フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2005年1月 | メイン | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月26日 (土)

エルメス寄ってく?

お仕事でお世話になり、すっかり仲良くなった、

NY在住のM子さんとバーニーズの近くのイタリアンで、

カラマリ(イカ)フライとシーザーズサラダとポリチーニ茸のラビオリなんかの

ランチを食べながら、またもやダメンズ話に華を咲かせる。

で、そろそろ帰ろうって頃に、

M子が「ちょっとエルメス寄ってく?」。



あああ、それがそれが、魔の言葉だったのよ!

691マディソンアヴェニューのHマークのお店に二人して入ると、

M子さんがブルージーンズカラーのちょっと大きめの

手帳を手に・・・。

素敵!

「ね、これ同じ色2ツあるけど、おそろで買っとく?」(M子さん)

「あら、いいわねー買っとくわ」と私。

おいっ、もうちょっと思考せんかい!



で、二人して、もう一生手帳はいらないよね?(なわけないやん)

とか、仕事のモチベーション上げるには、まずは手帳よね?とか、

でも、大した仕事してないのにねーとか、

それより私なんて、手帳最近ぜんぜん使わないのにさー。

スケジュールノートとメモ帳もつけてもらってお買い上げ!

ROSE IKEBANAっていうオーデコロンもお土産にいただいて超ご機嫌。

これがすっごくいい香り。



そして何気なく、「私お財布欲しいんだけど、この前ここに来たとき、

好きな色なかったのよね」と言うと、日本人の店員さんが、

「あら、今日このエルメスゴールドとシルバーの留め金のが

入ってきたばかりなんですよ」

と前から欲しかった悪魔のブツを私の目の前に差し出した。

値段を見る。ムリ!

もう、見せてはいけないもの、見せないでよねー。

ムリ、ムリ、絶対ムリやねんから



で、手帳を箱に入れてもらって、二人はもう大満足。

「どうして、こんなにお買い物って楽しいんだろね?」

そして、彼女と別れ、私はバーニーズへ。

プラダやゴヤール(ここの高いね)やフェンディなんかのバッグを見ながら、

でも頭の中はさっきのお財布のことでいっぱい。

もはや夢遊病者のようにバーニーズをうろついたあと、

エルメスから少しずつ遠ざかって行くけど、

頭の中はおサイフ一色。

と悪魔の囁きが・・・

「もう、一生おサイフはいらない。あれさえあれば・・・」

「いつ死ぬかわかんない。欲しいときに欲しい物を!」

そんな呪文を唱えながら、気がつくと、舞い戻ってました。

エルメスのあの魅惑の空間へ・・・。



あああん。M子さんの「エルメス寄ってく?」の言葉さえなかったら・・・。

前回のNYでも、彼女とバッタリ街で出くわしたのが運のつき、

「マノロのセール行く?」の言葉に即5足購入。

これらの散在にて、もはや今回のギャラすべてパーです。



夜はあつことご飯。

大好きなソーホーの「本むら庵」へ。

升酒をそれぞれ飲みながら、エルメス&お買い物話。

「やっぱり買うときに買わな」

「エルメスやったら、あきひんもん」

「トッズのバッグは飽きたけど、エルメスは一生あきひんもんねー」

「やっぱし、自分を呼んでくれるブツは買わなあかんねー」

などなどひとしきり勝手なことを言い合いながら、

デザートに抹茶アイスクリームを食べて死ぬほどお腹いっぱい。



帰り、歯ブラシを買うためにCVSに寄る。

「ちょっと歯ブラシ3ドル99って高すぎるやん?」と私。

「そうやねん。アメリカ、歯ブラシ高いから、いつも日本に帰ったとき買うねん」

とあつこ。

・・と4ドル99のREACHのが99セントになってるのを発見。

しかし、レジに持って行くと、

「これはならないと思うよ」店員さん・・・・。

「でもちゃんと書いてあったもん」と彼女を売場に連れて行く。

すると「違うけど、99セントにしてあげる」と彼女。

ああ、なんて優しいの。

これで4ドルも得したやんかー。

今日はエルメスの手帳とお財布、99セントの歯ブラシを買って、

最高の気分さ!

だからお買い物はやめられないのよ!

誰か、とめてくれー。



2005年2月25日 (金)

日本のおっさんはなんで厚かましく、無神経で、セコいのか

しばらくのご無沙汰でございましたが、

みなさんお元気でしょうか?

私はひとまず無事NYで過ごしております。



名古屋のセントレア空港(ってどこって感じよね)

は凄い人でした。飛行機使う人以外の見物の人で・・。

もう、こっちは迷惑(笑)



まあ、なんとか昨日、仕事の山を越し、

今日はちょっとのんびりいたしました。

しかし、こんな私でも気のはる仕事の前だったせいか、

機内で胃が痛くなってさ、

NYについてからも、持参した(!)おかゆとか、

梅干を食べてたの。



で、やっと今日体調もどって

牡蠣、牡蠣、牡蠣がやたらと

食べたくなって、ホテルから歩いていける

グラセンのオイスターバーにひとりで乗り込みました。



うーん。もう、なんかおのぼりさんのレストランって感じになってた。

でも一応グラスシャンペンと(ヴーヴクリコ飲みたかったけど、

グラス16ドルは高いやろーやめた)

KUMAMOTOやMIYAGIなどの牡蠣12個完食。

その後ニューイングランドクラムチャウダーを食べて終了。

それにしてもグラセンというとなぜか「恋におちて」を思い浮かべてしまう。

今日も思わず、デ・ニーロとストリープが逢引していたカフェとかを

探してしまった私。

そして、なぜか唐突に列車に乗ってとにかくどこでもいいから、

遠出したくなった。

きっと逃避願望よね。





今回泊まってるのは41丁目のMadisonにある

「Library Hotel」ってとこですが、

こんなにぎやかな場所にあって、まるでパリやロンドンにある

ブティックホテルみたいな感じがあって、なかなかよいです。

客室もぜんぶで60室と少ないし。



さすがこのロケーションなので、

部屋の狭さは否めませんが、MACER風のお洒落さもちょっとあって、

出来る「女エグゼクティブひとり客」がなんでか多い。

この人たちっ朝早いっす。



時差で今日も6時におきて、7時に朝食ルームに突撃すると

ブリーフケース抱えた「女仕事人」たちがUSATODAYめくりながら、

携帯で機関銃のように喋りながら、

すでに戦闘態勢に入ってました(笑)。

たぶん、サンフランとかから出張にきた出来る女たちでしょうね。



朝食のコンチネンタルブレックファスト(フリー)に出る

ゆで卵も美味しい。

5時からはワインやチーズ(ゴートやブルーチーズが美味)が

毎晩振舞われ、ゲストの知り合いなら誰でもいつでもご一緒歓迎っていう太っ腹ぶり。

(ま、それほど大したものは出ませんが)



で、すぐ近くのオフィスで働くあつこを雪の中呼び出して、

暖炉のあるPHサロンでまたもや男談議。

今日のテーマは

「日本のおっさんはなんで厚かましく、無神経で、セコいのか」

いやーおっさんがムカつくのはバンコク共通だわね。

で、出した結論。

「おっさんで許せるのは金払いのいいやつだけ」

別れしな、バーカウンターに無料で置いてあるミネラルウォーターの

ミニボトルを、

「これ、もってかえろう」と二人して

2本ずついただきました。

おまえらがいちばんセコイねん!



ああ、それにしても、

今回の仕事のグチをさんざんあつこに聞いてもらってすっとしたわ。

持つべきものは友達!



なんかお腹空いてきまいた。でも、雪降ってるし外へ出るのはいややなー。

ルームサービルでいちばん安いチーズバーガーでも頼もうっと。





2005年2月20日 (日)

隣りに座って!シャンペンな男

明日〜またNYです。

今回は関空からの便が取れなくて、

名古屋新空港からっす。



朝6時起きで新幹線に乗って名古屋ってどうよ?

現地で仕事する前からもうくたくたやん。

せめて、機内で、

シャンペンな男に出逢えますように!

ほにゃら、

行って参りま〜す!

逃げるのはいつも男?

WOWOWで田辺聖子原作の「ジョゼと虎と魚たち」をやっていて、

あーん、原稿かかなあかんのに、

見てしまったやんかー。



妻夫木君ってほんとにほんとにいいっすね。

でも、この映画のキモはやっぱり

池脇千鶴でしょう。

この人が、これほどすごい演技するなんて知らなかった。

セリフも仕草もめちゃリアリティーあって

最高に良かったです!



この中で池脇千鶴ちゃん演じる障害者のジョゼ

(サガンの「1年ののち」の主人公の名前からきてる)がたまに尋ねてくる妻夫木君役の大学生に

あまりの孤独に耐えかねて、

そして再び尋ねてきてくれたことがうれしくて、

だけどやっぱりひとりぼっちで・・・という

感情がめちゃくちゃからみあって、

「帰って!」とついいってしまう。

で、その通りに帰りかけた妻夫木の背中を叩きながら

「帰れって言って、帰るやつは、帰れ」って

泣きながら言うの・・・。



そうなのだ。

帰れっていうのは居て欲しいの反対。

そんなこともわからんで、おまえは男か?

と思わずつっこんだ。鼻の奥シュンシュンさせながら。



女って、心と裏腹な言葉、つい口走ってしまうんです。

好きな男にはね。

それをわかってくれるよー。



でも映画では結局、妻夫木君は

ジョゼの元から離れてしまう。

「別れの理由はいろいろあるってことになってるけど、

結局、オレが逃げた」

ほんと、いい男は逃げ足が速いから(笑)。



だけど、逃げるからこそ、また追いかけたくなる。

だって、追いかけられたら、私ぜったい逃げたくなるもん。

好きでもない男から、追いかけられるほど、いやなことはない。

好意を寄せられてると感じるだけで、きゃー

気色悪い。



いつも自分が追いかけ回していたい。

しかーし、相手も私みたいに追いかけられるのが

いやなオトコなら、えっー?あかんやん。

こんなだと、マジで好きな男と相思相愛になるなんて、

100年たってもありえねーって感じですね(絶望・・・)



ところで、妻夫木君は前にも書いたけど、

取材した中でダントツにカッコイイ、そしていい人だった。

単独インタビューはわずか30分。

私なんて、もう上がりまくって、

わけわかんないこと言いまくり。



「今日ね、妻夫木君に会うっていうと

みんなからめちゃ羨ましいがられました」

と言うと、すごい素な感じで

「ほんとですかぁ?」と聞いたブッキー。



あんな人気者の彼がそんなこというだけで、

おネエさんなんて、舞い上がってしまってよー、

「今日朝TVに出ておられましたよね?」

と私。

「それによるとですねー。なんか色白の女の子が好き

なんですって?妻夫木君?」

となぜか取材に関係ないこと聞く、おいら。

「いやーそれちょっと言っただけですよー」

とテレるブッキー。

「私、なんかめちゃショックだったんです。

私なんて、色黒だから・・・・(おいっおまえはカンケーナイだろっ?)」



こう口走った瞬間、

周囲のものは全員引いた。

もれなく引いたー。



でもーブッキーったら

「ええ?そんなぜんぜん黒くなんかないじゃないですか?

色白ですよ」

といってくれたの!

一生忘れないわー。



もうこのエピソードは200万回いろんなところで

書いてるのでエエカゲンにせーといわれそ。

すんません。

2005年2月18日 (金)

鰻がすき

今日は西宮の某酒メーカーで取材したあと、

夕方、東京竹葉亭西宮店に行ってきました!



ここは鰻がメインだけど、

お造りや煮物や一品のお料理もすっごくレベルが高い。

特に大黒というコースは5800円で、

キタやミナミで食べたら確実に10000円は取られるほど

内容が濃く、リーズナブルです。



今日の大黒のコースは

�すっぽんの生き血を極上大吟醸で割ったカクテル(またかい?)

�すっぽんのにこごり(陶然となる美味しさ)

�くるみ豆腐と白魚のお吸い物(デリケートかつコクがある)

�お造り(赤貝、アカイカ、天然鯛)

�八寸(筍とイカの木の芽あえなど10種類ほど)

�タラの白子のしんじょう(美味〜)

�うづみ(鰻を細くきって、おだしをかけて食べることもOK)



�のうづみにするとひとり300円上がります。

でも、うなぎを半分白焼きに、

そして半分は蒲焼きでいただくことも可能。

こちらはお値段そのまま。



元吉兆にいた若き料理人足立料理長の腕が

さらに冴えていて、

ここ最近食べた中で

最も美味しく最もコストパフォーマンスに溢れ、

そして何より、最近疲れ気味の私のハートを

一気に蘇らせてくれたお料理でした!



ぜったいおすすめ!



2005年2月17日 (木)

コートあずけて200円はいやよね

あつこの本日のブログは

NYのレストランにいるコート係の女の人について書かれていた。



今回NYのレストランではほとんどコートあずけませんでした。

だって預けると必ずチップ渡さねばなりません。

1ドルじゃなくて、最近は2ドルっていうんだもん。

でも考えればコート係りが儲けるのは冬だけだもんね。



にしてもチップのいらない日本はありがたいです。



やっぱしコートあずけて200円は高いよね。

100均ショップなら何か2個買えるお値段。



これってやっぱしセコすぎ?



2005年2月16日 (水)

プライオリティーの悲哀

可愛い上海ハニーが上海より一時帰国。

今回はどうしても会えなかったけど(残念)。

彼女は、すっごくシャンパンな恋をしていて、

ぐぐぐぐーつ、羨ましいったらありゃしない。





なんと、最終日倉敷から神戸に迎えにきてくれて、

関空まで送ってくれたんですよ! ベンツで。(笑)

14時の便やったから、全然ゆっくり話することもままならないことくらい、わかってるくせに。

やばいでしょ〜。

しかも、車の中で聴いてたラブサイケデリコのベスト盤を、

「これ、いいね」って言ったら、あげるって。

なんて、なんて、シャンパンな人なんでしょう!

姐さん、ワタシ切ないですぅ。

どないしましょッ!きゅ〜ん・・・。






ガーン、ガーン、ガーン。

これ、どうよ?

こんなにもこんなにも愛されてるって、

もう、トーストの上のエシレバターよ!



こんな男が大好きだった。昔から。

予定調和じゃない行動をする男。



突然車で迎えにきて、

「いまから信州いこ」と言ったY(一瞬名前もド忘れしてたわよ)

あああ、カレと見た上高地は死ぬほどきれいだったわ。

あの時の星たちよ・・・いまはいずこ〜。



夜中にいきなり電話があって、

「いま家の前」と言ったH.

それまで仕事だけの関係だったうんと年下のこいつとの

これが恋のはじまりでしたっけ。



あああ、書くだけむなしい。

昔の恋。

恋は生もの。

瞬間冷凍した恋を振り返っても女がすたるだけ。



恋はいましなきゃ。

あああああ、ドラマティックな恋がしたい。

生きるの死ぬのほざきたい。

好きな男の匂いを息がきれるまで嗅ぎたい・・。



恋のリングは目の前・・・

でも、でも、でも、

私にはいまクライアントに出す見積もりの方が先決です。



カナシスギ。













2005年2月15日 (火)

ご報告・・・

というサブジェクトの

メールがお得意先のKさんより入りました。

その一部始終が以下であります。









本日2月14日、

かなりショッキングな出来事が

あったのでご報告いたします。



本日のチョコレート(義理も含めて)→0個





_| ̄|○











一瞬何かしら?って思ったわよ。

これって、これって、おもろすぎ!

ああ、でももしかしてチョコの催促か?(笑)







2005年2月14日 (月)

上等な皮のようになめらかなボディ

沢田女史のブログに書かれてた

JLOの美しきボディの話が秀逸でありました。



三段腹通り越して、

アドバルーンのような太鼓腹&たるみきった足、

ゆるゆるウエスト@松ざわですは恥、恥、恥です。



いやー、JLOのナイスボディみたい。

ダンプリングの体も拝んでみたい。



最近つくづく思うのはね、

人間、何が大切かって歯とボディ(強じんな内臓も含めて)

気がするんですよ。

確かソンドハイムのミュージカル(タイトル忘れた)

で主人公の老女が

「若いうちは想像すら出来ないだろうけど、

この年になるとね、恋より何よりいちばん大事なのは

歯だってことに気がつくよ」



そっか!歯が丈夫じゃないと美味しいご飯も食べれないもん。

若い人は考えも及ばないだろうけど、

自分の歯でものを食べるってもしかしたら、

めちゃ贅沢なことなんですよね、きっと。



そして鍛えたボディ。

ああああ、どっちもあかんやん。

今年のテーマは歯と鍛え抜かれたボディやな。



2005年2月13日 (日)

バレンタインデーってのにさ

チョコを買ったのは仕事関係者にのみで、

気になるあいつにも、

ちょっと人生共有しかけてあいつにも、

送らなかった。

もう、バレンタインデーって柄でもないけどね。

いままで一度も手作りチョコってのも作ったことないけどね。



でも、胸キュンの人にチョコ送れないのはサミシイ。



ああそうだ。

こちらもお仕事つながりだけど、

DJのU.K.さんに生チョコを送ったら、喜んでくださった。

彼ならファンの子も含めて、

そりゃ、たっくさん極上チョコもらうだろうに・・・ね。

そういう可愛らしさのある人だから、

みんなに好かれて、仕事もどんどん増えるんだろうな。



U.K.さんは毎週月曜、MBSAM1:05からの

「ミュージックエッジ」のメインキャラです。



昨日、奥池にあるゴージャススパ「デイスパ」で

二人でSPAを・・・というデート設定の撮影だったんだけど、

彼の楽しいトークに

施術してくれた女の子たちも大喜び。

またファンを獲得してた様子。



U.K.さんは30歳。

いま仕事ものりにのっていて、

これからますます目が離せない人です。



でも、昨日素顔見られたやんかーcoldsweats02

最近の写真