フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月21日 (金)

一億、欲しいか!

Ulxo3w8b はじめは、ホストの世界を、



かなーり誤解していたと思います。



彼らを取材するまで、とにかくホストって、



甘い言葉で女心を弄んで、お金を巻き上げる悪者・・なんだと。



実際、そういう輩もいるしー。



この前御用になった阪大生とか。



脱税したカリスマホストとか。



しかし!いま最も話題のホスト、芳晶せいじさんに



会って、その著書を読み、彼の哲学を知るごとに、



ホストというわたしの中でのわるーいイメージが、



どんどんクリーンなイメージに変わっていった。



その本とはいまめちゃ売れている「一億 欲しいか!」。



4月はじめに出版されて、すでに増刷も決定し、



ベストセラーまであと少し



というすごい売れ行きらしい。





せいじさんはとても真面目だし、健康的だし、



お酒は一滴も飲まない。



だから16歳でこの世界に入ったときも、



お酒以外で勝負しようとトークを猛烈に勉強。



親兄弟を養うためにこの世界に入った彼は、



高校生をしながらホストを務め、



一日110円の食費でお金をためた。



19歳で独立して、現在クラブアクアの前身となる店を



20歳のときに立ち上げ、経営者に。



なんと、24歳の誕生日には売上げ1億円を達成。



すっげー。



しかし、その売上げが強盗にあった。



しかも、その犯人はクラブアクアの仲間という悲劇・・。



この本は、そんなお金にまつわる話から、



彼の生い立ち、お母さんのこと、兄弟のこと、



アクアの仲間のこと、動物のことなどが



とても正直な言葉で綴られている。





しかし、



「もう金で買えるもんは、一通り手に入れてしまったから、

最近では物欲がほとんどない」
と言うせいじさん。



自家用ジェットはいまんところ、必要ないから買わないとか。



一度でいいから、言うてみたいわーcoldsweats02



そんな彼がいちばん欲しいのは「笑い」と「笑いのネタ」



だそう。



<>「オレはいつだって、女の子を心の底から笑わせてやろうと

すごく思ってる。だからアクアは笑いに力を入れとんねん」
>

と言う。



そして女の子は心から笑えることで、



いい女性ホルモンがどんどん出て顔がピカピカに



輝くのだと・・・。



なので、目下のところせいじさんのライバルは、



他のホストクラブではなく、



女の子をきれいにする美容業界が本当のせいじさんのライバル。



<>「エステサロンは美容液やら、フェイシャルマシーンやらを

使って女の子をきれいにするけど、オレは笑い一本で

女の子をきれいにしたる。オレは笑い一本で勝負しとんのや!」


そういうせいじさんだけど、



わたしは笑いの他にも彼の思いやりこそが、



一億稼ぐ秘訣だと思っている。



彼のブログ、芳晶せいじのうぶ毛の時間



にはせいじさんがいま飼っているいろんな珍しい動物が



写真とともに、紹介されているけれど、



その仲間の一匹、タコという猫は右の前脚が一本ない。



子猫のときに誰かに脚を切られて血を流しているタコを



見つけて、家に持ち帰り、病院に行き手当てをした。



それからずっとずっとせいじさんの家で愛情一杯に



育てられている。



タコという名前の由来は、せめて名前だけでも



脚がたくさんあるように・・と願ってせいじんがつけた名前。





タイトルからして、一見、ホリエモンの100億稼ぐ術・・



みたいな、ノウハウものかとおもいきや、



これはせいじさんの愛についての物語りだとわたしは思う。





〜芳晶せいじの華麗なな成り上がり人生〜

一億 欲しいか!



辰巳出版1400円+税

















2006年4月20日 (木)

ええかげんにせいっ!

わたくし、久々に昨日はブチ切れました。



日頃は温厚なオレ(ほんまか)ですが、

無礼な態度、物事の通りがわかってないやつには、

怒ります(って自分のことじゃないのか?)



ある日、某雑誌の編集者さんから、

わたしのコメントを取りたいので、

担当のライターさんから電話があるから

よろしく・・と連絡がありました。



それから約3週間はたってるのにナシのツブテ。

こっちも忙しいし、すっかりその件は忘れていたところ、

編集者さんからメールが入りました。



担当のライターさんが何度も松澤さんの携帯に

電話したそうですが、

まったく繋がらないので、

松澤さんからライターさんにかけていただけますか?







は?はあ〜?

そんな電話、一回も受けてないよ。

携帯って電話番号が表示されますよね。

念のため調査しましたが、記録なし。



ようは、そのライターが締め切りに遅れそうになって、

うその言い訳をしたと予想されます。



ま、そこまでは許そう。

わたしだって、原稿の取立て(借金のようねーよく考えたら)

の電話をもらったら、たとえ一行も書いてなくても

「最後の一行だけが、出てこないのよねー」と大嘘をかます。

(ここに告白した以上、もう、この手はつかえんな)



しかしわたしが、はあ?と思ったのは、

わたしから電話をするように!そのライターが編集者に伝言した点である。

おまえ、誰にモノ言うてンねん?である。

(いえいえ、そういう話ではなかったな)



コメントを取りたい側がコメントをもらう側に

電話をよこせ!って失礼すぎませんか?

もし、何度かわたしの携帯に電話をもらっていれば、

折り返しかけ直すという、マナーはわたしも持ち合わせてます。



でも、コメント取りたいなら、

ライターからかけるべきです。



少なくとも、わたしのライター人生で、

そんな高飛車な仕事をしたことは一回もない(ほんまか?)



ま、そんなものかなー、最近の若いライターは・・と

思っておった。

とりあえず、一回も電話もらった形跡はないよ〜と、

編集者さんに告げると、

「やっぱりねーそうだったんですね」と

言いながら、そのライターの名前を言った。

えっ?彼女なん?

面識ある人で、かなりのベテランです。



そうかそうか。知ってる人やん。

まあ、許そう。

ってわけで、とりあえず、そのライターにわたしの方まで、

電話してもらう時間帯なども編集者につげたところ、

結局なしのツブテ。

今朝、編集者が半泣きで

「もう今日締め切りなので、わたしが書きます。彼女と連絡つかないんです。コメントくださいますか?」



というではないですか?



もう、頭にきましたね。

何なん?そいつ。

よっぽど直接電話して、

「ええかげんにせええ!いちから出直せ」と言おうかと思ったけど、

時間もエネルギーももったいないので、やめました。

(わたしも言われそうやし・・・shock



で、そのあと、別のベテラン編集者と

電話で話していたとき、そいつの話題になりました。

「あいつ、ライター以前に人生修行せなあかんやん」

と私が言うと、

なんと彼女は、そのライターと何度か仕事をして、

締め切りに遅れるわ。連絡つかないわで、

あまりにも腹が立ったので、

「わたしなー、ほんまに頭にきて、

あいつの胸ぐらつかんで、窓ガラスに顔押しつけたったことが

あるねん。しかも2度ほど・・・」



と言うではないですかあああああcoldsweats02



ひええええええー。

そいつは常習犯だったのね。

でも、よく今までそんないい加減なやり方で

この世界で生きてこれたわねー。

それこそ、感心します。



し、し、しかし・・。

女が女の胸ぐらをつかんで、窓ガラスに顔をおしつけるって、

ちょ、ちょ、ちょっと凄くないですか?

いえ、その胸ぐらつかんだ、彼女のこと

大好きになったけど!



そういえば、同じライター仲間の女性同士が

ケンカして、髪の毛の引っ張り合いをし、

どえらいことになってたーというのも

聞いたことがあります。



まるで大奥、このギョーカイcoldsweats02coldsweats02













2006年4月18日 (火)

蓋をしておきたいこと

今日は、ホストの帝王芳晶せいじさんが

出版された「一億、欲しいか!」の本について、

あれこれ、書きたいと思ってたんだけど、



芳晶せいじの「うぶ毛の時間」を見たら、

4月17日のブログの内容があまりにも

ショーゲキ的で、なんだか立ち眩みしそうになりました。



いつもはせいじさんの楽しいペットの写真とユニークな語りが

中心だったけど、今日のは違いました。



せいじさんはお母さんが子宮癌になってしまわれたことから、

彼のブログを読むすべての女性に向けて、



「女性癌の恐さと早期発見の大切さを伝えたかったんや。

このブログを見た人は、

家族や友達を誘ってみんなで癌検診に行け。」



と伝えている。



癌検診を受けられる主要医療機関まで紹介してくれています。



実はわたしも恐くて、長い間検診に行ってません。



癌ということばを聞くのも、読むのもなんだか恐い。



でも、せいじさんのこのブログを読んで

はじめて、本気で、真剣に、

がん検診に行こうと思いました。







2006年4月16日 (日)

ハナコアラ当選!

E0kygs1h きゃああああ



ハナコアラのぬいぐるみをゲットしました!



自動車保険そんぼ24のCMでおなじみのあいつらです。



見っ直そう♪見直そう♪とふにゃふにゃダンスを



踊るコアラたち。



と、突如、ビジネスライクな顔つきになって、



鼻からパカっと携帯を取り出し、「ああ、もしもし〜」



とやるあの、CM,ご存知よねー。



で、わたくし知り合いにそんぽ24の自動車保険入って!



と懇願し、見事ハナコアラのぬいぐるみを抽選にてゲット!



いやあ、クジ引きだの、宝くじなどはとんと縁のない



おいらでありますが、



今日はうれしいなー。





ローラアシュレイのイスにチョコンと座るハナコアラ。



リビングの窓際の特等席に座らせてやりました!



ちなみに、あのCMソングは



「見直しマンボ」というタイトルでCD化もされてるそうよ!



すっげータイトルですね〜。



yahooのオークションでは、別のぬいぐるみでしたが、



なんと!9500円になっておりました。



ハナコアラ人気じわじわ上昇中lovely












寅さん

89n2f3rt 昨日、BSで男はつらいよシリーズ

第一作目が上映されていて、

思わず見てしまった!

そんなヒマはないのによーshock



この作品はNHKのアンケート調査で

見事1位に輝いた国民的映画の男はつらいよの第一作目。



子供の頃からずっと、寅さん作品を心待ちにしながら、

父とふたりで映画館にいつも行ってたおいら。







写真は第一作のものではないけど、

この第一作目(正式にはこれで完結だったらしい)

は見ていなかったのだ。



なんと!さくらもまだ結婚していないし、

隣りの町工場の勤労青年ひろし扮する前田吟も当時25歳で、

これが、若くて、なかなかいい男。



さらに、ひろしの父親役で志村喬も登場という豪華版。

ひろしのお父さんって、大学教授だったのねー。

それもはじめて知りました。



それにしても、やっぱり男はつらいよ〜は最高であります。



ひとりでTVみながら、声あげて笑ったわ。

そして笑って笑って、泣いて、また笑って・・。



寅さんって、本来は家族の厄介者。

こんなアニキがいるばかりにさくらはお見合いも

だめになるし、迷惑このうえない。



でも、憎めない。寅さんは落ちこぼれだけど、

サラ金で借金したり、覚せい剤したりという

ダークサイドに生きる人間じゃない。

アウトサイダーだけど、そこに誇りがある。



寅さんシリーズは我らが日本人の心に生きる、

永遠の名作だけど、

山田洋二監督がいちばん言いたかったのは、

「人生、深刻に考えすぎたらあかん。」

ということだったんじゃないかなーとふと思った。



悩んでも失恋しても、厄介者扱いされても、

寅さんはいつも身軽にどこへでも旅に出る。

重い荷物は金輪際持たない主義。

お気楽を絵に書いたような人。

結婚もしない。

誰も縛らず、誰からも縛られない。



最高の生き方だねー。



寅さんを見てる間、とにかく浮世の憂さを忘れて、

シアワセだったわ。

映画って、それがすべてよねー。






テールスープ

C9quaxhy
昨日からスロークッカーで、



テールをことこと炊いて、テールスープを作りました。



イカリで買ったデカいテールを2個と細々とした



尻尾の切れ端を10切れほど。



ざくざくっと切ったニンジン、たまねぎ、セロリ



にんにくとしょうがを少々入れるだけ。



そして、20時間ほど炊くだけといたってシンプル。



あんまり美味しぎて、今日は3杯も飲んでしまっただあああ。



テールスープを飲むと、元気が出るよ。



最近のわたしのテーマはなぜか、スープ。



究極のコンソメを作りたいという野望があります。



即席スープではJALの機内で出されるコンソメが好き。



通販も出来ます。









子供の頃、母とはじめてJALの飛行機に乗ったとき、



コンソメスープが出て、それがめちゃくちゃ美味しかったの。



実に感動的なことに、JALのビーフコンソメはあの頃の味と



まーったく変わってません。



これも、飲むとなんだか元気が出ます。
















2006年4月15日 (土)

優雅なる成り上がり

ウィリアム王子など、飛びきりの御曹司も素敵だけど、



裸一貫(古い言葉やなー)からスタートして



成功を勝ち取った成り上がりの男たちにも惹かれるおいら。



そんな華麗なる成り上がりっぷりの中でも、



最近、『一億、欲しいか!」の著書を出版された、



カリスマホスト、芳晶せいじさん



六本木ヒルズの経営コンサルティング会社のCEO



甲田英司さんはダントツです。



その成り上がりっぷりも汗と涙と根性と・・みたいな



どろどろした感じじゃなくて(それもいいが)



もっとスマートで、優雅で、カッコいい。



甲田さんのブログがこれまたキョーレツです。



ちなみに彼らは人気ブログランキング

によると



�1がせいじさんのブログ。

�3が甲田さんのブログ。



そんなふたりが会合した様子が、

それぞれの本日のブログにupされているのでチェックしてね。





ちなみに、せいじさんは一度取材でお会いしたのだけど、

なんと!「一億、欲しいか!」の著書を

こんなおいらにまで送ってくださいました。



いまや東京のTV、雑誌、さまざまな全国メディアで

超有名なセレブリティ。



しかも男らしい文字で書かれたサイン&メッセージ付き。



きゃああああああ



そこには、



松澤壱子さんへ



「これからも素敵で

粋な女性でいてくださいね」

 

芳晶せいじ






ってどうよどうよどうよおおおおおおheartshine



おいらのような下々の者にまで細やかな気づかいをしてくれる



その優しさと温かさには頭が下がる思いです。



せいじさんは実際一億を1日で稼いじゃう・・なんてこともある



そうですが、いつも



「一億稼いでも、たかがホスト」という言葉を忘れない。



そういう謙虚さとごく普通の庶民の感覚もきちんと



持ち合わせている点が凄い。



そしてとってもチャーミングな人間性。



そういえば、甲田さんは自らのブログで、せいじさんのことを



「心のきれいな人」と評していました。





やっぱり成り上がりという黄金のステージに君臨する



いちばんの秘訣は、その人間性なのだ!



ちなみにせいじさんの本『一億、欲しいか!」は



わたしのバイブルにしたいような名言、金言が炸裂。



感想文はおいらのこのブログでご紹介したいと思います。



せいじさん、



ほんとにありがとうございました!

2006年4月14日 (金)

お茶屋遊びデビュー!

昨日はお仕事絡みで、某青年実業家(34歳。イケメンよ)

に京都へ招待していただきました!



なんと彼がオーガナイズしてくれたのは、

おいらが一生に一度は経験したいと願っていた、お茶屋遊び。



まずは午後4時から京おどりを見るため宮川町の歌舞練場へ。

お茶とお菓子をいただいて、舞妓さんや芸子さんの麗しい、

春の踊りを見せていただいて、うっとり。



ダンナ衆はじめ着物を美しく着こなしたマダムも大勢おられて、

なんと華やかな世界。



そのあとは、置屋の「本城」さんへ。

ここの若女将がまあ、きれいのなんの。

もう、同じ人間とは思えない、透き通るような肌。

美しいうなじ。

彼女は実のおかあさんのあとをついで、置屋の若女将になった

生粋、筋金入りの京女です。



京おどりに出ていた『本城』の舞妓ちゃんの

君香さんがお座敷に挨拶に来てくれました。



ひえええ。なんてかわいいの。

なんて可憐なの。18歳なんだって。

しかも彼女は、昨年宮川町で�1になった超売れっ子の舞妓さん。

思わず記念撮影してもらったら、

イケメン青年実業家に「オセロみたいやなー」

と言われたcoldsweats02

彼女は白、わたしは黒ってことですかねーangry



その後若女将と君香ちゃんと青年実業家、

大阪からやってきたこれまた青年実業家の5人で

とんかつの「山本」へ。



ここはかつてわたしが驚愕の黒あわびをいただいた

京の絶品隠れ家。



今回もまたもや大きな大きな絶品黒アワビをいただきました。

お造りで、そして揚げて。あわびの天ぷらって美味しいねー。



しかし、君香ちゃんは非常にお行儀が良くて、お客さんが

「さあさ、おあがり」と言うまでビールにも料理にも手をつけません。これは舞妓さんの掟とか。



まさに白魚のような可愛らしい手でお酌してくれたときには、

オレもぜったいお金持ちになって、舞妓さん遊びがしたい!と

痛烈に思いましたけん。



黄金のあわびが終わると、今度はたけのこと牛肉のおなべ。

そのおだしの美味しいことと言ったら。

たけのこと牛肉を食べ終わると、このおだしで稲庭うどんを

いただきました。うっまー。



で、最後がこのお店ののれんに書かれているトンカツを!

ずーっととんかつはヘレよ!と思っていましたが、

「山本」でいただいたロースは、

イベリコ豚も真青の上品なお味。

もう、美味し過ぎました!



食事のあと、ふたたび「本城」さんにもどって、

こんどはカラオケルームにもなっているプライベートな

サロンへ。

といっても、誰も歌わなかったけどね。



お土産に半兵衛麩のお麩をいただいて、家路についたのは

午前1時半でありました。



いやあ、京都のお茶屋遊び、クセになりそうやわーcoldsweats02







2006年4月12日 (水)

今いる場所で一流になれ!

7zvesxuk これまで私にとって歯医者とは地獄でありました。



それが!



タバタデンタルクリニックに行くようになって、



世の中には、なんて素敵な歯医者さんが存在するんだろう・・と



目からウロコ。







タバタデンタルクリニックは、



お洒落していきたーい、



エルメスもっていきたーいと思えるゴージャスな空間。







田畑勝彦院長は日本屈指の名医と評判です。



特にインプラントの分野ではトップクラスとか。



一般歯科、小児歯科もあるし、



もちろん虫歯だけでも治してくれます。



このクリニックが目指すのは



「からだにいい歯の治療」 。



さて、そんなカリスマクリニックのカリスマ歯科医



田畑勝彦院長が書かれたのが本書です。



プロ野球の新庄剛志選手や今岡誠選手、



GrayのTERUさんなどセレブリティたちも全幅の信頼を置く



歯科医ゆえ、その人生哲学、人生観も素晴らしい。



開業わずか5年で、業界平均年商の6倍を達成。



本書はそんな成功の秘訣、



それぞれの分野で一流になるためには



どんなことをすればいいのか、



誰もが、気付いているようで、



実はなかなか気が付かない



珠玉のヒントが紹介されています。







タバタデンダルクリニックに行くと、



なぜか元気になって、やる気がどんどん



沸いてくるようなきがしていました。



紹介した友人のO君も



「あそこへ行くたび、なんか自分が凄いことが出来そうな



気になるねん」



とびっくりしていたっけ。



わたしにとって、田畑院長は



単に歯を治療してくれただけの歯科医ではなく、



なにかとてつもなく大きなパワーをいただいた



人生の師ともいえる存在です。



わたしより年は下でいらっしゃいますが(笑)。



しかもイケメン!



本書には



「一流になりたければ、一流の人とつきあおう」

「苦言を呈してくれる人を3人は持つ」

「喜びもサービスも与えっぱなしにする」

・・・などなど

さまざまなサクセスへのヒントが書かれていますが、



特に印象的だったのは、



開業当初から、患者さんからいただいたケーキやプリンなどの



お菓子をいつ誰にいただいたかを



きちんと記録されているくだり。



6年間で872個!だそうです。



そうして、スタッフ全員が、



きちんとお礼を言えるシステムづくりをされている点。



こんな細やかなところまで配慮されるクリニックは、



その他の部分でも、



いかに患者さんに心地良く過ごしてもらううか、



に心を砕いておられるかがわかります。



究極の医療とはそんなホスピタリティがあってこそと



わたしは思います。



患者の病など、



小さなホスピタリティひとつで、治ることもあるんです。



タバタデンタルクリニックに行くたび、



なぜか運気が上がるような気もしていました。



その理由がこの本を読んでわかったような気がしました。





今いる場所で、一流になれ! −田畑勝彦ー

サンマーク出版 (1300円+税)























2006年4月11日 (火)

恐怖の深層心理

さきほど、ちょっとした心理テストみたいなのを

いたしました。

非常にかるーい気持ちで・・。



そ、そ、そうしたら!



何気に当たっているではないですか?



まるで本人さえも踏み込めない、心の奥底の闇の中を

引きずり出された気持ちです。



ぎょえええええ。



あなたがいちばん大切に思っている人。

それは、なんと!

いまいちばん、ウットーしくも、

うるさい、我らが母親だったなんて、どうよ?!



今朝も電話でケンカして、

「ママはもう長くないから、あとはよろしく」

というような嫌味と脅しをかけられ、

電話を切ったあと、

「勝手に死んでください」とまで独り言いった人物じゃーん。





ううううっ。

恐いですねー。

人間の深層心理ってやつは。



前々から思ってたことでありますが、

誰が信用できないかって、

わたしは自分自身がいちばん信用できません。



何をしでかすか、

何を思いつくか、

まーったくわからないからであります。



体の中に時限爆弾抱えてるようなもんなんですわー

最近の写真