フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

« 2004年9月 | メイン | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月30日 (土)

戦闘値の高い男

バッキーさん。

理工系の頭脳を井上が捨てた夜で書いてはるように

私も戦闘値の高い男すきです。

そして主人公井上も好き(笑)。



でも世間では戦闘値の高い人って、

ともすれば必死、せっぱつまり、テンパリ・・など暑苦しさと勘違いされることが多いです。

某代理店の営業マンっぽかったりね。



戦闘値の高い人ってのは、ようはその目的に対して一途であり、

純粋であり、真っ直ぐであり、目的達成のために

自己犠牲をいとわない人よね(違う?)。



たとえば医者の場合なら、患者が希求するすべてを聞き入れてくれた上、

いかに速やかに、効率よく、

患者の立場にたって病巣を取り除いてくれるか。

痛みや壊れをいかにスムースにセンスよく、

リカバリーしてくれか・・にかかってるわけで、

そこに命かけてくれる人よね?

さらに困難な状況に遭遇したときには、

よう来てくれたとチャレンジ精神を剥き出しにして、

戦ってくれる人。

そのことに最高の誇りと情熱を持っている人なんちゃう?



そういえば、

アタクシ、こと恋愛シーンに於いて、

男の静かな戦闘値を感じるときほど、

ぞくぞくすることはありません。

もちろん、

デートの仕切りや会話やメールの甘い言葉なんかからは

正しい戦闘値ははかれません。





文章でいえば、行間に戦闘値が出る男っていうのかな?

恋愛のばやい、これがモテる基本のような気がするんやけど、

どないでしょうか?



行間の数値を計るのは大変難しい。

彼が彼女がどうした、こうした、という直接的な言動からでは

計れないから。



つまり直感から来る動物的本能による物差しで計るものだと思うからであります。



たとえば、ご飯食べてるときにただ横にその人がいるだけで、

めちゃ安心して美味しく食べられるとか。

電話を切ったあとに、ものすごーくなごむとか。

ハグしたときに、肌や衣服を通してでも、

「ひやああ。ハートの温度が沸騰してるやん」

ってしっかと感じられる人。

つまり、根底に戦闘意欲(こいつをオレの女にしたい気持ち)があるからこそ、自然と優しさが滲み出てくるんではないかと・・と。



単に、オレの方を振り向かせたい、あんなことやこんなことしたい(笑)という欲望オンリーの戦闘値しか持ち合わせてない男は、ご飯食べてても絶対しんどい。

電話切っても、なんかむなしい。

ぎゅっとハグしてくれてもハートはマイナス十度。





ってだんだん話が意味不明になってきてごめんよー。

しかも土曜の昼下がりにこんなことグダグダ書いてる

私は何?

そう、ヒマなんです。

せやから、また遊んでね。



えっとバッキーさんが考える、

恋愛において戦闘値の高い女ってどんな女?

色道一筋(笑)の達人にぜひとも伺ってみたいと、

アタクシ2年前から思っておりました。

またお暇な折りでもよろしくお願いします。

恋は「艶もの」

沢田さんの「舞は甘いかしょっぱいか」を読んで、きゃーっ、私の恋のこれからのキーワードは「艶」と決めましたわ、女史!





それにしても、どーです「艶もの」と言う響き。「セックス・アンド・ザ・シティ」なんぞにハマってる姐さん方、古来、我が国では男女のあんなことやこんなことは持続時間や回数の話なんぞではないのです。

薄暗がりに艶めく、めくるめく「いろ模様」のことなのです。




もはやSATCのキャリーが心の友であった、アホ松澤はカンペキノックアウト。

そだったんだよねー。



男と女のあんなことやこんなことは、

やれ、「リッツのスイートルームじゃなきゃ」とか、

「初めての夜は国内じゃいや、NYのフォーシーズンズがいい!」

なんてほざいてる野犬(負け犬と呼ぶの飽きたし)に

聞かせたい!

って何を隠そう、そんな知性ゼロなことを考えたりすることもあるアタクシ、マジで恥ずかしくて、恥ずかしくて、

人生のテーマは男と女のこと、だなんて、よくも言えたな、

と消え入りたい気分。



そういや、沢田女史、

松澤、子供の頃、日舞やってましたのよ。

いまや子供に習わせたくないおけいこ最下位(?)の。

確か藤間流ってやつか。

藤娘を舞ったときのアタクシの写真を

いまも母は大切に取ってますわ(恥)

あの頃の私には決してわかんなかったけど(今もだけどさ)、

おっしょさんと一緒に撮った写真見れば、

40がらみのその彼女がなんだか、艶めいて、

女の色気出てるのよね。



コムスメに負けるなのニキータはじめ

最近あらゆる雑誌がつかいはじめた

「艶」って言葉。

男も女も、恋も仕事も、お肌も瞳も、唇も、

「艶」あってこそ!という気がしてまいりました。



上方舞、私も観て見たい!(1度みて挫折経験あり)

でもって、男と女の色の深遠っていうのを

学習したいっす。



あいつからのメールや電話に一喜一憂しているアタクシって

なんて、なんて、なんて、艶なし女であることか!



これからは艶を求めて、生きるのだ(バカボンのオトーサン風に宣誓)

今年最後の木漏れ日の下の読書

今年の夏はほんとバーベキューばかりしていたように思う。

場所は奥池にある「遊びの広場」(芦屋から芦有でぴゅーと上がったところ)。



土日はめちゃ込むこのバーベキューポイントも平日は貸切状態。

真夏、30度を超える日もこの場所だけは涼しかった。



お気に入りの大木の下にテーブルを置いて、

テーブルクロスもちゃんと敷く。

ワインクーラーも用意する。

ワイングラスも本物のグラスじゃないと気分が出ません。

前菜にはハモンイベリコや生湯葉にシャンパン。



そしてイカリスーパーで買ったお肉や鳥や白ネギやパプリカを焼いてワインと一緒に食べる。



だんだん焼きモンに飽きてきて、

炭火の上に天ぷら鍋を載せて、揚げ物バーベキュー(?)

も加えることにしたら、楽しさ倍増。



いっちばん感動的な美味しさだったのは自家製ポテトチップス。

揚げたてサクサクのチップスは卒倒級の味でしたよマジで。

剣先イカやわかさぎやさつまいもやにんじんも揚げて食べた。



で、今日は子持ちアユを揚げてみたら、これがまた美味しすぎ!

きれいに身を食べてから最後は骨だけあげて、

骨せんべいに。

ビゴの店で買ったプティフールと

本格的なコーヒーが飲めるマシーンでいれた

コーヒーとデザートも。

それがすむと大木の下に椅子を置いて、本を読む。

すると開いたページに木漏れ日が落ちて、

その光りを楽しみながら文字を追っていくのも最高に好きだった。

しかし!「介護入門」を読んでたときは、

途中で断念してしまったけどね。

木漏れ日の下で読むのにはこの本似合ってなかったようで。



ああ、そんな怠惰でなまぐさな午後の読書も今年は

今日でおしまい。

もう4時を過ぎると、風が冷たくて、寒過ぎて。

奥池はもう早くも冬支度はじめてます。



夏の日から数えてたぶん今日まで

20回はここでバーベキューをしたかな。



お洒落でイカすレストランで食べる食事もいいけど、

青空の下で食べるご飯は格別です、ほんまに。

















2004年10月28日 (木)

私が会った、グッと来る!セレブな男たち。

 これまで会ったセレブで一番グッと来たのは?



セレブってやはりみんなオーラ出てますか? これまで実際会ったセレブの中で、誰がいちばんグッと来ましたか?モテそうでしたか?(52歳 女性 大阪)



 ジョージ・クルーニーは別格でした。



みなさんの夢を壊すようで申し訳ないっすが、セレブって実際会って見ると、ブラウン管やスクリーンに映るイメージとはまーったくかけ離れた人であることが多い。というよりほとんどそう。私がこれまで取材した日本のセレブたちも、例外ではないです。



えーっ?!こんなにしょぼいのかよ?とがっかりした人も多かった・・・。めちゃ男前かつスマートで通ってるFは、顔色も冴えなくて、最初会ったときお付きの人かと間違えたほど(笑)。スターとしてのオーラもまったくない。おまけにサービス精神も皆無で、ムカつきましたわ。



それでも中には、これまで持っていたイメージがいい方へと大きく覆ってしまう人もいらっしゃる。まさに目に星マークが宿ってしまうようなね。相撲界の大御所、北の海親方(えっ?)や赤井英和、池乃めだかや間寛平さん(ってなんかちょっとズレてきた?)は最高にいい男たちでした。ぜんぜんえらぶることなくすごくジェントル。精一杯の優しさと誠実さで対応してくれたその姿に、つくづく人間性の豊かさを感じましたね。



スポーツ系セレブはかなりいいですよ。江川卓さんも桑田投手も、イメージよりずっと素敵。母性本能も適度に感じさせて、取材が終わった後、ついていきたいとマジで思ったわよ!(コワ)。でも、でも、ラグビーの平尾監督は別格中の別格でした。「はじめまして」というその声、瞳、笑顔、全てが最上級の男のセクシーさと男気に溢れていた!眩暈さえ起こしそうなほどのカッコよさ。



が、しかし!それもハリウッドスター、ジョージ・クルーニ兄にはかなわなかったわね。はじめて彼を目の前で見たのは東京のパークハイアットで行われた記者会見の席。そのとき会場にいた女子全員が彼のフェロモンという名の蜘蛛の巣にからめとられおった。みんなもはや恍惚状態。セクシーというのは彼のために存在する言葉だと思いました。アメリカ女性を骨抜きにした美しい顎、真っ白い歯、笑ったときに優しくカーブを描く口元、そしてなんと言っても優しさ150%の星降る瞳。全ての女子を受け入れてくれそうなとてつもない包容力。やんちゃっぷり。男気&任侠に溢れたところ。



私はそんなクルーニ兄をもう一度見たさに大阪の記者会見まで行き、今度は10センチの距離の兄に厚かましくも握手をせがみましたとも。記者会見の席のそんな暴挙にも動じることなく甘い笑顔とともに私の手を優しく握ってくれた兄!そのとき見た指の美しさと言ったら!まさに卒倒級の官能美よ!ど厚かましい私は、一度の握手では飽きたらず、2度もおねだりしてしまったわよ!それでも気持ち良く答えてくれた兄はあまりにもいい人なのだ。



えっ?そんな自慢話はもういいんじゃって?ごもっともでございます。では、クルーニ兄がなぜにあんだけ、世界中の女子にモテ続けるのか?その秘訣を最後にちょっくらお教えしようではありませんか?



それはズバリ、シャイなところ。そして人の良さ。モテまくっていても決して奢らず、かといって卑下するでもなく(あったりまえだけどさ)、とにかく女とくれば雌ネコでさえ道を譲るという騎士道精神、少年っぽさが女子のハートを鷲づかみするのよ!



それにしても兄の体から滲み出る極上のフェロモンはいったい何故?ERでブレイクする前は、単に濃い顔の冴えない役者でした。兄をあそこまでカッコ良くさせた要因。それは数々の女たちとの恋愛遍歴に違いないと私は睨んでいます。女を愛し、女から愛され、その恋愛リフレインな人生こそがモテる秘訣。



男は恋愛を何度も何度も何度も繰り返してこそ、いぶし銀フェロモンを放出する生き物なんですよ。恋せよ男たち!

2004年10月26日 (火)

私にとっての贅沢とは・・・

神戸に遊びに行くつもりだったけど、

雨だしやめにした。

ひと雨ごとに木々が色づいて、紅葉になり、

深い秋へ、そしてキライな冬がやってくる。



あいつからのメールを待ってるこんなせつない雨の日も

きらいだ。

同じ待つならハリーウィンストンのダイヤのプレゼントっていうのならいいけど、

たかがメール一本なんて、志、低すぎるやんか!



あああ、今日の雨はアタクシの心に降り注ぐ涙のようです。



それにしてもある意味メール一本で喜んだりカナシんだり、

出来るなんて贅沢なことかもね。



しょうもない恋心を持て余して、

こんなことに思考を無駄にしているヒマがあれば、

原稿でも書けよ!と自己嫌悪しまくりなときに、

いつも思い出すのは、

アニー・エルノ―の「シンプルな情熱」のこの一節。



『子供の頃の私にとって、贅沢といえば、毛皮のコート、ロングドレス、それに海辺の別荘だった。その後、贅沢といえるのは、知識人の生活を営むことだと信じた。

今の私には、贅沢とはまた、ひとりの男、またはひとりの女への激しい恋(パッション)を生きることが出来る、ということでもあるように思える』

2004年10月25日 (月)

男の色気

沢田さんのブログを読んで、思わず書いてます。

これまでの私の人生はもしかしたら、

男の色気・・・について、考えてきた人生ではあるまいか。

というのは大袈裟ですが、男の色気は我が人生の永遠の研究テーマなのよ。



沢田さんが書いてはったように、能役者さんの居住まいの美しさ・・・これはもう究極の色気。が、しかしアホで凡人の松澤は、男の色気=セクシーな気分になることを大前提にしておりますので、そういう意味では、背筋と節度の美しい男性には

あんなことやこんなことしてもらいにくいですよね(笑)

うーん、何いってるんだ?

清廉潔白な沢田女子に(笑)





これまで私が見た、最もセクシーだった背筋を持つ男は、

ミラノ・スカラ座のカリスマ指揮者リッカルド・ムーティー御大。

氏が指揮する背筋にはぞくぞくしました。



超カッコツケで有名なムーティーおじさまのこと、

観客から見える背筋の動きをミリ単位で研究したに違いないと

思うけど、ダイナミックにして繊細、男性的でありながら、

フェミニンな雰囲気もあり、超セクシーだった。



でも、男の色気をパーツ的に見るとなると、

私の場合は指ですね。

この前、史上最強トリプルAクラスの指を持つ男を見ました。

何が凄いかって、

私彼の指見たとき、失神しそうになってんもん。





さて、どんな指だったのか?

うーん、形状はもはや記憶の彼方に・・・

長くとてつもなく美しい指であったことは確かなのですが、

それはセクシーというより、エロティックそのもの。

まさに眩暈を起こしそうになるほど色気のある指。

きっとこの男にあんなことやこんなことされると、

桃源郷をさ迷えるんじゃないかと。

モルヒネを打ったみたいな恍惚感を与えられるんじゃないかと・・

そんなことを生まれてはじめて妄想させてくれた

恐るべき指でした。

ちなみに私はあんなことやこんなことを

あんまししない恋愛が好きなんですよね(笑)。

つまり肉体関係(あ、言っちゃった)のない

どろどろの恋が好み。



そんな私に超直接的なエロティックさを

感じさせた指はかなり凄いです。



沢田さん、男の色気の本質についてはまた、

40オンナの深夜トークにて炸裂させたく。

よろしくお相手のほどお願いしますです。



ちなみにこれまで会ったセレブで最も美しい指を持つ男、

それはジョージ・クルーニ兄でした。

クルーニ兄の色気については

またいずれお話したいと思います。

2004年10月22日 (金)

史上最強のドラッグ

べっぴん&インテリの青山さん

いまお風呂から帰ってきた松澤どす。



ちょっと!最近冷たいんちゃうのん?

私のブログも見に来てよ!

で、もって例のあいつとの話も

なんだかえらいことになってるねん(ほんまか?)

早く3者会談してくれな、あかんわ。



えっと、なんだっけ?注射よね。

我が人生最高の注射はね。



それは生まれてはじめて飲んだ胃カメラの際に

腕に打たれた弛緩剤?(たぶんモルヒネ)

そりゃ、もう青山さん、気持ちよくて気持ちよくて、

ドンペリのゴールドなんて目じゃないぐらいの

超極上の酔い心地でした。



そのとき抱えてた悩み、悲しみ、鬱陶しさ、男問題とかね・・・ま、早い話が

「全ての悩み、全ての苦しみからきみを解放してあげる」

という類いの前代未聞の開放感MAX状態。



ほんま最愛の人に抱かれてもこうはいけへんわって

いうほどのとびきりウルトラ級の精神的エクスタシー。



あれ、阿片なんやろか(笑)。

マジであの注射もう一回してくれるなら、

私10万円で買うわ(恐)



私ドラッグはしません(当たり前か)

でも、あの注射いつもふつーに

打つことが出来たならジャンキーになるかもしれん。

2004年10月21日 (木)

崖っぷちからのサヨナラ逆転勝ちを狙う

宿命のライバルNYヤンキースとボストン・レッドソックスの決勝戦7戦目で、18年ぶりにレッドソックスが優勝。

いやあ。レッドソックスは3連敗からの逆転サヨナラ勝ちです。涙なしには見られませんでしたわ。



こんなゲーム、ワールドシリーズはじまって以来の快挙とか。

私はあんまり野球には興味ないけど、レッドソックスはボストンに遊びに行ったときによく観戦したので、感慨もひとしお。



人生も恋も仕事もこんな崖っぷちのサヨナラ逆転勝ちを狙いたい。



それにしても鱧ちゃんも書いてたけどヤンキースの松井の肌、めちゃきれいになったと思いません?



あれは絶対NYの整形外科でレーザー治療したに違いない。

もしくは、NYマダム御用達、ラ・メールの最高級クリーム使ったからかしらん。

うーん。知りたい。もし、松井が使った化粧品や整形外科が判明したらそこに殺到する女子激増ではないだろうか。

もちろん私も行くもんね。



ああ、お肌きれいになりたい。

そして、いま連戦連敗のこの恋にも

サヨナラ逆転勝ちのチャンスあるだろうか?







妻とも愛人とも真剣勝負。それが色気の秘密…。

 セレブは妻と愛人と、どううまくやってるの?



セレブには、愛人とも妻ともうまくやれるタイプがいますよね。それって男のロマンです。実際お会いになって、そういう人にはどんな秘訣があると思いますか?(53歳 男性 兵庫)



 どうやら、どちらとも真剣勝負らしいです。



セレブにとって、若さを保ついちばんの秘訣。それはマイクロダイエットでも、マサチューセッツ工科大で開発された話題の若返りサプリでもありません!それは恋。つまりパッションこそがセレブに不可欠な生きる証!だからセレブには妻以外に恋する別の存在が必須なんです。それはもちろん平民のナイスミドルにとっても同じこと。だけど、平民が愛人を持つ余裕はあんまりないわな。最近はデート代もホテル代も全部支払ってくれる30代以上独身小金持ち血統書付き負け犬を愛人にしている羨ましい50男平民も多いと聞きますが、そんなラッキーなおやじはマレでしょう。



セレブが妻とも愛人ともうまくやっていける究極の秘訣。それはズバリ経済力。これを置いて他にはありません!以前お会いした男前中年の中堅俳優M氏も美しい女優の妻を持ちながら、常に愛人をとっかえひっかえしてました。愛人には麻布の某マンションを与え、毎月のお小遣いは100万円。こんなの日本のショービズ界では当たり前らしいっす。ハリウッドセレブになればさらにゴージャス。ビバリーヒルズの最高級地区ベルエアのプール付き豪邸やマリブの別荘を惜しげもなく与えたりね。で、愛人の存在が妻にバレればハリーウィンストンのダイヤやメルセデスベンツを即プレゼントしたり。



ちなみにM氏曰く「俳優にとって最も大切なのは演技力でもカリスマ性でもない。それはセクシーさ、色気があるかないかなんだよな。だから愛人の存在は不可欠」とか(なんだかよくわかんない論理ですが)。そして何より、M氏を見ていて凄いと思ったのは、妻にも愛人にも「オレが愛してるのはおまえだけ」という安心をそれぞれのココロの奥底に刻み付けているという点。うーん。こればっかりはなんでそんなことが出来るのか不思議なんですけど。私が思うところ、どちらといる際も真剣勝負。手を抜かない。いつもMAXの愛情を注ぎ続けるってことではないでしょうかねえ。



普通の男ならまずこんなめんどくさいこと、できません。だけどセレブには出来る。なぜならそれこそが自らの存在を輝かせるに必要な色気をキープする方法だから。セレブも大変ね。

2004年10月18日 (月)

人生最高のキスって?

ちょっと古いけど、スティーブン・キング原作の映画

「アトランティス」を見た。いい映画です。

もうシビれるセリフの連続で、

いちばん気に入ったのが、このセリフ。

未来が予言できる主人公アンソニー・ホプキンスが

11歳の少年に言う。



「きっと彼女(少年の同級生の女の子)とキスすることになるよ。覚えておけよ。

君の人生のどのキスもそれには到底及ばない」





私のファーストキスは中学三年のときで、

相手は高校生一年生だったわ。

場所はお寺の境内で(きゃっ)。

いまもその境内の大木に注いでいた

日差しの色や風の匂い、彼のシャツについてた

太陽の匂いを思い出すことが出来る。



でも、私の人生最高のキスは、

そのとき交わしたものではなく、

ずいぶん大人になってから。



大人だったゆえに、

中学生みたいな、甘酸っぱいキスをする

年下の彼がすごーく好きだった。

私の人生のどのキスも

そのときのキスには到底及ばない。





ああ、キスはセックスより素敵。

あなたにとって人生最高のキスはどんなでしょうか?

最近の写真