フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月27日 (水)

ジャニーズを超えるか?!

7onqz5gk このブログでも何度かご紹介してきた



カリスマインテリホストの芳晶せいじさんと

仲間のホスト集団が



なんと!超本格的なバンドを結成。



その名もAcQuA−E.P.



そして本日

デビューシングル

「禊」が発売されます。





これがあああ、

なんとも素敵な曲なのよ。

昨日はTVでプロモCFも流れていました。



オリコン1位が目標らしいです。



単なるホストのお遊び、

パフォーマンスと思うなかれ。



せいじさんは先日の記者会見でも

こんなことを言ってました(大意)



「芸能界には元ホストであることを隠してデビューしている歌手も大勢います。



でもこれまでのホスト人生で僕も僕のスタッフも女の子をだましたことなど一回もないし、やましいこともしてきていない。ホストとしてエンターテインメントに徹して、女の子たちに一瞬でも幸せになってもらえるように・・・という思いでやってきました。



だから僕たちは自分の仕事にほんまに誇りを持ってるから

今回もホストであることを全面的に出してデビューする次第です」







最強の裏ホスト集団(とオレが勝手に名づけてる)

ジャニーズを超えるか?!



がんばれ〜せいじさんheart

2006年9月26日 (火)

美肌道ブログ

ただいま、



こんなところにもちょっくら



ブログを書いております。





またお立ち寄りくださいませね。





テーマは美肌道!

ひええええっー



そんなもん、オレに書けるのかっ?



しかし実はオレ、小学校の頃より

母が特別に手に入れた

超高価かつレアなる胎盤エキスcoldsweats02

使っていたこともある、

コスメオタクなガキだったのだ。



そうよ。胎盤エキスに関しては

叶姉妹なんかより、

ずーっと前から使っていたのさ。



京都の舞妓さんが使うっていう

うぐいすの糞にも手を出したこともあったな。

でもこれかなりすべすべになりました。



この年になるまで(っていったいいくつやねん)

そりゃ、もうありとあらゆる

美肌クリーム&グッズに手を出しましたけん。



いわゆるリフトアップのための

たいそうな機械や

ピリピリと低周波が押し寄せる

怪しげなるマシーン。

淡谷のりこが宣伝してる

グッズにも手を出しそうになったこともあるcoldsweats02



でもドゥ・ラメールだけは

おいらには向いてなかったので、

良かったー(高いもんねー)





で、ここ10年ぐらいは

SK�に落ち着いているオレ。



しっかし、あの高さはどうよ?

一式買うと、ヨーロッパ旅行いけるぐらいに

びっくりするようなお値段になるところがつらい。

(よってフルラインは揃えられないって)





しかし、美肌ブログで

試しはじめた

小林製薬のリアルラボ





Mr75aqrq























これ、久々に期待できます。



マジで。



自腹で買いたいって気持ちにさせる久々の

プロダクツであります。



そうなのよ。

知り合いの美容ライターに聞くと

各メーカーから

そりゃ新製品ガンガン送ってきてくれるらしい。



最初はうれしかったけど、

いろいろ試している間に

お肌は逆にボロボロに〜



これも職業病っていや、そうよね。



でもそんな彼女たちが

自腹でも買っていいって思える

プロダクツって

なんだか、すっげー信頼できるよね。





リアルラボはまさにそんな感じ。



その効果のほどは随時また

ルポしていくからねっ。













明日からハワイ

Jwzqqvew





明日からハワイに行ってきまーす。



今回はハワイ島とオアフのみです。



ハワイ島で泊まるのは、

おいらが大好きなフォーシーズンズフアラライ。



ハワイは確か4〜5年前に行ったきりで、

久しぶりです。



上の写真はフアラライのプライベートビーチ。

ロイヤルブルーの海が麗しいのよっ。



オアフではハレクラニに泊まります。

スパの取材も!



オアフっていえば、

怪しい日系人のおじたち(なぜかエナメルの白い靴を履いていて、ベルトがピエールカルダン)

集う焼肉屋さんに行くのも楽しみ。



ニーマン・マーカスもあるし、

この中のレストラン「マリポサ」も行かねば・・



さらにおいらのヒーロー、

ロイ・ヤマグチ氏のレストランにも突撃します。



忙しいのだああ。






2006年9月25日 (月)

伝説のカフェ COVA

5rvubolk



























Vkzzk55c_sCOVAの前でビジネス

トークに講じるイタリア版チョイ悪おやじ。























ミラノでほぼ毎日訪れていたカフェ「COVA」。



滞在していた「フォーシーズンズホテルミラノ」

から歩いて3分の距離。

和定食を食べたあとに

カプチーノを飲みに行ったり、

ここでパンの朝食を食べたりしていました。



なによりカッコいいなーと思ったのは

その客層のセレブ感。



モンテナポレオーネにあるので、

いわゆる観光客も多いのだけど、

地元の人に愛されているっていうか、

ランチ時にはビジネスマンがバールのほうで

ひょいとエスプレッソを飲んでたり、

いわゆる日焼けしたミラノマダムたちが

「今日のわたくしのコーディネートはどうよ?」



っていう迫力ばりばりのファッションで

おしゃべりしていたり、

ピープルウォッチングにはまさに絶好の場所。



しっかし初印象は最悪だったのだ。



というのも午後3時ごろ、お茶しようっと

ふと一人でこの店に入ったオレに

気取りあげたギャルソンが

「ここへ座りな」

と指した席が、最悪。



でおいら、

奥まった窓際の方を指差し、

「あそこはどうかしら?」

と聞くと、

「その奥にしてくれる?OK?」

とまたもや断じてオレが

客が座る席は采配ふるうんだーって

雰囲気で・・・・。



しかもそいつがさした席が

またくらーい感じで、



「だったら、もういいわよ」

ってすたこらさっさと店を後にしたオレ。

(日本人だと思って悪い席にしようという

やつらには、海外でこのような態度で

断固戦っているオレcoldsweats02



でも、やっぱり雰囲気いいし、

も一回チャンスをやろうかって(えっ?)

気持ちで入ると、

今度は同じギャルソンが

「お好きな席にお座りください」

って言うじゃない?



えええええええーっつ

オレの無言の抗議が

ここまで彼の態度を変えたのか。



それにしても

彼が前回「ここへどうぞ」

と指したテーブルもそれほど悪くないってのが

判明して、

こいついいやつやーん。

とすっかり好印象(どっちやねん)





ひええええ、それが、かなりたいそうな

カフェだとは知らなんだ。



昨日友達がなんば高島屋のイタリアンフェアに行ったところ

COVAも出展していて、

彼女もよくミラノに行くので、

「あっ、COVAさん出展されてるんですね・・」



というと、

なんともうすでに東京店

が有楽町に出来てるということではないかっ?



すごいねー。

日本って。



このカフェの歴史は1817年、

ミラノスカラ座の傍らに製菓店として

オープンしたときからはじまるとか。



第2次世界大戦の空襲で

悲しくもスカラ座とともに焼けてしまったが、

2年後の1950年にはモンテナポレオーネに再オープン。



以来、ゴージャスなミラノセレブたちにも愛されてきた

カフェなのだ。



おいらが好きだったのは、

やっぱりCOVA名物ともいえる

ジャンドゥイヤっていう

ヘーゼルナッツを練りこんだチョコレート。



エスプレッソやカプチーノをオーダーすると

一粒ついてきます。

しかし、

お土産に買おうとして、びーっくり。

高いねん。



もしかしたら、いまは東京で買うほうが、

安いかもね。



さらにおいらが最も好きだったのは

シュリンプマヨネーズや

プロシュート、キャビアがつつましく

上品にのっかった

フィンガーサンドイッチ。



ミニミニサイズの

エクレアなんかも

美味しかったです。



もしかして今回のミラノの旅で、

いっちばん全うな味って感じのお店でした。










2006年9月23日 (土)

シャネルのウィンドー@MILANO

Npwnt2ub

























































ミラノはモンテナポレオーネの



シャネルブティックのウィンドーは



なかなかインパクト大でした!



アグリーなのかラブリーなのか



スレスレなところがファッションなのね。







Iglouhj__s














2006年9月17日 (日)

ミラノの日本食

Wkmglecn
海外に行くとなぜか恋しくなる日本食。



その思いはますます激しくなるばかり・・・(年とった証拠か・・)



今回の出張でもミラノではほとんど、日本食レストランに通いつめ。



中でも

ミラノのコーディネーターの方に聞いた

いまおしゃれなブティックや雑貨店などが集まる

話題のガリバリディにある「大阪」は感動でありました。

「ノブ」とはそもそもバリューが違うわー(怒)



写真撮ろうと思うのに、料理が運ばれてくると

あんまりおいしそうで、気がついたら食べていた・・・。

昨日のブログにUPさせたサーモンとキャビも一口食べてから

「あっ写真撮らねば・・」と撮ったんで、

おいらのかじりかけの図になって誠にすいませんです。



で、この「大阪」では黒鯛のかま焼きとかってしぶいメニューもあり、

カンパチのお造りなんてのもあります。

隣りですき焼きなんて食べられた日には、半泣きになります。

においがあまりにも美味しそうで・・。





クリエイティブディレクターのGさんと3回は行ったでしょうか?

Gさんは日本酒をやりながら、

おいらはビールで、もうほとんど日本の居酒屋状態そのまんま

(というか、小料理屋の雰囲気か・・)

とってもなごみました。



ランチで食べたコロッケもバツグンに美味〜。

これまで食べた海外の日本食ではベストかな?



朝は「フォーシーズンズホテルミラノ」で和食のルームサービスを頼みました。

こ、こ、これが・・・

予想に反してかなーり美味しかったのよ。







12wddyqu_s



写真をごらんになれば、

ご飯がイケてないのはわかっていただけると思うけど、

さらにノリは地べたに置き捨て(笑)



しかーし。お味噌汁が秀逸でした。

だいたいNYでもロンドンでもパリでも

お味噌汁はカライ。

それがっ!

ここのはとろろ昆布とかが入って、

もううまいのなんの。

涙出そうになりました。



だが!何より感動したのは焼き鮭である。

日本の塩ジャケとはまーったく違うシロモノですが、

まるで幻の鮭児を思わせる上品な脂の乗り具合で、

もう、ミラノの鮭においら、メロメロです〜。



それにしても麗しきフォーシーズンズミラノの

中庭が見えるお部屋も

お味噌汁の匂いが充満して、

カタナシよねー。



ごめんよーフォーシーズン。















ヒースロー空港でキャビア!

Ewxn7fdc
少し前のブルータスで「世界のどこの空港が魅力的か・・」というような特集をしていて、

海外出張が多い有名人たちにアンケートをとっていました。





パリのシャルル・ド・ゴールが確か1位になってたような・・

2位はロンドンのヒースロー空港だったかな?



ちなみにおいらがこれまで知る空港の中で、

いっちばん好きなのは、

ハワイのカウアイ島カフルイ空港であります。



いやあ、もう機能性はゼロに等しく、ほったて小屋そのもの。

アロハエアから降りると、突如変わる、ゆるーい空気感。

遊びながら仕事してるようなストレスゼロ状況のロコの空港職員。



ほんまに自分の荷物は出てくるのか・と

心配になるショボイ、バゲージクレーム。



そういうカウアイ島のなんともいえず、いなたーいムードが

思いっきり、旅心を掻き立ててくれるんですわ。



ビジネスマ満艦飾のNYのJFKやラガーディア空港、

エルメスショップが充実しているパリのド・ゴール空港、

ボストンのローガン空港、ラウンジがデカいデトロイト・・・などなど

先進系バリバリなエアポートもなかなかいいですが・・・





で、カウアイ島の次にオレが好きなのは

ロンドンのヒースロー。

BAのラウンジでイングリッシュティーとスコーンとか

食べてモルトンブラウンのスパとかのぞきながら

時間を過ごします。



すると

「イスタンブール○○便はただいまより搭乗をはじめます」(ってもちろん英語だけど)

なんてアナウンスを聞くと、

思いっきり旅情を掻き立てられるしね。



でも何よりヒースローが好きな理由は

CAVIAR HOUSEがあることです。

といっても、人通りの激しい免税店が集まる付近に

しつらえられたカウターのみの店。



しっかしここのカウンターはキャビア天国よ。

オレが大好きなのは上の写真のサーモンのキャビア乗せ。



あったかいそば粉のクレープにサワークリーム、

その上にスモークサーモン、そしててっぺんには

ベルーガキャビアが15グラム!という豪華版。



でもお値段は4000円と非常にリーズナブルです。

たぶん、ロンドン市内のレストランでこんなの食べたらその倍はしそうです。

(少なくともミラノで食べたNOBUのタラの西京漬けよりはずっとお得)



これにブリュットのシャンパンを合わせば、

旅の疲れも一気に癒される。



しっかしこのキャビアハウスのカウンターはまったく

穴どれないといか、

すっげーファイナンシャル系リッチおやじがたったひとりで

やってきて、

持参のPCで株価をチェックしながら、

2万円ぐらいのキャビア(最高級のね)の缶詰と

シャンパンボトルを注文していたりすることです。



英国のエグゼクティグ@キャビアハウスで打ち合わせの図・・という場面にも

良く遭遇いたします。

オイスター6個にスモークサーモン、

そして白ワインボトルで・・って感じで

なにやら難しげなお話をしていて・・。



さらに美しいゲイのカップルとか

日本の旅行者のおばさまとか、

とってもインターナショナルで

ピープルウォッチングにももってこい。



そうそう帰りはおいらの大好きなシャンパン、

ローランペリエのロゼの季節限定カン入りを買いました。







Pz1syvkd_sいつ飲もうかなーと楽しみっす。

2006年9月15日 (金)

ロンドンのエルメスで欲望炸裂!

Aleacwcs
ロンドンのエルメスショップは

おいらが泊まっていたフォーシーズンズホテルロンドンから

歩いて6〜7分って距離。



大好きなOLD BOND STREETにあります。



何気に入ると、

ひええええええええええっ

おいらが気になってたリザードのベアン(長財布)

があるではないですかあああ。

しかも大好きなライトブラウンよ。



さっそく若き日のアリー・マクグローみたいな

辛口の店員さんに

「このリザードのお財布見せていただけますのことか?」

と重々しくいう(軽々しく言ったらあかんねん。なんでや?)





目の前でみたリザードは

おおお、上品なるライトブラウンでつやつやに光り輝いています。

ほ、ほ、ほしい。

ぜーったいほしい。

「あのーおいくらでありますか?」

と冷静を装い聞いたところ、

あーた、1050ポンドよ。

またもやポンドの野郎が現在為替マーケットで

ひとり暴走しており、

1ポンド225円見当。



ってことはやね、

約24万円やーん。



お財布に24万円はなんぼなんでも無体っすよね。

というわけで、あきらめる・・・。



と隣りのガラスケースに

ものすごいブツをハッケーン。



後光が差すほどの(いや差していた)

ブラッククロコの30センチバーキンよ。

す、す、素敵っ。



さらに!

留め金を見ると、メレダイヤがプラネタリウム並みに輝いておる。



どえらい逸品です。

一応お値段聞いてみました。



すると・・・8500ポンドって言うではないですか?

日本円にして・・・約190万円。

えええええええっ。

高いけど、クロコでダイヤ入りにしてはめちゃ安いやーん。



なにせ、心斎橋あたりのブランドショップでは

ごくフツーのバーキンが140万ぐらいで売られてますからね。



こういう希少価値のクロコ&ダイヤっという

ダブルステイタスバーキンを

狙っている日本のマダムも多いはず。



ってことはオレが190万で購入

       ↓

日本に帰ってマダム連中に見せる

       ↓

マダム欲しがる「おいくらでもいいわっ」

       ↓

言い値の500万で即購入

       ↓

オレ、一気に310万円の儲け



このような想像が一気にふくらみ、

もはやクロコバーキン買う気満々。



そうだわ。これからまださらに免税されること忘れてたわ。

もっと儲かるやーん。ウフォウフォ。

正確な免税額を聞かねば。



「で、タックスはどれぐらいもどってくるのかしらん?」

「8000ポンドぐらいかしら?」



ええええっー8500ポンドの商品買って、

8000ポンドも返ってくるんかい?

そんなおいしい話が世の中にあるなんて。



さすが我らがロンドンのエルメスやん、と思ったのは

もちろん100分の1秒ぐらいで、

何かおかしいと気づいたオレは

念のため、もう一度お値段を聞いてみました。



と・・・・・・・85000ポンドだってよ。

もはやこれだけ0が増えると、計算さえできません。

なにやらどえらい金額であることは確かなんで、

とりあえず、考える・・といってエルメスショップを後にしたオレ。



あとで計算すると

イッセンキュウヒャクマン円でしたわー。

あほらし。



というわけで、

ムカついたオレは

今度はハロッズに突入。

と、以前からちょっと欲しかったブルージーン×シルバー85センチの

ベルトを発見。



クロコ&ダイヤのバーキンに比べたら、

ちょっと安いけどさー、

買っときました。



ふんっ!



覚えてろよ。クロコダイヤのバーキン!

2006年9月14日 (木)

ミラノで唯一のお買い物は・・・

Ky5onp3g


ミラノ→ロンドン経由で帰国いたしましたあああ。



おいらがミラノにいるとき、ユーロが対円でほぼ市場最高値を記録。

1ユーロ=150円ですから。どついたろかーであります。



よってお買い物する気は一気にうせ(最初からお金なかったし・・買うつもりはなかったが)

ZARAとかでしょぼくTシャツをかあさってました。



し、し、しかし!

ガッレリアのプラダ本店にて、

おいら好みのファーバッグをはっけーん。



いやあ、ものすごいほしいわ。

でも、ユーロのやつなんかに媚売るわけにいかんので

きびすを返して、ミラノスカラ座のギフトショップへ。



ここでとっても素敵なトートバッグを発見。

でも、やっぱり買わなかった・・・。



とはいうものの、

帰国前日になって、なんだかおいら、悲しくなってきました。

せっかくミラノに来たんだから、

なんか記念になるもの買うべきよねーって。

まあ、誕生日も迎えたことだし、

この際、いっとこかーというわけで、

写真のプラダのバッグを買ってしまいました。



なんだかすでにムートンの革にペンキがついてるように

汚れて見えるのは、一応わざとよっ。



バッグの内部は羊のモコモコ毛がついてます。

周囲を縁取ってるのはフォックスであります。



一応アメリカのニーマンマーカスのサイトで調べたら、

ユーロ高いとはいえ、日本円にして5万円ほど安かったです。



それにしてもいったいいつ持つねん?

このバッグ・・・・

2006年9月10日 (日)

ロンドンでヒュー・グラントに遭遇

ミラノからロンドンに戻ってきました。



今日はロンドンはプロムで、さきほど華やかに花火が打ち上げられてたわ。

しかしおいらは悲しくも、ロンドンで原稿書きよ。



さて、今日お昼に

世界中のロケ地に熟知した

カリスマロケーションコーディネーターとランチをかねて

おいらの大好きなレストランに行くと・・・



な、な、なんとそこにヒュー・グラントがやって来たのよ!



しかも座ったのはおいらのすぐ後ろのテーブル。

一緒にいたのは、おじいちゃまとおぼしきジェントルマンと

めちゃくちゃスタイルのいいレディの3人。



ヒューって確か結婚してたっけ?

しかし、彼女ワイフの雰囲気はなかったが、それは定かじゃない。





にしても、おヒュー様。なんというかそのカッコウは

例によって、ブルーのシャツなんてさりげなく着ていたのですが



シャツがちゃんとチノパンツにはさまってなくて、

おへそあたりの箇所で素肌がちらりと見え、



これまたパンツのジッパーも上部のみ若干ゆる〜く

開いていそう・・・・・ってほど

超だらしないカッコウだったのよ。



ま、顔はあのまま。

いや、かなり目尻のしわが増え、ブリジョンのときより

老けてた印象。

それなりにカッコは良かったけど、

一緒にいたコーディネーターは

「あまりにもオーラがないではないか!」

とびっくりしてました。



それにしても、イギリスってけっこう大スターでも

ヒュー様のように一般の人と同じように生活することに

こだわるみたいね。





ほんとに普通の人と同じように

楽しそうに食事してました。



お客はほとんどが気づいていたけど、

握手を求めに行ったのはアラブ系の勇気ある若者ひとりのみ。



みんな見て見ぬ振りしてました。





そういえば、ミラノではあの、アルマーニにも遭遇。

夕方、ガリバリデの日本食レストランに行くとき、

アルマーニビルの前の横断歩道を

ゆーっくり歩いてました。



このとき乗ったタクシーのドライバーは若い女性だったんだけど、彼女とふたりで

「ああああ、アルマーニだ!」

と言いながら、ガラス窓越しに凝視したら、

メンチ切られましたcoldsweats02



あの雑誌で見る顔と同じ(当たり前か)

日焼けして、トレードマークの黒のTシャツに

グレーのパンツというシンプルなファッションだったわ。



ちなみにヒュー・グラントと遭遇したカフェ&レストランは

リッツの隣りにある

THE WOLSELEY





ケイト・モスやステラ・マッカートニー、ジョン・ガリアーノなどロンドン在住のセレブたちが大好きなレストランのひとつ。



朝食から昼食、アフタヌーンティ、ディナーと楽しめます。



お値段もロンドンにしてはとっても良心的だし、味も美味しい。



ロンドンで打ち合わせというとここが多いです。

おいらが好きなのは

蒸し海老やオイスターなど海鮮もの。



ロンドンに行く人、一度いってみてね。

お茶だけでも楽しめます。

最近の写真