フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« もう、王子様はいらない | メイン | 愛してる・・・ »

2006年1月23日 (月)

思うとおりに歩めばいいのよ

今朝目覚めたら、雪でした。



いまも粉雪舞い散っております。



そういや、ニューイングランドのバーモント州の冬に



ちょっと似てなくもない、



素朴でのどかなこの光景。



柄にもなく、わたくし、カントリースタイルの暮らし・・



なーんてのに憧れております。



たとえば、バーモント州の山奥に住む



ターシャ・チューダ

のような暮らし。



現在90歳(!)の彼女は絵本画家にして作家。



そして素晴らしい園芸家としても知られています。



200年前の家で、農村のシンプルなライフスタイルを



続けるターシャ。



彼女の著書に



「思うとおりに歩めばいいのよ」



というのもあって、生きたいように、



生きればいいのだ・・と勇気づけられます。



しかし、ジュゼッペ・ザノッティの靴が欲しいとか、



ファーストクラスに乗りたい!とか



欲望渦巻いていては、



ターシャのような人生、一生無理かっcoldsweats02



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/342844/12988402

思うとおりに歩めばいいのよを参照しているブログ:

コメント

その環境じゃ、イノ邸訪問は無理だな・・・shock雪解けの頃お会いしましょうsnowsunマダム我らの人生はすでに、ノンストップ特急「欲望という名の電車」に乗っている状態ゆえ止めるのは無理でありますtraindash

こちらではおひさしぶりです。こんばんは。ターシャさん、だいすきです。絵本より写真集が(苦笑)あんな風に自然を感じながら暮らせたらと夢見ていたら、「おまえ、虫あかんやんけ」という冷たいひと言で現実に引きもどされたことがあります。でもいいなぁ(うっとり)と言いつつ、わたしも確実に女部長さまの名言「欲望という名の電車」の乗客ゆえ一生かかっても、来世でも無理なんだろうな。無理ゆえに憧れがつのる、ってこともありますけど♪法に触れるようなことはしませんし、わたしたちの欲望はきっと可愛いのです。

ターシャおばさんは写真集がぜったいいいですよね。いつも同じカメラマンが撮っていて、これが、またうまいっ。でも、わたしも自然のあるところへ・・と山にお引越ししましたが、夏は虫が(それもいろんな種類!)多くて、マジで、このまま暮らせるのだろうか・・と途方に暮れたことがあります。特に足が何本もあるやつがリビングで死体になっていたのを発見したときといったら!まさにぎゃおおおおおおーっと雄たけびあげました。しかし、そういう虫たちも寒い冬は姿を消しております(笑)うふっ。確かに。法に触れるようなことはないですよね。ほんと可愛い欲望やwink

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真