フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

今年の誕生日はロンドンで

_jn5avrl













































































B7hphsct ※ホテルのインドアプール。泳ご。









今回のミラノ出張はわけあって、

ロンドン経由となっております。





みなさんお変わりありませんかっ?

って出発したのは昨日だろーcoldsweats02





今回の海外出張では仕方なく、PCを持参しております。



それはなぜかsign01



29日午後10時過ぎ、我ら阪神地区を襲った

とんでもなく強烈な雷のせいよっangry




オレの山の家の周辺、



停電



豪雨。



子供の頃からいままで生きてきて、

あれほど烈しい雷雨ってのは自分史上2回目ぐらいでしょうか?



ほぼ復旧の見込みなく、真っ暗闇のなか絶望。



防災グッズなんてものは一切用意していなかったオレは、

翌日からの旅をひかえて、しばし



ぼーぜんっ



ほとんど用意もしてなかったのよ。



さらに原稿何箇所か送るところもあり、

パソコンはもちろん消えておるcoldsweats02





まさに悪夢。最悪の悪夢。



関西電力なんて何度電話しても繋がらないし。



・・・真っ暗闇のなか、おいら、つくづく

電気のある幸せをかみ締めておりましたshock





で、3時間後にようやく灯かりが・・・

おーよかった・・・という喜びもつかのま、

ネ、ネ、ネットが繋がりませーん。



ひええええええ。

クソ雷のせいで、モデムが焼け焦げたのね。



というわけで、夜中3時頃までかかって旅の準備をし、

仕方なく、パソコンを持参したオレであった。



だが、まだヨーロッパで使ったことないし。

アメリカでは問題ないと聞くが、

ヨーロッパではデータが消えたとか、

恐ろしいことを聞いてたし・・・・





が!昨日、夕方、ロンドンの

フォーシーズンズホテルカナリーワーフにチェックイン後、

試したところ、

意外や意外、メールもネットもアクセス可能よっ。



こんなにも簡単なものだったのね。





しかしアメリカと違って、ここイギリスでは

ネット使用料、一日15ポンド。

せちがらいねー。





というわけで、ミラノに着いたら、

またブログアップしますけん。



コメントくださってるみなさん、

またお返事するわねっ。





上の写真は現在オレが泊っている

Fourseasons Canary Wharf





いまやロンドンではCITIの次に

デカいビジネスディスクトリクトとして

活況を呈しております。



昨晩はミーティングをかねて、

お隣のビルにある、

NOBUの姉妹店、UBON(うどんやないよ。

NOBUを逆にした店名)へ。



全面ガラス張りのおっしゃれな店内からは

テムズとロンドン市内の夜景が見えて、

きれいでした。



エグゼクティブビジネスマンたちらで、

満席。

景気いいねー。ロンドン。

みなさん、70ポンド(約16000円)

の松久さんのおまかせを注文してはりました。



ソフトシェルクラブのスシロールが

うまかったー。



ではまたミラノからねheart



現地時刻8月31日午前8時25分。

本日誕生日を迎えるオレ。





たったひとりロンドンのカナリーワーフにて

いまからルームサービスで、

Japanese breakfastよっsmile






2006年8月29日 (火)

日本のリゾート

Rsdewmms
時間ができるといつも行きたくなるのは

淡路島の「ウエスティンホテル淡路」

全室オーシャンビュー、全室ヘブンリーベッド。



総支配人の牛尾さんはじめ、スタッフは

海外仕込のホスピタリティながら、温かく、

おいら、かなり気に入っております。



お部屋から見える海もおだやかで、

ひそかに日本のプロヴァンスと思っているオレ。



でも、ここで何よりすごいのは

グルメの間でもうわさの

ファインダイニング「コッコラーレ」のお料理。



グランシェフ、津田義治さんのスペシャリテは

パリの3ツ星を食べ歩いた食通からも

絶賛されてます。



素材は地元東浦の契約農家から届く

アスパラやトマト、かぶら、パセリやにんにくの花など

これまで見たことのない小さな野菜たち(早取り)で、

大地の恵みを実感できます。



さらに淡路牛、黒鮑(ひえええ)、

岩屋の天然大車えび(恍惚にして惑乱の味わい)



まいったか?!

ニッポンの美しきリゾートであります。















Ycn7dpxx_s上の写真は津田シェフの真骨頂ともいうべき、前菜。地元岩屋の大車海老の上には淡路由良のウニよ!



このカクテルに入ってるのは、あわび満載のジュレ。

倒れます。



















6ik_zoxv_s淡路牛のスネを煮込んでコンソメにしたこちらの一皿もヘブン





























Ykkrqd_c_sとにかく繊細にして大胆。

素材の良さとテクニックで陶然とする美味しさ。



















Sr8docoo シェフの津田さんと。男前です。



























Amtjgmau_s魅惑のディナーのあと、エズゼクティブスイートでくつろぐオレ。

ああ、天国。やっぱり日本のリゾート、最高です!

フェラーリレンタルのお値段

Jsulp8dd






くーっ。



明後日からのミラノロケの準備で

いまだPC画面に張り付き、

ミラノのモデルエージェンシーなどとメール交換中。



イタリアもようやく長いバケーションを終え、

みなさんお仕事に復帰された模様。



しかし、それにしても、

まったくもって、

イタリア人ってほーんとバケーション長いなangry



8月はまるまる1ヶ月お休みなんてところも少なくないらしいっす。





ところで、今回の撮影で、

フェラ−リかイタリアンクラシックカー

のいずれかをファッション写真の小道具にってことで

あちこちレンタル先を探しておりました。



コーディネーターにもあたりましたが、

結局きちんと写真つきリストで送ってきてくれたのは、

フォーシーズンズホテルミラノ。



それにしても1日のレンタル料ドライバー込みで

(きっと実際運転するって人はあまりいないのね)

3600ユーロよっ。



1ユーロ150円として54万円か、意外と安いな(えっ)

マセラッティも同額でした。





それにしても、撮影にはこのような小道具が

よく必要になりますが、

ロンドン在住のコーディエンーターYさんに

聞くところによると、

チンパンジーレンタルなんてこともあったそうな。



もちろん生きてるチンパン君よ。

確かお値段8時間で100万円とかってcoldsweats02



さらに契約書には人間のモデルと同じように

一日7時間の労働で1時間のお昼休憩を取らせること!

ってのがあったらしいよ。



しかしチンパン君は銀行口座もないだろうし、

その100万円はどこいくんだろうね。



バナナ一生分っていったってタカが知れてるもんなcoldsweats02

2006年8月28日 (月)

LAのカニ天国

5zj4qgex
世界中のセレブが集まるビバリーヒルズには

ハリーウィンストンのダイヤのように

麗しいレストレランが集い、

そこにこれまたハロゲン10000発(@バッキー井上)のごとき、光り輝く美男美女が集まっております。



し、し、しかし、そんなところでいただく、ご飯より、

おいらが好きなのは、

レドンドビーチにある、

写真のカニ天国エリア「クオリティシーフード」



ようは、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフのような場所ですが、

サンフランと決定的に違うのは、

観光客向けではなく、完全地元密着型ってところ。



特に多いのがヒスパニックな人々。

メキシコ系の人たちで朝からごった返してるここは、

セレブエリアとは対極にあるところですが、

実質は、すごいよっ。





水槽に泳ぐ、チェリーストーンってカニを食べるのが、

おいらの毎回の楽しみ。

デカくて甘さそうなやつを選んで、

グラムを測ってもらって、蒸すこと約20分。





Rarlhmg4 元気で暴れてる、デカいカニを選ぶのがコツ



















湯気を立てるカニさまを青空のもと、

いただく気分はサイコーであります。



テーブルクロスは新聞coldsweats02

以前は衛星版日経新聞や朝日があって、

食べながら読むのが楽しみだったけど、

なぜか、今年4月に行ったときは、

韓国の新聞に変わってました。



土日になると、早朝よりメキシコ人たちが大勢押し寄せ、

中にはたったひとり、カニ2杯をテーブルにのせ、

黙々と食べている人もいます。



カニを蒸している間、おいらが頼むのは

オイスターやあさり、生ウニ。







Uw5ddqxv あさり蒸しもやたらとうまいっす。





ビールなども売られていますが、

ワインやシャンパンを持参するのがよし。











SPAGOやPATINA、

ヴァレンチノや松久なーんて言ってても

おいらが好きなのは、

こういう気楽で実のある料理さ。



2006年8月27日 (日)

リンカーンにアップグレード!

Ayrbg5ts
アメリカの旅ではいつもレンタカーをしております。



よく使うのはHERTSレンタカー。

割引が効くのよ、車も新しいものが多く数もダントツ。



いつもお願いしているのは

フルサイズの4ドア。

アメリカのレンタカー料金は、

日本に比べるとかなーりお安いです。



たとえば1週間借りても400ドルぐらい。

コンパクトカーだともっとリーズナブル。



で、今回のLAの旅でもハーツレンタカーに予約をしておりましたが、

なぜか用意されていたのは、

写真の大型車リンカーンよっ。

フルサイズの車種がなくなって、

アップグレードされた模様。



ラッキー。

さらに超新車。



シートは上品なベージュの革張りで、

最新機能搭載。

カーナビも電話も完備。



後部座席に乗れば、社長さん気分。



それにしても、LAのハイウェイは

かなりのツワモノでもこわいのではないでしょうか?

とにかく車が多くて、

ビュンビュン飛ばしている。

いつ入ればいいのか、いつ出ればいいのか、

世界最高峰の縄跳び「お入り」選手権に参加している

気分にさせられる。



私の友人の女子M子は、 ご主人の転勤に伴い、

ロスのトーランスに暮らすことになったけど、

車がないと生活が成り立たないってことで、

ペイパードライバーから一念発起して、

現役ドライバーに復帰。



しかしハイウェイだけは怖くてなかなか

乗れなかったって。

何度も何度も降りるべきところで

降りそこなって、

グルグルグルグル、ハイウェイも何時間も

走り回っていたわーと泣いていた。



この話を思い出すたび、

LAの虚無的な若者たちの生態を描いて、

絶賛された小説、

「レスザンゼロ」(ゼロ以下、ようは価値なしって意味)

の冒頭のこの文章がよみがえります。





「LAのハイウェイは合流するのがこわいよね。」





車も人も、合流するときはご用心(えっ)





下の写真は、

サンタバーバラのフォーシーズンズホテルのベルマンとオレ。

バレットパーキングでお世話になりました。





Fr6owkhx_sエミネム似。しかし性格は悪童エミネムと違ってとても温和でした。

2006年8月23日 (水)

英国カントリーサイドの休日

Ojeu4rlu 私の大好きなロンドン郊外のチュートングレン



ヤコブスイート。



早朝、ベッドからテラスに出ると、

広大なイングリッシュガーデンに

霧がたちこめ、とっても雰囲気があります。



これぞ、眺めのいい部屋。



最後の写真は

まだまだ続く恐怖写真館ってかcoldsweats02





























_ooqbfeg_s























Uwz7hosk_s





















U09t_rwz_s





























Tiblewzi_s



J2ggqqsi_s

































Mvelqdy3














2006年8月22日 (火)

NYよりソファが到着!

Eve9fk9e 先週土曜に、



ポッタリー・バーン



のNY,SOHO店より

写真のマンハッタンスタジオソファと、

アームチェア&オットマンが到着しました!



いやああ、

これ日本に送るの(いわゆる個人輸入ってやつ)

むちゃくちゃ大変でした。



NYのあつこにヘルプしてもらったけど、

梱包から船の輸送、通関手続きも

全部おいらがしたのさ。



ちなみに

LAから船のシッピング料金が約7万円。



日本サイドでの受け入れ(通関や荷物検査)

に14万円もかかって、

輸送料だけで、くーっ20万もかかってしまったわよ。



しかし、どうしてもポッタリーのこのソファが

ほしかったのよね。



で、いま暖炉の部屋に鎮座するこいつ、

めちゃ威風堂々とはしてるのですが、



難点は

非常に革くさいってことでありますcoldsweats02

想定範囲外だったわねangry





Zokgrt_t


LAのPATINA

0lso5ke3

























































本日も恐怖の写真館行くわよ。

上の写真は、ロスで最も人気のレストランのひとつ

PATINA(パティーナ)でくつろぐオレ。







パティーナはSPAGO(スパーゴ)と双璧をなす

カリフォルニアの2大巨頭レストラン。

シェフのJoachim   Splochalは

LAのアラン・ディカスとも称される才能の持ち主で、

いまやLA だけでなくNAPA などカリフォルニア全域で

展開しているダイニンググループ。ケータリングとかでも儲かって、

ビバリーヒルズの邸宅にお住まいよっ。



スパーゴのシェフ、ウルフギャング・パックはアカデミー賞の公式シェフ。

パティーナのジョワシムはエミー賞の公式シェフ。



パティーナはかつてはメルローズの隠れ家的な場所にあり、

スノッブな雰囲気が好きでしたが、

ダウンタウンのウォルトディズニーミュージックセンターに移動して、

ちょっとモダンに、デカくなって、かつての

ヒップでアトホームな雰囲気はなくなってたな。





仔牛のリドヴォーやフォアグラはやっぱりおいしかったわ。

しかし、席について、シャンパンを飲んでいると、

なにやらワゴンをのせてやってくる。

それはキャビアよ!

ベルーガ、セブルーガなどお気に召すまま。

ーって、小さじいっぱいで驚くべきお値段ですからっ!



8bs53ync_s





もちろんわたしたちはご辞退申し上げましたが、

隣りのテーブルのチョイ悪おやじとカリフォルニア版ニキータのカップルは

しっかし注文しておりました。



ちなみにこのウォルトディズニーミュージックセンターは

オレが大好きな劇場。

かつて「美女と野獣」をブロードウェイのオリジナルキャストで

3回ほど見た記憶があります。



しかし周囲はダウンタウンならではの怪しげな雰囲気がたちこめていて、

レンタカーを止めるのも

車盗まれないかと心配しましたけん。





下の写真は、ミュージックセンター看板の前のオレ。

この時期、SWAN LAKE やってました。





Guvo2slj

2006年8月21日 (月)

リッツカールトンラグナニゲル

Jw4flqwt リッツカールトンのラグナニゲルです。



決してスノッブなホテルじゃないけど、

ラグナニゲルのコーストが最高にきれい。



写真はオーシャンフロントの部屋(インテリアはいまいち)

でもベッドルームのドアを開ければそこは、海!



朝焼けや夕焼けがとってもきれいで、

ゲストルームからお庭へと出れるのが魅力。



Ykdxbumn_sBARの早朝のコーヒーサービス。毎日行ってましたcoldsweats02



























T4otibmf





























































マノロの靴だけどジーンズがショボイっ。だんだん、顔疲れてますわ







S44bsfew_sRitz Carlton Laguna Niguel




































2006年8月20日 (日)

リージェントビバリーウィルシャー

Fdp1gda8 ジュラ紀のPCから

15.4インチのニューパソコンに変えました。



というわけで、

いままで取り込めなかった旅の写真も

おいおいUPして行くわ。









まずは今年4月に行った、

やっぱり心騒ぐ、

LAのビバリーヒルズ。



プリティウーマンのあのホテルのロビーにたたずむオレ。



そして、ロデオドライブで

お買いものの途中のオレ。

(って何も買わなかったけどさ)



バーニーズのジョンマローン売り場には

バラの聖なる香りがたちこめておったです。



それにしても、

ビバリーヒルズでも

いつもこの迷彩カーゴ。

ベトコンファッションってどうよcoldsweats02



Hgdnxh44_s































M5kza0fz

























The Regent Bevery Wilshier

最近の写真