フォトアルバム

ウェブページ

総ヒット数

  • アクセスカウンター 無料Japanese Porn音楽 胎教CDベートーヴェン

Link

Powered by Six Apart

日記 [1] Feed

2008年8月 9日 (土)

SEX AND THE CITY

Img_movie

どもども

あっついですね。


そういえば、昨晩から

WOWOWにて、SATC一挙放送とのことで、

記念すべき第一回を見てなかったわたくし。うれしいわ。

昨晩が12時からスタートのSATCシリーズ1、ようやく見れましたとも。

やっぱ、いいね~。

何がって、脚本が!



もちろんキャスティングも素晴らしいけど、

SATCの素晴らしさは何よりそのセリフにあるのよっ。

「男はドラッグのようなもの。ハイになったり、落ち込んだり~」

「男はモデルがなぜ好きなの?あんな巨乳のキリンなんか(やせてグラマーってことですわね)」



年下の男とのアバンチュールでキャリーが悟るこの言葉もいいっ。

「彼はDKNYのドレス。好みじゃないけど、あれば着る」


女の若さと美については

「格安の高級アパートだ。相応しくない人が住んでいる(ひーっ)」



権力を手に入れたNYの女たちはもはや恋や結婚など

やっかいもの~という時代に、

女たちにとって、感情抜きのSEXこそ意義があるのでは?

とセックスコラムへの取材をはじめるキャリーだけど、

ミスター・ビッグと出会って、彼に言われた一言に、

そのゆるぎない自信もぐらつく。


「本当の恋を知らないんだね~」

ぎゃああああーっ。

わたしまでどきっとさせられたやんかああ。

ビッグが言ったあの言葉。

You never been in love.

おおおお。痛い。痛すぎましたっ。


SATCは、やっぱし女の仕事と恋と人生のバイブルねっ。

今日もあります。シリーズ2。

セリフはメモメモ!っすよ。

最近の写真