお買い物テーマは

ブーツ。



プラダにもグッチにも

ときめきのブーツが揃っています。



でも、オレのししゃものようなふくらはぎが

ジャマして、ひと筋縄では入りません。

店員さんにヘルプしてもらいながら、

やっとのことで挿入完了。



し、し、しかし!

今度ぬぐときがこれまた大変。

またもや店員さんに

思いっきり引っ張ってもらって、

ようやくぬげるってありさま。





ブーツひとつ履くだけで、

ヘロヘロ。ボロボロ。



あきらめる。



で、ミラノに帰って、

今日はじめてモンテナポレオーネを

徘徊いたしましたところ、



なぜだか、突如、Gucciに烈しく

ひかれたわたくし。



ほら、あの復刻版のなつかしい

グリーン&レッドにGGのマークラインね。



これこそ、おいらの青春の金字塔。



といっても相変らず金欠病なので、

しょぼくベルトとポーチのみを購入。



そんなとき、

ものすごーくラグジュアリな毛皮のコートを発見。

表面はブラックのベイビースキンで、

めちゃくちゃカッコいいのよ。



でもお値段がねー、

軽く50万円は超えますから、

(ま、クロコのバッグよりはお安いですが)



これもやっぱり無理っ。



ほんと、欲しい物っていうのは

どうしても、こうも、

手の届かないものばっかりなんでしょうか?



早く日本に帰って、

女部長と一緒にさんまでも食べたいわ。





















2006年10月23日 (月)

人妻、よろしくお願いします。

Q9ozh1kh
R5rkiceq



またもやミラノロケです。



今回のロケ場所はミラノ郊外の美しい湖がある

リゾート地コモ湖よっ。



ジョージ・クルーニなどハリウッドセレブたちの

別荘が点在することで有名です。



中でもヴィラデステ

とーってもゴージャスで

ヴィスコンティの映画に出てきそうなほど(実際登場したらしいけど、どの作品かは知りませんです)



このホテルの船着場などでも撮影する予定です。



ちなみにいま流れている日産の何とかって車の

CMのロケ場所となっている

ヴィラはコモ湖にあるヴィラエルバ。

ここもとっても素敵でした。



えっ?それにしても今日のタイトルと

話の内容がぜんぜん

違っておるではないかっ?

とお気づきのみなさん。さすがですね。

(誰でもわかるって)



実は先日我が家に女部長が鹿児島黒豚とビールを

ご持参くださったおり、

あまりにも最近迷惑メールが続出しているので、

なんとかならんか?とご相談申し上げたところ、



PC30世紀時代に生きておられる女部長が

PSジュラ紀に生きているおいらのPCに

迷惑メール撃退の設定をしてくれました。



迷惑メール撃退ボックスに入る運命のキーワードは



真面目に交際したい。当選確実。無料。ご案内。

お世話になります。不倫。人妻。よろしくお願いします。

寂しい。アナタ。採用通知・・・などなど




以降、このワードにひっかかる迷惑メールは

アウトルックに新たに作られた

迷惑撃退メールボックスにどんどん

吸い込まれていきます。



しっかし、これにも問題がありまして、

「お世話になりますとかよろしくお願いします」

なんていう仕事関係のメールまで迷惑撃退メールへ

行っとるではないっすか?



ま、それでも一日に何十通も来るクソメールを

撃退できるなら、いいか・・ときどきチェックすれば・・

と思っていた矢先、

迷惑撃退メールボックスにきたメールをとりあえず一掃いたしました。





と!迷惑メール撃退ボックスそのものも消え去ったではないっすか?



おおおお、これは、問題だ。

どこに隠れちまったのか?



万一仕事のメールが迷惑メールと感知されて、

そこには入っても、調べる手立てがないではないか?



いやあ、話はなんか長くなってきたな。

わかりづらいよね。





で、夜遅く、大変迷惑なことに、

女部長にことのいきさつを伝えると

「わたしからそっちへ迷惑メールらしきものを送ってみるわ」



親切にも言ってくれましたー



コレが普通に受信できれば、

もう迷惑メールボックスはどこにも存在しないってことですから。



で、しばらくすると送られてきました。

タイトルは、

「不倫死体」

急いでるので変換されたまんまで送ります・・



の女部長のメッセージに大爆笑。



しっかり受信できましたとも。



ということはもう迷惑メール撃退ボックスはどこにも

存在してないってことね。



ああ、良かった。



で、おいらからお礼のつもりで女部長に

メール返信。



タイトルは

人妻よろしくお願いします



しっかし、このメールが女部長のところへ

届かないっていうではありませんか?



しばらくして、

女部長から電話が・・・・



「マダムからのメール、うちの迷惑メールに入ってたわ!」





チャンチャン。

2006年10月21日 (土)

お風呂エッセイ

Uh6l2inl いまこんなサイトで、



バスルームの過ごし方をテーマにした

エッセイを募集しています。



ちなみにおいらはあらい熊より水浴び好き(えっ)



でも、お風呂に入ると

その日あったイヤなことや

うっとうしいこともたいてい忘れるもんね。



最近は忙しくてまあ、入っても1時間程度ですが、

以前は3時間ぐらいバスルームでつかりっきりなんて

こともありました。



本を読んだり、TVを見たり、

マッサージしたり、

ファンゴパックしたり、

ローズヒップのハーブティ飲んだり。

ケルティックウーマンを聴いたり。

時々誰かと電話もしてたな・・・。







みなさんもそんな

自分流儀に貫かれた

バスルームの過ごし方をエッセイに書いて

送ってみてはいかかでしょうか?





このわたくしめも審査員になっております。

ぜひぜひ応募してみてくださいね。


2006年10月20日 (金)

あまから手帖

Lqoqomot
すーっかりお伝えするのを忘れていましたが、



いま発売の「あまから手帖10月号」



「松澤壱子が旅するシンガポール極上の休日」が掲載されております。



もしかして、あと数日で新たな号に

入れ替わるかもしれませんが、



もし書店で見かけたら、

立ち読みでも

してくださーい。



おいらの大好きな思い出のホテル

「ラッフルズ」も掲載されております。



ああ、シンガポールスリングが

飲みたくなってきました。



2006年10月19日 (木)

プラチナチケット争奪戦

F4clhb7u










昨日という昨日は、

サイテー中のサイテー。



悪夢、ナイトメイヤー、

ベリーディサポインテッド、

自分至上ほぼ、トップ5に入る、

気分ズンドコの夜であった・・・・・。



そうよ。我らがスターマイケル

のUKツアー2007のチケット売り出しの日よっ。



ファンクラブ先行予約でまずは電話。

これが!もちろんずーっとビジーライン。



やっとつながったと思ったら、

ペラペラペラペラ〜とめちゃ聞き取りにくい

マシーンの英語でまくしたてられ、

あせって番号押し間違えて、

ぎょえええええええ。

切れとるやないか?!



そんな不毛な戦いを8万回くらい繰り返しつつ

ネットでのブッキングにもトライ。

なにせ、

来年の彼のツアーはアイルランドを含めて

全英22箇所で行われるゆえ、

とにかくつぎからつぎへと

チケットブッキングしていかねばらちがあかん。



今回とにかく自分用の1枚を各コンサート、

それぞれ確保しようとトライしたけど、

あせりにあせっていたせいで、

ネットで

あろうことか

1枚を2枚と記入し間違えてブッキング。



頼みます!



しかもAAという番号だったので、

これはぜったい一番前だと思っていたら、

あとでシートプランを見ると、





なんと!



いっちばん最後列ではないですかあああ。



劇場によってAAが最前列って場合が多いので、

ついつい希望的観測でブッキングしたオレ。



もう死にたいわー。

しかも2枚よ。

誰にも譲れないわよ。

あんな最悪の席。



とにかく昨晩は約5時間コンピューターの前に

座りっぱなし。

電話かけっぱなしで、

夜ご飯も食べず、

死闘を繰り広げていたおいら。



さらに、一度ブッキングしたものの、

もう一度電話で調べたら、

少し良い席が見つかった場合など、

ダブルブッキングよ。



もちろん先に買ったチケットは

キャンセルできない決まりなので、

誰かにゆずるかあげるか、

空席にするしかないわけで・・・・。



哀れ





報われる苦労ならいつだってする。

何だって出来る。



しっかしこれだけ報われない努力も

今世紀はじまって以来ではないだろうか?

とにかく最前列はおろか、

ほぼ10番以降の後ろの席ばかり。



救いは、

UKのファン友達にお願いしたチケット。



ああああ、

彼女は某劇場の2列目をゲットしてくれた!

クリス、ありがとう。

やっぱりあなたは最高よ!

一生の恩人よ。



しっかし今朝ファンたちからきた報告によると、

みなさん、死に物狂いだったのは

いずこも同じ。

ダブルブッキングしちゃった

愚か者も多し。



みなさんほとんど寝ずにプラチナチケットの

争奪戦を繰り広げていた模様。



私のチケットを取ってくれたクリスは

2時間しか眠ってない中、

とにかく仕事に行くわーと

メールがあった。



あああ、同志よ。





しかし、なぜにここまでチケット争奪戦を

繰り広げるのか・・



答えは簡単である。



苦労して手に入れたプラチナチケットは

必ずや桃源郷へと導いてくれるから。






マイケルのコンサートは、

極上のアヘン100キロほどの

値打ちがあるからね・・・(アヘンはやったことないけど)



それを7年ぶりに再確認したオレ



みんな、究極の恍惚感を味わうために

必死になるわけよ。



だから最近麻薬患者の気持ちもわかるようになったオレ。

たった1グラム何万円って値段でも

買うその気持ち。



みんな最高の瞬間を求めているのね。



それがおいらの場合は、

マイケルのコンサートってわけです。







とはいえ、

チケットはとりあえず取ったものの、

あんな先のスケジュールだもん。

仕事もあるし、

本当にUKツアーにいけるかどうかは

わかりません。



それに、ほんまに全英ツアーは疲れるのだ。





とはいいつつ

きっと行く気がする・・・・・





 







2006年10月17日 (火)

カシミヤのブランケット

Ghi6iofe
ワイハのアウトレット「ワイケレ」では

肌触りバツグンの

カシミヤのブランケットも購入しました。



場所はOFF5TH(オフフィフス)



NYのデパート「サックスフィフス」のアウトレットよ。



例によって、

スーツケースを物色しておった

オレの目に、

飛び込んできたスカーレットなあいつ・・・。



手に取ると、トロンと吸い付いてくるような

まさに官能的な手触り。



これぞ真のカシミヤよ@カシミヤ番町



これはただものじゃないわーと

タグを見ると、案の定



785ドル。



ひえええええええええええっー。

ほぼ10万ではありませんかっ?



しかし、ここはアウトレットよ。

定価で売っているはずがない。



というわけで

タグの裏をひっくり返すと、

440ドル

 ↓

350ドル

 ↓

となって、

一番下を見ると



なんと!





169ドルまで下がってるではありませんかっ?!



さらに、クーポンを使用すれば

ここから25%ディスカウントになる(アクマデセコイ)



ということは、



日本円にして約14000 円ってことかい?



もう、買うしかないでしょ?



というわけで、

下界より一足早く冬を迎えた山の家で

すでにベッドの上にこれをかけて

寝ているおいら。



いやああ、

最高の肌触り。



どんな男の腕枕より、

ジェントルで究極の寝心地よっ。



どうだ、まいったか?!(えっ)

2006年10月16日 (月)

続・お買い物人生@ハワイ

6dwnaxzx
お買い物お買い物とは言っても、

中村うさぎやイメルダ(どういう基準やねん)

に比べたら、

おいらなんて、買いのスケール小さい小さい。



幼稚園児なみ。



マジで、OLをしている友達の方が、

オレよりずーっと高価なもんバンバン買ってます。



そこいくと、ほんとオレの買い物はショボイわ。



さて、先日もちらりと触れたハワイでの大物・・

について本日は語りたいと。



写真のプラダのキャリーバッグがそうです。



見つけたのはワイケレにあるアウトレットセンター。

「バーニーズ」。



今回のおいらのハワイでのショッピングのテーマは



「旅を快適にするちょっとゴージャスなバッグ調達」



でありましたゆえ、

オフサックスにいってもどこに行っても

果てはKマートに至るまで(えっ?)

スーツケース、キャリーバッグコーナーを

くまなく見て回っておりました。



おっそうだ。

我らがチープシックの雄「ROSS

各店でもチェック。



そんな中、バーニーズの(しかもアウトレット)

片隅でひっそりとオレとの出会いを待っていたのが、

こいつよ。



カラーはしぶーいモスグリーン。

全皮。

中身もけっこうしっかりしてます。





Uafduys3_sオレはまず値札を見る前に、600ドルと予想しました。

定価はたぶん2000ドル。

でも、こいつアウトレットにやってきてるし、

半額以下にはなってるはずだ・・・



しっかしそんなしょぼい予想を裏切り、

なんと349ドルっていう超かわいいお値段がつけられているではないっすか?



即決するまでに1秒もかからなかったね。



だって、リモアも8万円ぐらいは平気でするし、

(でも女部長と同じく、

帰りに必ず荷物が3倍に膨れ上がるオレにとって

ハードケースはぜったいNG)



しょぼいディスカウントショップで発見した

オールレザーのも200ドルはしてました。



というわけで、

意気揚々とこいつを帰国の機内に持ち込み、

自宅に戻って、お手入れしようと見てみると・・・

ぎょええええええええっ、

な、な、なんと!

いっちばん目立つ箇所の、

レザーが擦り切れて、

中から薄汚い、

ダンボール色の紙のようなものが

露出してるではありませんかっ?!



もう、さっそくこれよ。

だいたい、これまでの人生、

新しく買ったものを使った、または着た初日に

必ずどこかにダメージをつくる・・・

ありがたいことに、

今回もそのジンクス通りになりましたとも。



ちなみに、プラダのバッグはいまやモノグラムが主流。

なので、おいらが買ったこのキャリーも

たぶん時代遅れなシロモノで

だから安かったんだわ・・と思っておった。





が!






ワイキキのアラモアナのプラダショップでまったく同じバッグのブラックを発見!

お値段1955ドルでありました。



ひええええええええっ。

やったね。



しっかしハワイのアウトレットもまったく

あなどれないではありませんかっ?

現役バリバリのプラダを

約7分の一のお値段にするなんて・・・。



見たところ、ダメージ箇所も皆無。

カギもちゃんとついてるし、

いったいどんな理由でこいつが

島流しにあったのかは不明。



というわけで、何が大物かって、

この安さが大物ちゅーわけだったのであります。



しっかし次回のミラノロケで

こいつを持っていく勇気がオレにあるだろうか・・・



今度はこいつの全身?の皮が

総めくれになってしまうのではありますまいかcoldsweats02

恍惚のヘッドスパ

夏の疲れと

海外の紫外線で、

おいらの髪の毛は悲惨なことになっておりました。



そうしたら・・・

昨日の朝、女部長

よりこんなメールのお誘いが!



「神戸元町のゴージャスなヘアサロンで、

一緒にヘアスパをしませんか?」



というわけで、おいら一目散で

元町直行よっ。





JR元町駅に程近いビルの3階。

エレベーターを降りて、ドアが開くと、

ひええええ、

NYのお洒落なホテルのような

レセプションが出現。



広々としたサロンのエントランスには

スワロスキーと

バカラのブラックゼニスを彷彿とさせる

ラグジュアリーなシャンゼリアが飾られているではありませんか?



ここ、asia

は青山にも支店がある、

とってもお洒落なヘアサロン。





前日、オーナーのひとりでもある

スタイリスト芳本浩次さんにカットをしてもらったという

女部長、

なんと、10歳以上若くなってるううう。





とりあえず

ヘアスパ専用の部屋へと移動。



ここが、またライティングも麗しく、

スタイリッシュな空間です。



ヘッドスパは頭皮の汚れを取り除くとともに

育毛効果もあり、

さらに、リンパの流れを刺激するので、

小顔にもなれるという一石4鳥のトリートンメントなのだ。





新陳代謝を促すために

トリートメントの前に温かいハーブティをいただきます。



女部長と2人並んで、頭皮クリーニング&マッサージ、

さらに別室に移動して、

シャンプーを受け始めたおいら、

桃源郷の領域に到達するまで

ほとんど時間はかからなかった・・・。



ヘアのお手入れだけでなく、

凝り固まった肩や首筋までもゆっくりとていねいにマッサージしてくれて、

女部長もおいらももはや恍惚の人・・・。



トリートンメントが終了したあと、

ブロウしてもらったおいらの

髪はもうううううっ、つやっつやのサラッサラ。





やっぱり髪こそは女の命よっ。





どんなにお洒落な格好をしていようと、

高いブランドのバッグ持っていようと、

マノロやジミー・チューのヒール履いていようと、

髪の毛が疲れていると、もう、それだけで台無し。



髪の毛の疲れって、ほんと哀れな生活観をかもし出すんです・・。

ハワイから帰国したあとのオレの髪も

生活観がにじみ出たモノガナシイことになっておりました。



それがいまではどうだ?!

ピカピカのつやつやよっ。

自分で自分の髪の毛を触ってうっとりよっ。



丁寧にお手入れされた髪の毛こそ、

女の幸せの証。



女部長、ありがとうねheart







2006年10月13日 (金)

ホノルル美術館

Da3fctnz
ハワイに行くと必ず寄るのが

ホノルル美術館。



NYのメトロポリタンやMOMA

BOSTONのボストンミュージアム

みたいに大規模じゃないけど、

こじんまりとして、

おいらのお気に入り。







日本式の庭園やアジアの美術品も充実してるし、

マチスやボナールやピカソなんかの作品もあります。



光と熱帯植物にあふれた

中庭のベンチに座っていると、

とってもやさしい風が吹き抜けて、

癒されます。





入場料がフリーなのもいいわー。



でも帰りにはいつも1ドルだけドネーションして

帰ります。



下の写真は、

ゴーギャンとオレ。

なんか似てるか?!coldsweats02













Ea94jmh3_s





2006年10月11日 (水)

RUEHLに首ったけ

Dxtf5bvh


このところ、ヨーロッパの旅が続いておったわたくし。



タカビーなポンドやユーロのせいで、

お買い物魂もすっかり影を潜めていたわよっ。





そこいくとドルはまだまだ許せるわー。

というわけで、

オアフでは連日アラモアナやワイケレのアウトレットに突入しては、

「あれも買いたい、これも買いたい」な

お買い物版@東海林さだお君。



とはいえ、NYやLA,サンフランなどに比べると、

やっぱハワイの商品ラインアップはしょぼいんねん。



しかしなんどもしつこいようだが、

ポンド&ユーロ砂漠で飢え切っていたオレにとっては、

水分ならミネラルウォーターじゃなくても

水道水でも喜んで飲ませてくださいな状態ですから。



そんなわけで

まるで我が家に通う感じで日々2回ずつぐらい訪れていたのが、



RUELHであります。



もともと古着をリメイクした「アバクロ」が大好きだったオレですが、

日本でもかなりブレイクしたせいで、

アラモアナのアバクロ店はもはやポン人に占拠され、

ほしいラインの服はほぼサイズ全滅状態。



で、RUELHはこのアバクロの大人バージョンで、

まだそれほどポン人には知られていないので、

けっこう商品も残っており、おまけにセールもあり、

毎日1〜2枚は購入。



これがまた包装もアバクロや

弟分のホリスターなんかと違って、

めちゃくちゃ洗練されているのよ。



あのしっかりとしたダークブラウンのショッピングバッグは

少なくみつもっても一枚5ドルはしてそうだ。



セールで9ドルのTシャツかっても、

タカソーなボックスに入れてくれたりします。



というわけで、

写真はルールにての戦利品。



しっかし、女部長にも先日言われたところでありますが、

こんなええ年して、

ティーンエージャーが着るような服ばっかり買ってていいのか?



さらにハワイですっかり日焼けして真っ黒になっているオレですが、アバクロをいまも普段着によく着ております。





お婆黒と呼ばれないように気をつけましょう」

とこれまた女部長から忠告を受けたばかり。

(うっまいこと言うねーって、そんな感心してていいのかっ?)



確かにルール店内でも自分の存在自体が

かなーり浮いておりました。



完璧に場違い。



試着したくて、10代のリンジー・ローハンみたいな女の子に



「Can I try it ?」



と聞くときはさっすがにおばはん、つらかったであります。

だいだい、店内で物色してるのは、

たいていがティーンエージャー。



店員の男子もキュートこの上ない。

「サイズは大丈夫?」

とささやくように聞いてくれる金髪のイケメンには

「いやああ、マイドーターのなんだけどね」

と聞かれもしない言い訳をダサく言ってたオレ。



買い占めたルールの服は、

どう考えても打ち合わせにも着ていけないシロモノではありませんかっ?



だけど、おいらにとっては、

ルールのテイストはかつて首ったけだった、

アメリカの古着の世界を思い起こさせてくれる

ノスタルジーに満ちているのであります。















8dcmbnkz_sフードの毛皮はもちろんイミ毛であります。























Qwn3q6kd_s

























Ly0nu56z_sRUEHLの前のオレ。なんという違和感!



ハワイではスリフトショップで買った3ドルのこのアッパッパーとベトコンパンツで通しました(恐)













最近の写真