フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2005年12月 | メイン | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

愛のチョコレート

もうすぐバレンタインですねー。



でも、おいらには今年、

チョコを本気であげたい人がいなくて、

デパートあたり歩いてても、

いまひとつ、気持ち盛り上がりません。



シェ・ワダの和田さんに以前インタビューしたときに、

こんなことを言っておられました。



「チョコレートって、本来官能的な食べ物なんですよ。

男と女がベッド入る前に一緒に食べたりねー」



ふーん。そうなのね。



そういえば、2年前、ちょっくら好きだった

年下の男からバレンタインデーに

なぜかチョコレートをもらってうれしかったおいら。

(やっぱりおっさんにあげようと思ったのかしらんcoldsweats02



それはAMEDEI

というイタリアンチョコ。

チョコレートのロールスロイスといわれる

スイート&ビターな大人の味で、

粋なイタリア男みたいにお洒落なパッケージに

入ってました。



うーん。

それにしても、

チョコレートって

チョコレートって、

あまりにも、高すぎると思いませんかshock

2006年1月30日 (月)

わたしの人生の師

わたくし、尊敬する人、憧れる人、

大好きな人生の師というのは

この世にたくさん存在しますが、



とことん困ったとき、

どっちの道をいくねん?と悩んだとき、

超トラブル抱えたとき、

どの仕事を取るべき?

なーんて悩んだときに

相談し、頼る最後の人物がおります。



その方はもう今年83歳。

その先生(女性よ)の元には

政財界のえらい方もよく相談に見えるそうです。

彼女には、いろんなことが見えるようです。



こんなこと書くとやばそーとか思われそうですが、

さらに、100%私もそういうこと、

信じてるってわけではないのですが、

いままでお聞きした事は、

すべて正解だったような気がする。







で、久々に今日、その先生にお電話しました。

ちょっとお腹が痛くて、なーんかしんどかったので。

そうしたら、

「ああ、大丈夫。ぜんぜん心配いらないよ。

でも、ちょっと足の膝が・・」

といわれて、飛び上がるくらいびっくりしました。



っていうのは、左足が最近ちょっと痛くて、

よいこらしょって立つときに、かなり痛かったんです。



ひええええ。そんなことまで見えていたのね。



先生のその、能力っていうのは、

いったい何なんでしょうか?

私の好きなブログその�

おいらのブログにも時々コメントをいただく、



katahiraさん



ミナミの某有名ショップで働かれている

カリスマ店員さんです。



カリスマといっても、

ぜーんぜん背中に鉄板は入ってない模様。

彼女に会うと、なぜかほわーんと癒された気分になり

お買い物する意欲がメリメリと湧いてきます。



アドバイスも適確。

そのお店はキタにもあり、

うちからはそこの方が近いのだけど、

彼女がいるから、ミナミまでわざわざ出向く。

これって凄いことだよねー。



これまでいろんなショップでお買い物魂炸裂させてきた

わたしですが、

彼女の接客は世界中で5本の指に入るほど秀逸であります。



そういえば、我が家は

彼女から買い集めたいろんなグッズで溢れてます。

また買いにいかなあああ。





そんな鹿児島出身。フランス人の夫を持つ

彼女のブログ



です。

1000万円の価値

今朝、何気なく「なるトモ」を

見ていたら、陣内君(けっこう好き)と黒田君が

「この夢が叶うなら、いくら払う?」という

バトルを繰る広げていました。





その『夢』がかなりしょぼいのが難点だったけど、

また、大阪人はケチで「10年若返る薬」にさえ、

7万ちょっとしか支払わないっていう

アンケート結果なども出ていた。



10年若返るなら、

1000万円は払うやーん(ないけど)

とわたくしなどは思いましたcoldsweats02



こういうしょーもないことでも

けっこうマジに考えたりする自分が憐れかcoldsweats02



あと

�好きな人とデートできるならいくら払う?

�どこでもドアが手に入るならいくらで買う?

などというあほらしいものもありましたが、

�の好きな人とデートするのに、

お金払うのは、いやよねー。

自分の支払った対価で好きな人とデートできても

しゃーないやろ。



しかし、絶対見たい、スターのコンサートや

舞台のチケ代なら

ま、10万円ぐらいは出すかなー。

マジで私の知り合いで、

某スターのたった一晩のコンサートに

56万円支払った人もいましたさかいにcoldsweats02





いや、話がソレた。何が言いたいんだったっけ?

�のどこでもドアが手に入るなら、

わたし、1000万円は出すっ(ないけど)。

サルディニア島だって、パリだって、

LAだって、金沢だって、宇宙だって、

どこでもいつでもCompでいけるんですから。

1000万円の価値はある。元は取れる(この考えがセコイな)。



それでちょっと考えてみた。

1000万円支払う値打ちのある「夢」を。



藤原紀香のボディーになれる。



英語がカンペキに操れる(あとで儲けて元取れますから)。



あと5センチ足が長くなる。



うーん。究極はやっぱ

健やかな精神と肉体の永遠の保持ですかね?





しかし、世の中にはお金では買えない、

最高に素敵なことがいっぱいあります。

2000万円積もうと、1億円積もうと、

ぜったい買えないものが・・・。





それに出会うために、わたしたち、

この世に生まれて来たのよ!











2006年1月29日 (日)

イングランド慕情

原稿書くのに、資料を探してたら、

5年間のロンドン追っかけのお遍路旅で毎日つけてた

日記5冊と100枚近くのチケット半券が出てきて、

感慨無量になりました。



折りしも、

おいらのブログでは宝塚ファンによる

放置プレイ

繰り広げられている昨今coldsweats02



やっぱり、人間、

命をかけて観たステージってのは、

何にも勝る宝物と実感しております。



そういや、UKツアーで同行した、

クリス、アマンダ、スー、リンダ、アリソン、

みんな元気だろうか?



感謝祭の日、

デブっちょのクリスのポーツマスの

実家にお呼ばれして、

ディナーをごちそうになったな。



彼女の人生は、もはや追っかけ一色。

日本人弁護士の家でナニーをする彼女には、

時間もお金の余裕もなかったはずだけど、

とにかくチケットと

お目当てのスターを撮る写真のフィルム代のために

働くのが、生きがいという30歳のイギリス女性でした。



でも、その功績?がスターの事務所に認められて、

パンフレットの表紙を飾ったときもあった。

そのときのクリスのうれしそうな顔といったら。





はじめて行った彼女の実家。

もはや相撲部屋に行ってください!というような

巨漢だった、リンダの、

スレンダーで、めちゃべっぴんだった

ハイスクール時代の写真が飾られている

質素なリビングでいただいた七面鳥のロースト。



クリスのパパが作ってくれた

プディング・・。

どちらもお世辞にも美味しいと言えるシロモノでは

なかったけど、

いまも思い出す、

最高になつかし、そしてあったかい

イングランドの食卓の光景・・・。



当時は、よくもこんなしょうもないことに

お金と時間を注いだな・・・と

日々泣いて暮らしていたわたしだけど、

いまになって思うのは、

あんなに贅沢な時間はなかったんじゃないだろうかって

ことであります。











洗濯日和

今起きました。



山はいいお天気。



昨日、親友から、気になってた一大プロジェクトが



大成功をおさめたとの報告もあり、



おおおお、良かった、よかったheart





しかし、今日は、お天気がいいからといって、



散歩はいたしません。



先週散歩日和やーと張り切って出かけたら、



もううううう、寒いやんかー。



すでに引き返すにもたいがい歩いていたので、



鼻の奥の粘膜がツーンと痛かったわ。



で、今日はお洗濯いたします。



そして、暖炉の薪用の木をひらいにいかなきゃshock







シャンパンの夕べ

今日は仕事で名古屋でした。

いやああ、噂には聞いてたけど、名古屋嬢凄いねー。

お洒落してます。服にお金かけてます。



昨日、もう、服も靴も買わない!と固く誓ったわたくしで

ありますが、

名古屋嬢のファッションに命かけてます!な勢いにやられて、

またもやジェイアール名古屋タカシマヤの

某ショップに吸い寄せられました。

思わず、30%オフのお洋服、買いそうになってしまったやん。



しかし!おっ、これいいやん。欲しいなと思ったニットは

SALLで83000円!ってムタイですうううう。

あきらめました。



で、ふらふらーと歩いていたら、4階に「頼朝」発見。

突撃。

チャンファンエビ入りと五目おかゆと点心少々注文。

で、おかゆを食べていると携帯が鳴りました。



お隣りさんからです。

「ねえ、今日スタジオベリーニ行かない?」

とのお誘い。

「あー行きたい。でも、いま名古屋なんですよー」

といったんは断ったおいらだったが、

新幹線に飛び乗り、阪急芦屋川にあるスタジオリベリーニに

突入。



甘えびのカルパッチョやゴルゴンゾーラのカルボナーラを

いただく。

美味!

デザートのパンナコッタと和三盆のジェラートも美味しい!

名古屋から飛ばしてきた甲斐がありました。



食事のあとは、ご近所の、

パリに住んでいらした、

元バレリーナの奥様がいらっしゃるおうちに伺う。

軽井沢の別荘みたいで、

前々からとっても素敵だなーと思っていた家。



私たちゲストのために、エントランスには

ロウソクがいくつも置かれて、

リビングに入ると、暖炉の火が赤々と燃え、

テーブルにはワインクーラに、

ヴーヴクリコとシャンパングラスが

用意されていました。

おっしゃれー。



ふとリビングの前の部屋を見ると、

素晴らしい夜景が望める大きな窓があり、

約30畳ほどの空間になんと、

ワンちゃんが一匹。

ひえええ、この部屋は、ワンちゃんのためだけの

お部屋らしい。



壁も床も年季のいったパインで出来ていて、

キッチンにはキッチンストーブもありました。

かといって、山小屋というような

ださい雰囲気は一切ない。



ご夫妻のお話も、

モナコやルクセンブルクやロシアやサンレモや

ジェノバに出かけられたときのお話や、

ローザンヌやジャベールなど通なバレエトークが

炸裂して、なんともハイソなひとときでありました。



あっと気付くともう1時前ではないですかー。

でも、ご近所さんなので、

5分で我が家に到着。



し、し、しかし・・・

その家とあまりにもギャップのある

我がほったて小屋にもどって、

シャンパンの酔いが一気に醒めた次第です。



それにしても、

世の中には、密かにハイライフを送っていらっしゃる

人々がいるんですねー。

2006年1月28日 (土)

お買い物、それは人生?!

なーんてことを思った時期もありました。



でも、最近、なんだか、激しく欲望する

服や靴やバッグがないのであります。



つまらん。非常につまらん。



以前は「買いのエクスタシーはどこまでも深く」

なんてエッセイを書いていたこともあったオレcoldsweats02



たとえば

成金タイプのロレックスを買うために香港へ突撃。

知り合いに時計商のドンを紹介してもらったら、

黄金のロールスロイスで迎えに来てくれcoldsweats02

レパルスベイのドンの邸宅まで連れていかれて、

危うく軟禁か・・と思ったり・・。



そのとき買ったロレックスはねー、

ちょっと最近してません。





LAのロデオドライブのエルメスで、

熱に浮かされたように買い求めたクロコのコンテスとかcoldsweats02

今まで使ったのはおそらく10回未満shock





靴もNYのマノロで買い捲って、

結局履いたのは一足だけ。

しかもパーティーで2回ってどう?



なぜならわたくし靴を履くと、足が激しく疲れるのよ。

だからどこへ行くのもラルフのハラコのはげちょろけの

ドライビングシューズの踵を踏みつけて・・なんです。

(これもう5年は履いてるな)







絶対お洒落しなきゃならないところへは

その瞬間だけ履く用の靴を持って出かけるので、

荷物になってめちゃじゃまー。



お洒落もへったくれもあったもんやあれへんでー、

ほんまに。



さらに、去年からNY、パリなど7回渡航した際、

毎回アバクロのカーゴ迷彩履いていったって

どないどない?

だから、JALやエアフラの人は覚えてくれてたのね・・



で、最近寒いので、

タートルのセーター、3枚ほどを順繰りに

着まわしています。

もちろん、日ごとに毛玉は増えていき・・



お洒落もへったくれもあったもんやあれへんでー、

ほんまに。





だからねー、これからはもう、何も買わない。



わたし、お洒落する資格ゼローshocksad

2006年1月27日 (金)

立花隆萌え

日頃はジャニーズがいいとか、

やっぱ若くてキュートな美少年よ!とか

のたまってるわたくしですが、

昨日、筑紫哲也のNEWS23で

ホリエモン逮捕に関してコメントする

立花隆様を見て、ああ、やっぱ知の巨人はいいわーと

萌え〜でありました。



あのルックスとはほど遠いシャープな視点。

よどみのない論説。

世の中のなにもかもを知り尽くしているような

ふてぶてしいアティチュード。

しかし、そんな中にも密かに含羞が見え隠れして、

おいら、好きやわー。



自分の知性が低いせいか、

さらに基礎教養などが著しく欠落しているせいか、

インテリ、アカデミックな男に大変惹かれます。



西部進(こんな字やったかな?)はぜったい

つき合いたい人ではないですが、

なんか部厚い著書を散々買って、

3ページ読んだだけで永眠状態になったりもした。



立花さんの「僕はこんな本を読んできた」は

まだ半分は読んだだけましかcoldsweats02



いやあ、それにしても、

ホリエモンはいま独居房に入れられてるらしいけど、

暖房がないのはつらいだろうなー。

さらに、食事には不満があるはずcoldsweats02

なにせ社長日記のほとんどが

やれ、中華飯店の上海蟹は世界一だとか、

ここのフカヒレは絶品とか、

そんなことばっかり書いてたもん。



あるキャスターが

「いまは、もう株価についてはまったく関心ないようです」

と言ってたけど、

もしかして、ほっとしてるのかもね。

マネーゲームのリングから下りて。

あるいは、またもやホリエモン的塀の中シリーズ

の出版構想でも練っているのでしょうか。





いやああ、こんなこと朝から書くような内容でもないですね。

ほんと、ヒマなんか、わたし?

いえ、原稿、出張準備とやらなあかんこと満載。

お洗濯もせなあかんし。

まだ朝ごはんも食べてません。



でも、これだけは書いておきたい。

日頃雑誌や新聞で見る見出し。

これ、ほんと傑作なのが時々あって、

誰が作ってるんやろーと思います。

最近面白かったのが、

確か文春やったと思うけど

「検査は骨抜き、アメリカ牛は背骨付き」

女性セブンの

「皇后美智子さま(71)の胸熱く

黒田清子さん(36)1LDKのたらちり鍋」






こんなしょうもないことばっかり書いてないで、

はよ、朝ご飯食べーよcoldsweats02

いつのまにやら宝塚ファンサイトに・・

ありゃ、ありゃりゃりゃりゃああああああcoldsweats02



ちょっと油断してるスキに、



おいらのブログが、宝塚ファンによって占拠されてるでは



ないですかああああcoldsweats02shockshock





いやああ。でもいいんですよ。うれしいですよ。



おいらの敷地?を使って、



ファン同士がコミュニケーションをはかってくれるなんて、



光栄だわ。





いいね。こういう共通の舞台への情熱、



役者への愛を語り合えるって、サイッコー。







それにしても、最近つくづく思うのですが、



わたしのブログなんて、ほんと謙遜でもなんでもなく、



まったくもって、ヘナチョコ、ヘボだと思っています。



深く反省しております。



し、し、しかし!これだけは自信を持って



言えるのは、ですねー



このブログにコメントくださる



みなさんの素晴らしさはおそらく



どのブログにも負けねーと自負しとります。



たとえば



毎日文学的かつオタクなる濃密コメントをくれる



カリスマコメンテーターチョタ

とか、



明日生涯最高のビッグプロジェクトに挑む



女部長



とか。

(彼らの正体を知れば、みながあっと驚くビッグネームよ)



こんなわたしのブログに、



いつも気持ちのこもった、



そしてお洒落な、



ちょっとクスっと笑わせてくれたり、



キュンとさせてくれたり・・



愛と勇気と優しさを与えてくれる、



最高のコメントをくれるみんな、



ほんとにありがとうね!



それにしても、宝塚関連コメント、



いつも以上に熱く、濃く語られているのだけは



気になるcoldsweats02coldsweats02sweat01

最近の写真